忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/03. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015年もあっという間に終わりまして、2016年になりました。一年間が早い早い。この分で行くと、10年なんてあっという間に過ぎ去りそうで怖いです。

2016年こそは仕事もきちんと片付け、遊びもガッツリ…と言いたいところですが、毎年目標を立てても出来ない自分を諦め、まあ、程よく頑張りますか…と新年早々あきらめムードな私です。

ふと考えてみると生まれて物心ついて40年。今思えば本当にあっという間ですが、しかしその時々では悩み苦しみ、半日が一週間にも感じることが何度もあったのですから、時の流れとは不思議なものです。

今回はどうでもいい話が永遠と続く気がします。ゴメンナサイ。幼少の生まれ故郷について書いていきます。

私は2.3歳の記憶もパラパラとあるのですが、しっかりした記憶は4歳ぐらいからです。一般のアパートから自衛隊の官舎に引っ越すにあたり、その官舎の下見に赴いた記憶、官舎の隣近所の人から何歳?と聞かれ「4歳!」と指を4本立ててみせた記憶など鮮明に残っています。もちろんその前のアパート時代の記憶もあるのですが、恐怖な事や悲しい事が殆どです。深く記憶に刻まれるとはそういうことなのでしょうね。

下は1976年8月29日の東根市神町地区の航空写真です。

クリックすると大きくなります。ご存知、国土交通省国土地理院の航空写真アーカイブですが、鮮明な写真も通販で購入できます。一枚4,000円程と高価ですが、場所によってはかなり鮮明で人も写っているのが分かります。自分の家の庭に人が写っていたとすれば、家族の誰かの1976年の姿ですから、貴重といえば貴重ですね。因みにうちの庭には傘が干してあり、両脇に人が2人写っていました。前日が雨だったようです。

この当時、旅客機ではない飛行機がよく飛んでいました。駐屯地近くということもあり、ヘリコプターなどは頻回に見ましたが、航空機もよく飛んでいた記憶があります。この写真以外にも測量などの目的で飛んでいたのでしょう。
しかし、その当時の私には航空機は恐怖の対象でした。どこかの国が攻めてきて爆弾を落としていくと本気で思っていたからです。
自衛隊の父の書物などを見ていた影響だと思います。頭上に小さな飛行機が来ると、隣の家などに駈け込んだりして笑われたものです。今思うと滑稽ですが、その当時はホント恐怖だったのです…w
私の住んでいたのは写真の真ん中辺り、赤と青と白のペンキで塗り分けられた小さな自衛隊官舎のうちの一つです。

自衛隊正門前から市営プールに向かう道がまだ砂利道です。工事車両が数台見えることからこの後すぐに舗装されたと考えられます。この道が砂利道の時の記憶、舗装されすごいと思った記憶もあります。
官舎の人の車庫が別に建てられています。この後すぐに車庫は取り壊されて各々の家の前に横付け駐車をするようになりました。



神町小学校の校舎が全て新しくなっています。1972年当時はまだ古い校舎だったようです。グラウンドの東側にはさくらんぼ保育園があります。この写真の詳細版を見ると、入口の柱まで確認できて感動しました。この写真が撮られた当時、この保育園に通っていました。正門西側の砂場、入口のさくらんぼの木、ジャングルと呼ばれていた園庭などほぼ記憶のとおりです。
体育館の脇に土俵が見えます。この後5年後、僕が小学校3年生ぐらいの時に撤去されました。



小学校裏の若木神社参道の両側には桜の木が力強く立っています。ここの桜並木は本当にキレイでした。7~8年後に全て切られました。



平屋官舎の東側の空き地には工事車両が見えます。ここに3棟の4階建てアパートが建つのです。最初2棟。その後1年ほどしてもう1棟建ちました。この写真では基礎のコンクリート棒を打ち込んでいる工事車両が見えます。それも記憶にあり、同級生の阿部くんと工事現場で遊んだものです。
アパート完成後、小学校一年の同級生がここに入居していたので遊びに行きました。すごい高級な作りで憧れでした。幹部が多く住んでいたようです。その同級生も中隊長の息子でした。

