忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
東根市神町にあった駄菓子屋の話は以前もブログで上げていましたが、また書きます。重複失礼です。
というのも、2019年11月8日、かど店のご主人がお亡くなりになったのです。
いつも情報交換をしているレトロ先輩さんから連絡を頂いた時には「はあ? 誰でしたっけその人」と思ったのですが、はっ!としてガクッとしました。いえ、かど店ご主人とは知り合いでもありませんで、こっちが勝手に子供の頃お世話になったので一方的に知っているだけなのですが。言ってみれば、アイドルのような存在でした。
 
 かど店はもうかなり前に店をたたんでしまい、今は何か店してたっぽいな?という建物になっています。

2019年撮影

 昭和60年頃まで駄菓子屋オンリーでしたが、その後は店の半分をクリーニングの中継ぎ店として営業していました。その後、平成10年頃はクリーニング店だけになっていたと思います。平成24年頃にはクリーニングの看板もおろしてしましました。
 
 かど店のご主人は、そう、昭和55年頃で結構な年だったと思っていましたが、その頃で56歳ぐらい。考えてみると、いつもはご主人の妻、所謂おばちゃんが店に出ていて、日曜とか夕方遅くに行くとおじちゃん(ご主人)がいたような気もします。おじちゃんは仕事の合間、店にいたということなのかもしれませんね。確かに100円程度しか持ってこないガキ相手に、商売が成り立つとは思えません。テレビゲームもさか店にはありましたが、かど店にはなかったような… いや、後の後から一台あったかな? 私は中学に上がるタイミングで神町を離れたので、ちょっと記憶が曖昧ですすいません。ゲーム機だと客単価が上がってそれなりに稼げるでしょうけど、どうだったんでしょうか、あの時代。

 かど店のご主人は僕ら鼻垂れ小僧にも真摯に向き合ってくれる真面目な感じの人でした。小学生のくだらない質問にも言葉を選んで腕組みして話ししてくれる、そんな感じの人でしたね。爆竹を店の前で派手に鳴らしても、クラッカーをばら撒いて車に轢かせても、水風船を大量に作って投げ合いをしても、一度も怒られた記憶がありません。今なら速攻で出入り禁止でしょうけど、おおらかな時代でしたよね。

この水道の蛇口で水風船を作ったのですよ。左の土地は今では更地ですが、昔はきちんと家があって、その家の人からも怒られた記憶はありません。

 色々な思い出のあるかど店、ご主人が亡くなってしまったことで今後取り壊しになるかもしれません。昭和の建物がなくなってしまった神町にとって、子供の時代を思い出せる建物でしたので、無くなってしまうと悲しいですね。
 大した儲けもないのに、僕たちガキどもの相手をしてくれてありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

 さて、もう一つの駄菓子屋「さか店」ですが

2013年撮影


2018年撮影 (あまり変わりませんねw)
 

2019年撮影

そう、遂に取り壊され、更地に。
こうなるだろうとは思っていましたが、無くなると悲しいですねー
さか店のご夫婦はもう何年も前に退去されていたようでしたので、ホント時間の問題でした。
 
さか店はややギャンブルチックな、所謂くじ引き物が多く、人気のあるくじ引きおもちゃが入荷すると人だかりになってました。一番思い出があるのが鉄砲です。オレンジ色の一センチぐらいの弾を銃口から押し込んで飛ばす、今考えると下らないおもちゃですが、あの当時は熱狂したものです。30円だったかでくじ引きをすると鉄砲本体が運良く当たり、ハズレは弾が5発とか。家の中の小銭を無断でかき集め、クジにつぎ込んだものです。

カステラ。これが大好きで、先端が赤いとアタリのパターンと、10円でくじを引き、アタリは大きなカステラドーナツ、ハズレは串が1本とか。賞味期限なんかどうなっていたのか。


周期的にクラス内で流行る飛行機。一日で壊れた。

アタリだと仁丹のような物がたくさん入ったビール瓶。ハズレはビニールに少しだけ入ってるもの。

何個入れだったか忘れたけど、口の中の水分が奪われるモナカ菓子。

これは今でも売ってるヨーグルト(みたいだけど全く違う半練りのなんか)
10円で買える食い物なんて、中身が何でできているか訳わかんないものでしたよね。

ソーダなど、インチキジュースの素。真面目に水で作ると薄くて飲めたものじゃなかったので、もっぱら口の中に直接投入してました。

昔はこんなに種類はなく、青りんごとイチゴぐらいだったけど、20円で12個ぐらいだったので長持ちするお菓子としてよく買ってました。

お腹が空くとベビースター。ブタメンを見るようになったのは小学校高学年でした。それまではベビースター20円のお世話になりました。旨かったなあ。

当時、オレンジシガレットは見たことなかったです。ココアシガレットオンリーでした。まあ、値段も高くてあまり買いませんでしたが、大人の真似事をしたくなる時買った記憶がありますw オイシくはなかった。

