忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上山市にある民宿 武蔵の300円御飯を食べました。

お品書き一覧はこちら。
民宿武蔵のお品書き一覧 以前より増えてるような

メニューにイチイチ金額が書いてないのは味噌汁100円を除き全てが300円だから。
このお店、もちろん誰でも店に入って御飯を食べられるのです。民宿に泊まった人だけの特典で御飯各種が低価格で食べられるのとは違います。
しかし、カツカレー300円って、現代から遅れること25~30年ぐらい前の価格ではないでしょうか? 

カツ丼300円+大盛り100円増
武蔵のカツ丼大盛り すし桶に入ってくる。

ズシリと重い存在感が。よく見るとすし桶です。
武蔵の300円カツ丼。大盛りにしてあります。

どう見ても普通のカツ丼だし、ボリュームも普通。おいしさも完全に普通で、これが400円とは素晴らしいの一言。店内も思っていたよりも普通で、どうして300円の価格設定なのか聞いてみたい衝動に駆られます(いつか聞くと思います。)御飯は軟らかめ。という情報でしたが今回は普通に近い感じで美味しくいただけました。卵もやや半熟のところが残っていて良い感じでした。

カツカレー300円
武蔵のカツカレー300円。素晴らしい。
中辛カレーとやや小さめのカツ。御飯は250gほどでしょう。しかし、完全に立派なカツカレーです。

そんなことで300円とは思えない食事を頂き満足していると、食事を終えたのを見計らって女将さんが「お下げしても良いですか?」と皿を下げていきます。まるで高級フレンチか居酒屋か?って感じですが、次に僕はここで初体験しました。 

皿を下げた女将さんがまた僕のテーブルの脇に立ち、 「これ下げていいですか?」と僕に聞いたのです。 それはなんと僕が暇つぶしに見ようとしていた雑誌なのです。「・・あ、あ。イイです・・・」と僕はカクカクと答えました。いや、そう答えるしか選択肢はないように感じました。だって女将さん、すでに雑誌をつまんで持ってるんですモン・・・
「雑誌下げられた・・・」と思った僕の顔は笑顔でした。だって、こんな経験初めてですから!!

そんな事もあって?、また武蔵で牛丼+生卵+カツ丼+カキフライライス。これで〆まして950円でございます、というランチを食べてみたい願望が・・・

 安いと言うことは何か理由がある物だと思います。しかし、それがそのお店を経営する人の感性であれば、僕には到底理解出来ないこと。こういう理解不能なお店の存在は、大いに良いんじゃない~って思います! 
山形西バイパス、べこいち もイイ線行ってると僕は思っていますが、武蔵はちょっと違う次元の存在と言わざるを得ないような気がします。みなさんも財布にやさしい昼食をレッツエンジョイ!!





・・・と、普通はここで終了するのですが、少し続きます。

実はこの武蔵、僕には(全くの個人的にですが)特別な思いがあるお店なのです。
遡ること2005年。gooにブログをちょびっと書いたりホームページ(主に草ヒロや花の写真)を細々と書いたりしていた僕は仕事に追われてギスギスギス、も一つオマケにギスっとした生活を送る30代男、体重50kgでした。
そんな中、たまに休んだ日曜日に何気なく偶然見たブログを見ていて大爆笑!! それは「禿生海峡冬景色」のこの記事だったのです。 
この記事から僕のブログに対する接し方が激変したのです。ブログはフリーダムでユーモアの溢れる場所だと気が付いたのです! 僕もそんなブログを書いてみたいと思いました。それからはや4年。今でもその時のインスピレーションは間違いないと思っています。

恐らくその記事に出会わなければこのshinobiにブログを書くことはなかったんじゃないか?と思います。
まあ僕のブログの場合は面白く、と言うよりも食べ物の話ばかりに比重が偏ってしまっていますが、これからも地味に誤字脱字脱論まじえ情報発信をしていきたいと考えています。夜露四苦!
PR
しぶき亭に行きましたのでかる~くレポっちゃいます。場所はここ→ここ。

土曜日、仙台に訳ありで行きまして、ま、生きた心地がしない10日間を過ごしたのですが、ま、至急にどうのこうのする必要もないという事になったので一安心・・・この歳になると(39歳になったばかりですが)体もガタが来るんですね。ホント、食生活と運動は大事です。

