忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/03. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うーん、はら減った。

しかーし、食べに行くのも億劫。事務仕事もあるし。

で、ささっと近所の元気市場たかはし銅町店へ弁当を買いに。最近、ここの弁当コーナーはレパートリーが増えて良い感じになっているのです。

398円と298円の弁当が主になっていて、そこへおにぎりアバウト100円コーナー、さらに揚げ物アバウト100円コーナーがあり、予算とお腹の減り具合に応じて100通り以上の組合せを選べるのです!

もちろんカップラーメンもありますので組合せはさらに自由自在! いや、コンビニでも同じだろ? という異論は認めます。

しかし、こういうお店の弁当の何がいいかというと、前日鮮魚売り場で売れなかったアジが翌日フライヤーに入れられ
アジフライになり、前日売れ残ったであろう豚ロース肉がトンカツになりカツ丼となり、いや、嫌味じゃなくその道筋が予想も大きく入っていますが大体そうだろうと予測が付くので安心感があるのですよね。
中国の下水油とか報道で見ると中国産の揚げ物を毎日食べるのはどうも敬遠したくなります。

のり弁当とカツ丼、298円&398円也
僕とのり弁当とカツ丼で。
カツ丼の肉も案外厚く、ご飯は200g前後。ホカ弁のご飯は250gぐらいですからやや少なめではありますがカツのクオリティが良いので満足感があります。

のり弁当はホカ弁と比べても豪華。まず鶏唐揚げが1個入ってます! ちくわ天が丸々一本です! おかか昆布の量も多いです(隠れていて見えませんが) 卵焼きも入ってます! 白身魚のフライ(自家製かどうか怪しいけど)も少し大きい感じがします! タルタルソースも最初から付属!
某ほっともっとと比べると価格は8円高なものの内容は充実しています。

流石に2つ食べると満腹感ありますね。カップラーメンも追加しようかと思ったけど止めて正解でした。
身近なお店の惣菜コーナー進化バンザイ!
PR

山形市内に数店あったような気がする とんかつ浅野。江俣店へ行って参りました。

城北高校の近くにもあったけど、どうなっているのでしょうか? 七日町にもあったような…

お店の場所はこちら→ここ。

とんかつ専門店でトンカツを食べると大体1,400円とか1,800円とか普通で、確かに旨いんだけど価格的に腹の中では納得し切れていない状況とかも普通で…

しかし、浅野さんの とんかつランチは650円!  いや、三○坊は肉が違うんだよとか、三○屋、あすこは三元豚なんだよ、とかどうだか正直わからないけど、高いにはそれなりの理由がキチンと存在してるんだよ! っていう声がビンビン聞こえてきそうですが、勿論承知の助。しかし、日常的に食べるには安くて旨いに越したことはありませんから、ランチタイムに浅野に足がむくのは仕方ないことなのです。

いつもはトンカツランチですが、今日はカツ丼を。

カツ丼 (ランチタイム) 大盛り700円也トンカツ浅野 ランチタイム

通常カツ丼は650円。大盛りは100円増しなので合計750円ですが、ランチタイムは大盛りで700円になるようです。どっかに書いてあるのでしょうけども発見できませんでした。

さんかつ浅野のカツ丼。

正直カツは6mm厚ぐらいで物足りないですが、衣=豚肉=衣と同じ厚さでボリュームは満点。さらに、脂を吸った衣の脂と和風出汁醤油が組み合った時に発生する下品なまろ味、いわゆる下手味が食欲を強く刺激し、箸が止まらなくなります。カツ丼用のカツは5mmが基本といくつかの本で読んだ記憶もありますが、そう言われてみればそんな感じもします。
ご飯も丼いっぱいに入っておりボリュームも満点。出し汁も少なくもなく多くもなく、出汁が丼の底に到達するかしないか絶妙な加減です。

2時近くでもパラパラとお客さんが入ってきます。多くの方はトンカツランチ650円を注文していました。

すっかり買わなくなってしまった週刊ジャンプを平積みされている山の中から12号,13号,14号…と発掘し、まったりと読んでいると、隣のテーブルに座っていた大手の建築関係と思われる作業着姿の男性2人が携帯電話で話し始めました。それも大声で見積もりの件を話ししています。切ったと思ったらかけ直したりしてまるで自分のオフィスで話をしているような感じです。かけ直すか? 普通。ヒソヒソと話すなら可愛いものですが、超大声です。