ボリューム重視、爆弾菓子。作る方も、いかに原価を安く、ボリュームを出すか。かなり苦労したんだろうと思います。

さか店にはやや高いおもちゃも少し売ってましたね。中でもこれ、くるくるテレビ。中にフィルムが入っていて、ショートムービーが見られるというもの。フィルム交換可能で、その当時10種類ほど売っていたと思う。あの当時で2000円ぐらいだったか。欲しかったからいつも棚の上にあったそれを眺めていたものです。

さか店は昭和57年頃からテレビゲームが置いてあって、ムーンクレスタをやった記憶があります。あの一号機から三号機まで合体するやつです。50円だったような。一日の小遣いが貰えて100円だったので、オヤツを取るか銀玉鉄砲を取るか、それとも既に持っている銀玉鉄砲の弾を補充するか、ゲームをするか。色々やりくりしていたのが昨日のことのように思い出されます。

 さて、そんなことで思い出深い駄菓子屋、いや、10円店も完全に無くなってしまったワケですが、考えてみると小学校を卒業してはや40年近くの月日が経ったのですから、当然世間は変わっていくわけですね。同級生などと再会して飲んだりすると10円店で盛り上がったりして、みんなの心の中にはやはり思い出として残っているんだなって思います。それでいいのだ。
PR
平成28年3月20日、九十九鶏弁当さんが城北町から銅町に移転しました。

場所は銅町2-24-8です。



約50年前に駅弁として考案されたお弁当だそうですから、お店の歴史はそれ以上ということになりますね。

お弁当として通常販売されているのは3種類のみ。810円(税別750円)・918円(同850円)・1,134円(同1050円)。店頭でのみ大盛り可。


750円弁当の大盛り。ご飯増量、照り焼きが一個増えます。確かプラス100円。
850円と750円の違いは何かというと、副菜に鶏のロール焼が2枚あるかないかです。
個人的には750円を大盛りにするのが一番お得と考えております。


こちらが1050円の弁当です。右下に写っているのが鶏のロールです。みかんの缶詰、副菜の煮物が豪華になります。

鶏そぼろ、隠し味に味噌かな? 甘辛くて文句無しにご飯に合います。鶏の照り焼きも上品ながら肉肉さがありとても美味しい。流石50年間販売され続けてきただけあります。

メインはこのようにとても美味しいのですが、さらに副菜が光ります。コンビニ弁当の副菜なんかレンジでチンしたらしなびて何がなんだかわからなくなりますが、九十九鶏弁当は副菜でノックアウトされると言っても過言ではありません。(因みに九十九鶏弁当をレンジでチンすると、銀紙が使用されているため弁当箱が燃えます。レンジでチンしないようにしましょう)

丁寧に仕込まれ煮込まれたこんにゃく。高そうなきゅうり漬け。出汁の染みたごぼうと椎茸。漬物は大体3種類。パイナップルのデザート付き! 
副菜用にもう一膳ご飯を用意して食べられるぐらい充実しています。ここも九十九鶏弁当の強さだと思うのですね。

予約販売で鶏のもも肉ローストもあるそうです。(ブラックセバさん情報)要予約なのでご注意を。

お休みは正月の3日だけ。営業時間は八時半から夜六時まで。駐車場もかなり広くなりました。気になった方は是非足を運んでみてください!
 山形市小白川町にある醐伯飯店さんが、今月3月21日で閉店してしまうという情報をキャッチしてしまいました。

以前から短期間休業的な事はありましたが、今回はまるきり閉店とのこと。

今まで10回行ったか行かないかぐらいですが、高校卒業して車で遊び始めた頃に行った思い出深いお店でした。
またまたですが、青春の一コマがなくなってしまう事に寂しさを感じざるを得ません。

そんな話を飲み仲間のイザワさんと話しているうちに、今日空いてますか? 行きませんか? と誘っていただいたので、渡りに船とばかりに醐伯飯店に向かいました。

半年ぶりぐらいですが、なんかキレイになったような気がします。春巻きの価格が強気な気がしますが、手作り&大きいのです。


食品サンプル棚。2品のみです。下のはわかりませんが上のは醐伯飯店冠料理の「トーフライス」この潔さ、かっこいい。

座敷の尖った所に陣取りました。レジからお金を盗んだりしませんよw

店内の様子
 
メニューの一部です。このページの他に飯のページと一品料理のページが有るんですよ。失礼ながら、あの厨房でこれだけのものが作れるとはすごい。魔法のようです。隣がヤマザワというのが一役買っているのでしょうか? と思ったりしましたがイヤイヤイヤ。
いや? それはそれでいいな(爆)

ここまで言ったらメニュー載せたほうがいいですね。

御飯・単品・スープ類です。ケチャップチャーハン…
L韮レバーってなんだ?? 誤植か? くっそ、謎が次から次へと。

見ていて楽しい一品料理のページ。
あ、予約が必要ですって書いてある! マジか!