左側、2棟5列の官舎の一番上左端に電話ボックスと掲示板が写っています。数年後、ここにコカコーラの自動販売機が置かれてえらい騒ぎに。お金を入れたら左側の扉を開け500mlのガラス瓶を抜くやつです。同時に2本抜けないか、みんなであれやこれや試したのが懐かしい…まあ抜けませんでしたけど、栓抜きを持って行ってBOXの中の瓶から直接飲んだ奴はいました。王冠の裏をめくるとスーパーカーの絵などが書いてありました。10円とか当たるやつもありましたね。いい時代でした。


 
緑色になった水をたたえた東根市市民プール。この当時は小学校にプールがなく、ここまで歩いて授業をしてました。真ん中の管理棟もまだ無い頃ですね。プールの下にある青い屋根の家は話題になった家でした。ここで書くのははばかれますが、その当時はえらい騒ぎになていたようです。その後もお母さんは住み続けていましたが…

プールの東側の空地に新しいさくらんぼ保育園が建ちます。この写真の2.3年後です。この当時は山になっていて、遭難ごっこや山登りをして楽しみました。山と言っても土ではなく、進駐軍撤退後取り壊された建物のコンクリ廃材などが山になっていたのです。他にも水たまりを埋める際などコールタール状の物を敷いていましたが、それも進駐軍の神町キャンプ(Camp Younghans )専用引き込み線で蒸気機関車に使った石炭の燃カスを利用したものでした。その他、耐火レンガなど駐屯地から拾ってきてゴミ焼き窯を作ったり、ケバケバしい色のペンキが厚く塗られた進駐軍の建物を取り壊した廃材で植木棚を作ったり。今でもペンキの匂いを嗅ぐとイヤに天然色な植木棚を思い出したりします。

と、ひとり語りになりましたが、懐かしいと思ってくれる方もいるはず! ですよね? まだまだ続きます!爆

PR
なんか予感がして行ってみたら、あらら、解体してました。


解体4日目だそうです。


管理棟付近から


分厚いコンクリートですね。


真ん中辺り


高速ろ過器が変な場所に。

ガマプールが・・・

跡形もなくなりましたね。

ガマの置物は保存するらしいです。ブルーシートにくるまれていました。
 


あのへんに白鳥家族がいたんた 

見事に壊されておりました、東根市民プール。壊された分厚いコンクリート。あの上で俺達は遊んでいたんだな。
地域密着型記事ですいません。
長沢キヨノ商店は、東根市営団中通りにありました。所謂10円店兼コンビニチックな店で、ちょっとした洗剤や缶詰なども販売していました。
 
 
当時、この店を知っている小学生は極少数だったと思います。なにせ場所が悪い。周りは果樹園で民家は200mおきにポツポツ状態です。街の中心部まで2km以上離れているのは致命傷です。

 僕がこの店に初めて来たのは4年生の夏休み、暑い日の夕方でした。近所に2年上でガタイが大きく非常識な不良がいて、名前をT葉といいましたwが、何故か気に入られて連れ回され、この店もそのT葉くんから連れられてきました。普段からT葉くんはあらゆる手段(小学生とは思えないエグいことをしてました)で同級生にお金をタカっており、金持ちでした。脇で見ていたのでわかります(笑) 僕はこの店で、恐らく同級生から巻き上げたであろうお金でファンタを奢ってもらいました。どうもすいません。



子供心にああ、こういう奴とはマシで付き合っちゃいけないと常々思っていたのと、T葉くんと僕との間でも一悶着あり、それから付き合がなくなりましたが、暇な時はあえて近くの「さかみせ」「かどみせ」には行かず、この長沢キヨノ商店まで行ってアイスを食べました。

長沢キヨノ商店、恐らく1995年ぐらいまでは営業していたと思います。


店の脇にオールドの空き瓶が落ちていました。最近見ませんね、オールド。


この空き缶は最近捨てられたのか、プルタブです。
 

店の側面 

長沢キヨノさんはもう住んでいないようです。30数年前ですでにおばあちゃんの風情でしたからねえ。

昭和50年代、神町にはここも含め3軒の10円店がありましたが、現在生き残っている店はありません。まもなく取り壊されそうな感じですので記録として残しておきたいと思います。
昭和43年に建築された神町にあります東根市市民プールが2014年8月20日をもって閉鎖されました。