で、安心したら急激に腹が減ったわけです。右も左も良くわからない仙台市で美味しい御飯が食いたいと思ってもパソコンも持ってきてないので、こうなったら行き当たりばったりだ! と言う事で仙塩街道(45号線)沿いの「こだわりのかつ丼の店」にキュッと入りました。
しぶき亭 仙台

しぶき亭出入口
入口
仙台のローカルで放送されたらしいカツ丼750円、お持ち帰りも出来ますらしいです。

店内は座敷もあり、案外広いのです。4人掛けのテーブルが6つ程と座敷です。
店内のメニュー一覧
セットメニューに目がいきましたが950円か・・・

妻は焼肉丼750円を。丼がかなりでかい!  味噌汁茶碗と比べると10倍ぐらいあります。レタスにはフレンチドレッシングが掛けてあって、好みの分かれるところです。
しぶき亭 焼肉丼750円 丼が大きい 

豚肉。バラ肉なので脂がいっぱいです。
しぶき亭焼肉丼 接写

しぶき亭、かつ丼+ミニラーメンセット950也
しぶき亭 カツ丼750円 大好評のようですが
いや~、どう見ても普通のカツ丼だなぁ~ と。

しかし、見た目だけで判断しちゃいけません。こだわり具合を確認しつつ食べ進めます。
しぷき亭のカツ丼接写
カツは山形のちん豚の2/3ぐらいの大きさで、厚さは10mm。脂身が多い肉でした。御飯は硬めで一歩間違えると「めっこまま」状態といえなくもないような・・・しかし、卵の半熟具合は旨かったです。これは好みの問題もありますが、トロトロの生卵が残ってて固い御飯と合うんですよ! まるで生卵御飯ですが・・・

いや~本当にミニラーメンです。スープも見事に業○用だな・・・具も適当にパッパッと丼に投げ入れている光景が目に浮かぶような。
しぶき亭 ミニラーメン

お客さんが次から次へと入ってきます。聞き耳を立てているとカツ丼の持ち帰りも5つ単位で注文が入ってました。土曜日午後2時半過ぎの光景には見えません。さすが杜の都仙台、人口が凄いなぁ。山形とは比べものにならないです。近くの工業地帯のお客さんが相手なのでしょう。しぶき亭、日曜日が定休日です。

ちょっと物足りない感じで店を後にしましたが、街道沿いで頑張っているお店が何か良い感じでした。

ちなみに店の裏の様子はこんな感じです。
外観
山形市の北海ラーメン。場所はこちら→ここ。

いつも昼時は混み合っている様子の北海ラーメン。「北海ラーメン」とラーメンが全面に出ている店名ですが、カツ丼が美味い! との噂を聞いていたので先月やっと訪問しました。(カツ丼好きな僕)

入口から想像するよりも広い店内におののきつつ、メニューを見てカツ丼を注文しました。お客は午後遅くだったので僕一人でした。
北海のお品書き

厨房では元気なおじさんの声と鍋の音がし始めます。オープンキッチンでは無くともこういう厨房の雰囲気が味わえると安心出来ます。カツを叩く音→油で揚げる音。がすると期待が高まります。

北海ラーメンのカツ丼。800円也
北海のカツ丼
待ちに待ったカツ丼を店の人が持って来てくれる時、「お待たせ~カツ丼ね~」とか言われて、運ばれて来る雰囲気を触覚でも出しているかの如くいち早く察している僕としては、ベロを出して「ハッハッハッハッ!」みたいな感じになっているのを悟られないようにするのがいつも一苦労です。さりげなく気が付いてないフリしながら「・・・ああ、どうも。」なんて新聞をたたみつつ一応言ったりしますが、店の人は「コイツ、ずいぶん腹すかせちゃってるな、背中がススケてるぜ・・・」って思っているのかも知れません。

卵が半熟でトロトロです。揚げたてのカツと卵、甘じょっぱいタレ。うーん、これでまずいわけがありません。
北海のカツ丼は、正統派の日本のカツ丼ですね。

カツも丁度良い厚さとカット幅。ザクリと歯応えも良く、これぞカツ丼だなぁ。と一人ウンウン言いながら食べてしまいます。
北海のカツ丼 カツが旨い

マカロニ・ポテトサラダ。正直これはビールのつまみにもってこいなのですが、御飯のおかずにもいいですね。ちょっと醤油を垂らして。スッキリとした味わいでお代わりしたいぐらいです。
北海のマカロニサラダ。うまい。