一発目は(予約しないでスイマセン)肉だんご。
甘酢あんかけとふわっとした肉団子が絶品です。ビールに合うだろうなあ~。今日はご飯だけなのでビール無しです…

ヤキメシなり
 
これぞTHEヤキメシ。ヤキメシ表記効果で1.25倍旨い!

ラーメン

ちょっと個性的なラーメン。食べ納めか…

餃子

ちょっと皮破けてますが、気にしない。手作り感あふれる餡が旨い! 神町のこう路と味が似ている餃子です。

肉うまに飯

白米にどひゃーっと肉餡掛け。マズイわけない!


正しい日本の中華料理屋的写真。

調理している旦那さん、もう立っているのがやっとのような感じじゃん…21日まで足が持つのだろうか…もう痛々しいよ! しかし、最後までやり遂げるという執念がヒシヒシと伝わってきます。。
33年間、ニンニクの効いた美味しい料理、本当にありがとうございました!
  久々にロカーレに行ってきました。
ご存知、大盛りの店です。因みにドカ盛り・チャレンジはありません。
これはただ単に店主が大食いで、自分の基準に基づきこれぐらいが適当だと判断したものの、一般人には大盛りだった。という感じです。

社会人になってすぐの時に連れられてきたのが最初ですが、それから20年以上の月日が立ってます。いつから営業していたか聞いたことはありませんが、老舗の域ですね。
あ、そういえば最初来た時はキッチンが丸見えだったような気がします。

ハンバーググラタン 1,080円くらい(忘れました爆)

スプーン置くの忘れました。1kg位ありますね。ちな普通盛りです。
「男なら大盛りだろ?」と言われそうですが、実は2日前に痛風発作に見舞われまして…w
本来なら栄養のないものを食するべきなのですが、食欲はあるんですよね~


200gはあるハンバーグ。肉々しい! 自家製だと思われるこのハンバーグの肉厚が素晴らしいです。ここに来るとびっくりドンキーなんかびっくりしないドンキーですよ(?)

たっぷりホワイトソースに300gほどのスパゲティー。熱々のホワイトソースにスパゲティーを絡めて食べればもう天国です。

茄子とベーコンのグラタン 価格は完全に忘れました。

妻が頼んだグラタンです。これも写真だとサイズがわかりませんが、およそ女性が一人で食べるサイズではないです。

嬉しいことに以前より少し薄味になったような気がします。席についてオーダーしてからすぐに運んでくるコンソメスープは相変わらずしょっぱかったですが、これも食欲を鼓舞するいい感じの塩梅になってました。
塩分が薄くなったせいかどうか、なんだかんだであっという間に完食。ああ、大盛りにすればよかった…

こんなにメニューいるの? っていうくらいに増殖したメニュー群。ドリアもいいな! ミートスパゲティーもいいな! ああ、ピザもいいなあ~ と次も来ようと思わせるラインナップ。

相変わらずロカーレは最高でした。

2015年もあっという間に終わりまして、2016年になりました。一年間が早い早い。この分で行くと、10年なんてあっという間に過ぎ去りそうで怖いです。

2016年こそは仕事もきちんと片付け、遊びもガッツリ…と言いたいところですが、毎年目標を立てても出来ない自分を諦め、まあ、程よく頑張りますか…と新年早々あきらめムードな私です。

ふと考えてみると生まれて物心ついて40年。今思えば本当にあっという間ですが、しかしその時々では悩み苦しみ、半日が一週間にも感じることが何度もあったのですから、時の流れとは不思議なものです。

今回はどうでもいい話が永遠と続く気がします。ゴメンナサイ。幼少の生まれ故郷について書いていきます。

私は2.3歳の記憶もパラパラとあるのですが、しっかりした記憶は4歳ぐらいからです。一般のアパートから自衛隊の官舎に引っ越すにあたり、その官舎の下見に赴いた記憶、官舎の隣近所の人から何歳?と聞かれ「4歳!」と指を4本立ててみせた記憶など鮮明に残っています。もちろんその前のアパート時代の記憶もあるのですが、恐怖な事や悲しい事が殆どです。深く記憶に刻まれるとはそういうことなのでしょうね。