自分達が他のお客さんにどれだけ迷惑をかけているのを気が付かない様子で腹立たしく思っておりましたが、しばしして僕に掛かってきた電話にここぞとばかりワザと大声で応対しました。先程大声で喋っていた客は、配膳されたトンカツに手をかけているところです。「あー、いつもどうもお世話様です!!! いえいえ、大丈夫です!!! いやはや今日は寒いですね!!! え、肛門? 人工肛門ですか?!!! ストマはウチで取り扱ってないんですよ!!!」 と5分程大声で応対し、電話が終わった後に水を呑んで盛大にゲップをげぇぇぇぷぅぅ、更にプフィィ~と放屁してあげました。

というのは冗談ですが、店中に於いて大声で携帯電話を使うのはマナー違反なので出来る限り止めましょう。

気軽にラーメン並の金額でとんかつ定食が食べられる浅野さん、これからも宜しくお願いいたしますm(__)m

最近、河北町を代表するB級グルメとして「肉そば」を推していこうという動きがあるようです。
前から思っていることですが、山形にはこれと言ったB級グルメがないんですよね・・・いや、あるんですが県外から認知されているものは少ないと感じますし、その証拠にB級ご当地グルメの祭典 B-1グランプリに山形県からのエントリーはゼロ。東北B級ご当地グルメにさえもエントリーゼロという・・・。

河北町の町おこしにB級グルメを利用しようという企画、イイじゃないですか! 本来、B級ご当地グルメの祭典 B-1グランプリは町おこしの為に作られたものですからね。どんどん便乗して全国的に有名になっちゃえばイイんですよ。「ちょっと山形に肉そば食いに行こうじゃん」なんて横浜あたりのカップルが旅行の理由付けにB級グルメを持ち出して山形にお金を落としてくれればイイんですよ。ほんで上山の葉山館あたりで一泊して温泉入って足湯入って利久堂のかりん糖やら庄司製菓の濡れ煎餅やらをお土産にしてくれればイイんですよ!

東北のB級グルメといえば横手やきそば・八戸せんべい汁が有名ですが、その他、秋田県のかやき(貝焼き)・同じく秋田県あいがけ神代カレー・十和田バラ焼き、青森県のしょうが味噌おでん・黒石つゆやきそば、岩手県の北上コロッケ、宮城県は石巻茶色い焼きそば、ラスト福島県なみえ焼きそば。いえ、僕も全部は知らないので調べたんですがこれが正式っぽいんです。どうですか?山形県がすっぽり抜け落ちています。しかし、どれも旨そうだ…

しらべれば調べるほど山形頑張って! と思わずにいられなくなってきました。んじゃ、山形でB級グルメに推したいものと言えば?という話になりますが、話のきっかけとなった「河北町の肉そば」そして「谷地のソースカツ丼」。あとお手軽なところで「玉こんにゃく」「どんどん焼き」も外せません。
「ひっぱりウドン」「芋煮(会)」・・・「あじまん」はちょっと無理があるか。いしぐろ製麺の「サン スパゲテー」は誰も知らないからダメだろうな。「肉中華」とか「冷やしラーメン」もイイかも。ジンギスカンも推したいところですが揉めそうなので難しいでしょうね。スイーツ系だと「バナナロール」は武田菓子店が発祥の地らしいのでそれも候補。
こうやって改めて考えてみると山形もB級グルメ沢山あるんですから、これからは頑張って宣伝しなければなりませんね。誰がどうやっていう事になると・・・僕はブログで地道に・・・

ご存知「といや」に行き、山形B級グルメの一つ、「肉そば」と「カツ丼」を食べてきました。

肉そば650円&ミニカツ丼350円也
といやの肉そば650円。うまし

澄んだ出汁と程よいB級さがある蕎麦が織り成すハーモニー。親鶏のコリコリ感は少ないものの噛みしめると味わい深い旨味が広がります。隠し味にカレー粉が入っているソースカツ丼はソースの甘味にアクセントを添えて、最後まで飽きずに食べさせてくれます。
これぞ肉そば、ソースカツ丼

カツ丼単品800円也
ミニカツ丼を二回り大きくしました。

カツの厚さは約10mm。カレー粉が忍ばせてあります。これが無いともの足りません。
単品ソースカツ丼800円

サクサクとした揚げたてのカツは本当に美味しいです。値段的にオトク感は少ないのですがこれはこれで仕方ありませんけど、癖になるカツ丼なんですよ、本当に。

店内のメニューにはカツカレーの表示も。(1000円?)カツカレーのカツにもカレー粉の隠し味が入っているのかいないのかが気になっちゃいますよね? 今度はカツカレーを・・・