 
25mプールと若木山


48年間、東根市民 (場所柄、神町の人間以外使いづらかったと思う) の夏を盛り上げたプールがなくなるという噂を聞き、最後に写真だけでも撮りたいと思い行ってきました。

 私は昭和45年生まれですから物心ついた時にはすでにこのプールがありまして、まあ、小学4年まで泳げませんでしたから、プールというととてつもなく憂鬱になったのを今でも覚えています。
 
ここにゴザを敷いて休みました。奥に見えるのが若木山です。


 小学生に上がった当時、昭和52年ぐらいですが神町小学校にはプールがなく、夏、体育の時間になると小学校から市民プールまでぞろぞろと歩いて行きました。小学2年生までは通称「ガマプール」と呼ばれる水深40センチのプール、3年生からは通常のプールで授業をしていました。

真ん中の四角い切り貼りされた場所にタコさんがありました。
 

 ガマプールにはタコのオブジェもあったんですが、登って落ちると危ないからという理由で撤去。小さい時はみんな登ってましたけどね。過保護ですな。
 

立派なガマです。今まで何度も塗り替えられて来たんでしょうね

メインのオブジェ、親子ガマにはさすがに登れませんからこちらは撤去を免れたようです。実際は登ろうとする子供が後を絶たず、先生は「ガマの足元はとても熱いです。ヤケドしますから登らないように!」って嘘をついてました。
  
ここが熱いから! ってね。

ガマプールのもう一つのオブジェ、白鳥の親子。

これにまたがらなかった子供はいないと思います。この白鳥の親子、小さい頃から何故か物悲しいと感じていました。

小学校4年の時についに小学校校庭内にプールが出来ました。余計な事しやがって…と恨みました。僕は泳げないというか、早い話、水の中に顔を入れることが出来なかったんです。
しかしある日、あの時のことは今でも覚えていますが、隣のクラスとの合同授業で武田という山姥系のガサツな先生からその新しいプールに突き落とされました。泳げないからプールのヘリでいやいやしてたんでイラッときたんでしょうね。溺れるー!!と無我夢中で手足をバタバタしたらあら不思議、その日のうちに25メートル泳げるようになり、次の日から水泳大好き少年になってしまったのです。半月ほどすると1kmは余裕で泳げるようになりました。

 それからというもの、夏休みになると毎日毎日、海パンにバスタオル首にかけ市民プールに通いました。当時住んでいた家から300m程だったのも幸いでした。9時から11時45分まで、1時から4時45分までというのがその頃の営業時間で、使用料金はそれぞれ50円、一日100円です。途中から券売機が導入されスゲエ! と思いました。使用料金は最後まで50円だったようです。

夏休みの夕方プールから上がると、帰り道の途中にあったストアさくらんぼへ立ち寄り、テナントとして入っていた土田肉屋でアメリカンドックを揚げてもらって、かじりながら家まで歩いたのが昨日のことのように思い出されます。たしか50~60円でした。
 
プールの塩素の匂い、ヒグラシの鳴き声、公民館のサイレン、真っ赤なトマトケチャップがたっぷりのアメリカンドック、若木山山頂の赤色灯… 小学校卒業同時に神町を離れましたが、今でも大事な、大事な思い出です。

当時の物がどんどんなくなっていくのがほんとうに寂しいけど、仕方ないことなのでしょうね。東根市市民プールを利用した同世代のみんなが、このブログを見て懐かしいと思ってくれれば嬉しいです。



昔ながらの駄菓子屋って見なくなりましたね。
いわゆる10円店ですが、それに似せたコンセプトで新しく出来た店はちらほらありますけど、やはり、何十年も生き残ってきた10円店は気迫が違います。

僕の会社の隣の地区に1軒あった筋金入り10円店も2年ほど前から店を開けていません。4、5年前で店に立ってて大丈夫なの?って感じでしたから今頃は…

さて、子供の頃の話ですが、私の住んでいた東根市神町は、戦後、進駐軍が駐屯し、その後自衛隊の駐屯地となった事で小さい町にしては人口が多く、また子供の数も多い町でした。
全生徒数は1000人を超えていたと思います。