下は1976年8月29日の東根市神町地区の航空写真です。

クリックすると大きくなります。ご存知、国土交通省国土地理院の航空写真アーカイブですが、鮮明な写真も通販で購入できます。一枚4,000円程と高価ですが、場所によってはかなり鮮明で人も写っているのが分かります。自分の家の庭に人が写っていたとすれば、家族の誰かの1976年の姿ですから、貴重といえば貴重ですね。因みにうちの庭には傘が干してあり、両脇に人が2人写っていました。前日が雨だったようです。

この当時、旅客機ではない飛行機がよく飛んでいました。駐屯地近くということもあり、ヘリコプターなどは頻回に見ましたが、航空機もよく飛んでいた記憶があります。この写真以外にも測量などの目的で飛んでいたのでしょう。
しかし、その当時の私には航空機は恐怖の対象でした。どこかの国が攻めてきて爆弾を落としていくと本気で思っていたからです。
自衛隊の父の書物などを見ていた影響だと思います。頭上に小さな飛行機が来ると、隣の家などに駈け込んだりして笑われたものです。今思うと滑稽ですが、その当時はホント恐怖だったのです…w
私の住んでいたのは写真の真ん中辺り、赤と青と白のペンキで塗り分けられた小さな自衛隊官舎のうちの一つです。

自衛隊正門前から市営プールに向かう道がまだ砂利道です。工事車両が数台見えることからこの後すぐに舗装されたと考えられます。この道が砂利道の時の記憶、舗装されすごいと思った記憶もあります。
官舎の人の車庫が別に建てられています。この後すぐに車庫は取り壊されて各々の家の前に横付け駐車をするようになりました。



神町小学校の校舎が全て新しくなっています。1972年当時はまだ古い校舎だったようです。グラウンドの東側にはさくらんぼ保育園があります。この写真の詳細版を見ると、入口の柱まで確認できて感動しました。この写真が撮られた当時、この保育園に通っていました。正門西側の砂場、入口のさくらんぼの木、ジャングルと呼ばれていた園庭などほぼ記憶のとおりです。
体育館の脇に土俵が見えます。この後5年後、僕が小学校3年生ぐらいの時に撤去されました。



小学校裏の若木神社参道の両側には桜の木が力強く立っています。ここの桜並木は本当にキレイでした。7~8年後に全て切られました。



平屋官舎の東側の空き地には工事車両が見えます。ここに3棟の4階建てアパートが建つのです。最初2棟。その後1年ほどしてもう1棟建ちました。この写真では基礎のコンクリート棒を打ち込んでいる工事車両が見えます。それも記憶にあり、同級生の阿部くんと工事現場で遊んだものです。
アパート完成後、小学校一年の同級生がここに入居していたので遊びに行きました。すごい高級な作りで憧れでした。幹部が多く住んでいたようです。その同級生も中隊長の息子でした。

左側、2棟5列の官舎の一番上左端に電話ボックスと掲示板が写っています。数年後、ここにコカコーラの自動販売機が置かれてえらい騒ぎに。お金を入れたら左側の扉を開け500mlのガラス瓶を抜くやつです。同時に2本抜けないか、みんなであれやこれや試したのが懐かしい…まあ抜けませんでしたけど、栓抜きを持って行ってBOXの中の瓶から直接飲んだ奴はいました。王冠の裏をめくるとスーパーカーの絵などが書いてありました。10円とか当たるやつもありましたね。いい時代でした。


 
緑色になった水をたたえた東根市市民プール。この当時は小学校にプールがなく、ここまで歩いて授業をしてました。真ん中の管理棟もまだ無い頃ですね。プールの下にある青い屋根の家は話題になった家でした。ここで書くのははばかれますが、その当時はえらい騒ぎになていたようです。その後もお母さんは住み続けていましたが…

プールの東側の空地に新しいさくらんぼ保育園が建ちます。この写真の2.3年後です。この当時は山になっていて、遭難ごっこや山登りをして楽しみました。山と言っても土ではなく、進駐軍撤退後取り壊された建物のコンクリ廃材などが山になっていたのです。他にも水たまりを埋める際などコールタール状の物を敷いていましたが、それも進駐軍の神町キャンプ(Camp Younghans )専用引き込み線で蒸気機関車に使った石炭の燃カスを利用したものでした。その他、耐火レンガなど駐屯地から拾ってきてゴミ焼き窯を作ったり、ケバケバしい色のペンキが厚く塗られた進駐軍の建物を取り壊した廃材で植木棚を作ったり。今でもペンキの匂いを嗅ぐとイヤに天然色な植木棚を思い出したりします。

と、ひとり語りになりましたが、懐かしいと思ってくれる方もいるはず! ですよね? まだまだ続きます!爆

  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[12/04 Waterfox]
[11/28 babydriver]
[11/22 伊藤]
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]