北海ラーメンのカツ丼。噂通り、かなり美味かったです。800円という微妙なお値段ですが、サラダ・デザート・味噌汁がドン! と付いてくるので満足度は高いです。この分だとカツカレーも900円ですがかなり期待出来るような気がします。今度は是非これをいってみたいなと。
ちん豚。場所はこちら→ここ。 

ブログで検索すると、出るは出るは、評判の良い口コミ。ネガティブな口コミはほぼ見受けられません。

裏が広い駐車場になっていて、裏口からも入店出来ます。
とんかつ ちん豚裏口

店内はとんかつの店と思えない程キレイ。厨房の冷蔵庫もピカピカ。大型ステンレス換気扇覆いもピカピカ。一目見て店主は血液型A型2人組だなと。いえ、普通の蕎麦屋さんより厨房がキレイなので驚きました。口コミとおり、何を食べても美味いのは間違いない、と確信です。

カツ丼750円 妻が注文。
ちん豚のカツ丼750円
この陽気でも湯気がスゴイ。揚げたてを卵とじするので熱々です。

結構なボリュームなカツ丼。
ちん豚のカツ丼

僕の注文、カツ定食1100円。
ちん豚の豚カツ定食
カツが貧弱に写ってしまっていますがそんな事は全くありません。ボリーミー。

お肉の中がほんのりとピンク色で、ジューシーなんですよ!
ちん豚の豚カツ定食。断面図。
美味いんですよ~ 豚肉の旨味がジュッとするんです。力強いんです!

御飯は硬めで感触が素晴らしく、キャベツも山盛り。カラシもたっぷり皿の端にねぶってあって絞るレモンも大きめ。ソースにはゴマが振ってあって、大根おろしも。テーブルには醤油も完備。とんかつを徹底的に楽しむベースがキチンと備えてあるんです。最近はこういう店に当たった事がなかったので感動しました。

カキフライ単品550円也
ちん豚のカキフライ。
ジューシーなカキフライです。

今まで来なかったのが悔やまれるお店です。今度は僕一人でカツ丼の大盛り食べてみたいです。
清来軒。
だと長い事思っていましたが、正式名称は「清来軒そばや」でした。
場所はこちら→ここ。

上山市民さんに「クランク。」というと誰もがこの道・この場所を頭に思い浮かべます。
以前は派出所が角にあって、携帯で通話しながら運転している人とかシートベルト着用しないで運転している人とかがクランクにさしかかりスピードを落としたその瞬間、お縄。
なので別名、魔のクランクと呼ばれていました(個人的に)。派出所は統廃合され今はこの場所にありません。その後ここでの取り締まりを見た事はありませんが、安全運転に心がけましょう。

そのクランクにあるそば屋さんが、清来軒さんです。
ここでは評判の良い中華そばが定番とは思いますが、カツ丼を頂いたので御参考までに。

清来軒のカツ丼普通盛り750円
清来軒のカツ丼

カツの厚さもちょうど良く、カツは揚げたてで熱々です。ザクッとした歯ごたえがイイです。
カツ丼

カツの厚さは約10mm。程良く脂が乗ったロースです。甘じょっぱいタレはめんつゆ味。野菜類もシャキシャキ感があり美味しいです。
カツの厚さ

味噌汁代わりのワンタンスープが付いてきます。熱々ワンタンスープはラーメンのスープをそのまま使用しているようです。大変美味しいです。
ワンタンスープ

清来軒のメニューです。中華そばは550円でお得感があるのですが、味噌ラーメンが一気に200円UPで750円です。天丼が別枠で書いてあるのでお勧めなのかも知れません。
メニュー

県外ナンバーの車もちらほらと見かける清来軒そばやさんです。店の前に駐車場がありますが、一杯の時はお店正面向かって左に大きな駐車場がありますので、そこにも駐車出来ます。

お店の内部からはクランクで減速していく車を眺められます。警官になったつもりで「あ、コヤツ、シートベルトしてない。」とか、「お嬢さん、携帯使ってますね。」とか眺めていられるのも楽しいです。
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]