私の学区内には2軒の10円店がありました。

通称「かどみせ」と「さかみせ」です。

かどみせはT字路の角にあったので、角店。

2009年 冬 撮影

さかみせの由来はわかりません。


2009年 冬 撮影

というか、みんなそう呼んでいただけで、この2つの店の正式名称は知りません(爆)

加藤さんと富田さんがやっていたので本当の名前は加藤商店と富田商店かも知れないなあ…と考えていたら、むかしむかし、加藤商店と呼んでいたのを聞いたことがあるような気がしてきました。

この2店は同じ通りにあり、100mほどしか離れていません。それにどちらの店もよく似た商品ラインナップで、今考えると何を基準に店を選んでいたのか不明ですが、僕は
どちらの店にも均等な感じで行っていました。強いて言えば、かどみせの方が新商品が多かったような気がします。

昭和50年代前半、僕のおやつは親が用意していたものが大半でしたが、それは本当に味気ない茶色系なものばかりで、例えばせんべいとかプレーンなクッキーとかばかり。
たまに100円を貰って自分が自由に買い物ができるのが本当に楽しみでした。

その100円を握りしめつつ、工藤プラモ屋(正式名称は工藤商店)でゼロ戦1/72スケールのプラモにするか、10円店で買食いするか非常に悩んだものです。
(この工藤プラモ屋は10年以上前に廃業し、今は居酒屋になっています)

さかみせは勉強机程の台上に今週の目玉的10円くじ引きと、その奥に定番商品的な物が並べてあり、冷蔵ショーケース、軽くプラモやおもちゃも販売していました。
かどみせはジュース、変なカップ麺(ぶためん?)類が充実していて、得体の知れない30円ぐらいの瓶入りジュースをよく飲んだものでした。
なにせコカ・コーラなどの正規なジュースは100円近くしたのでめったに飲めずにいたのを覚えています。まあ、正規とか言うのも変な話ですが。
こんな状態でしたから、10円のくじ引きで当たりが出るかハズレを引くか、瓶の王冠裏の現金が当たるクジなどには本気で一喜一憂していました。

ただし、少し育ちがいい男子やALL女子は10円店に来ませんでした。ややギャンブルチックで不健康なイメージがあったからでしょう。
あんな店行くな。と同級生が親から注意されていたのを見たことがあります。
確かに小学生の時代10円店に毎日のように来ていた友人が30年後どうなったか? といいますと、暇があればパチンコ・パチスロ、麻雀に明け暮れています(笑)

そんなやや暗いイメージの10円店でしたが、遠足の前の日は様子が違いました。普段来ない女子などが300円の枠内で出来るだけ多くのお菓子を買おうと10円店に群がったのです。
普段はヤマザワ(ヤマザワの創業の地は東根市神町なんですよ、皆さん知ってましたか? ほっともっと神町店の場所です。)で一袋100円オーバーなおやつを買い与えられている奴らが、10円で一喜一憂している俺たちのショバを荒らすのです。
少しイラッとしたのを覚えています。若いですね。

そんなこともあり、あの時代のあの地域の子供なら多かれ少れみんな行ったことのあった10円店「さかみせ」と「かどみせ」。

残念ながら時代の流れには逆らえず、どちらも閉店しました。

かどみせは20年ぐらいまえから10円売り場を縮小しクリーニング店を始め、クリーニング店兼10円店のような感じでしたが、100%クリーニング店となり、後に閉店。

2013年 春 撮影

さかみせは本当に細々と店を開けている様子でしたが2年ほど前に閉店。さらに先日、さかみせの前を通りすがった際、人の気配もしなくなっているのに気が付きました。

裏に回ってみると玄関は板で打ち付けられていおり、完全に無人になっている様子です。

繁盛していた時代の店内を思い出しながら、やはり変わり果てた町内を散歩し帰宅しました。30年で町はこうも変わるものなのですね。
昔同じ町内に住んでいた同世代の皆さんが写真を見て懐かしく思っていただけたら大変嬉しいです。

  • カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]