ということで、山形からもメジャーなB級グルメが輩出されますよーに。
寒河江市の外れにあります「ふらい亭」はとんかつが美味いと評判のお店です。
場所はこちら→このへん。
ふらい亭

しかし、寒河江市はガソリン安いですね。レギュラー112円ですって。山形市よりかなり安いですわ。

ふらい亭のメニュー
ふらい亭のメニュー

カツ重にしようか? ジャンボカツ定食にしようか? 季節柄カキフライ定食にしようか・・・・

迷った挙げ句、僕は無難にミックスフライ定食1100円也、を頼みました。メニューには何でミックスとは書いてませんでしたが、普通ミックスと言えばヒレカツ・海老フライ・白身魚フライって所が無難な線です。

ここで第2の定番、海老フライ・ロースカツ・ヒレカツって言うのも嬉しいです。変化球でヒレカツ・白身魚・コロッケ。というのも案外良いかもしれません。いやいや、この季節だけ限定でカキフライが隠し球として登場するかも? はたまたメンチカツかも~~と妄想していると・・・

ふらい亭ミックスフライ! ばーん!
ふらい亭 ミックスフライ定食

んーー? とよく見ると・・・
ミックスですか、そうですか。

海老フライが2本とヒレカツ一枚だ・・・
これはミックスというか海老フライ定食におまけでヒレが付いたんだよ。という感じだ。いや、そもそもミックスと言うからには最低3種類のカツがデフォルトなのでは? 2種類ではミックスではなくカップルだ。いや、二種類でも3個体があるからミックスで間違いないのか。そうなのか? カキフライ付まで想像していた僕の馬鹿馬鹿!!

しかし、さすがふらい亭。海老はなかなか立派で中身もキチンと入っています。
ふらい亭の海老フライ。

同僚が食べたミソカツ丼。950円也。
ふらい亭のミソカツ丼
こっちもなかなか美味そう! ボリュームもなかなか良い。との話でした。

1時過ぎに入ってくる人達は常連さんが多いようで、「いつものネ」と注文する人も。近所の一杯飲み屋でなら話もわかるが、ここはトンカツ屋ですよ・・・
 しかし、店の人も「あいよ。いつものね。」と。
ふらい亭の暖簾

このお値段なので常連になるにはちょっとキツイですが、ボリュームも味も申し分なしです。寒河江市内に来る事はなかなかありませんが、フライ系が食べたくなったら又来てみたいです。
個人的にはミックスフライが3種類なら・・・(←しつこい)

今度来る時はスタンダードなトンカツ定食かカツ重大盛り(アイクラさん仕様)を食べてみようと思います。
上山市にある末広食堂は、蔵王エコーライン沿道にある昔ながらの食堂です。
流☆星という映画のロケでも使われ、一時期脚光を浴びました。(ごく一部の映画、競馬ファンに)

こちらの食堂では、中華550円、若しくはチャーシュー麺が650円が僕の定番なのですが、カツ丼700円を食べてみました。

カツ丼700円+大盛り100円。
末広食堂のカツ丼

いかにも田舎の食堂たる堂々としたカツ丼です。
卵はふわふわ。良い塩梅です

末広食堂さん、いつも思うのですが出来上がりが早いんです。出前もこなし、来客もこなし、それでいて慌てることなくテキパキとした接客。さらに、お冷やとお茶の両方を出してくれるのです。注文前に熱いお茶。配膳されたお盆にはお冷やといった感じです。それと、日本沈没が揃っているのもポイント高しです。行くたび2巻ほど読んでいます。

カツの厚さも丁度良い厚さ。揚げ立てかどうかはわかりませんが、美味しいです。
厚くもなく薄くもない丁度良い厚さ。
ちょっと卵で厚みがわかりにくいですけど、この卵も旨そうですよね。トロトロっとして。

ごく普通の食堂のさり気ない美味さのカツ丼。そのさりげなさが良いです!
ま、この良さがわかりはじめると、カツ丼2級合格! ぐらいでしょう。 
・・・そんな階級無いですけどね。 
いいんです。 ちょっと言ってみたかっただけです。

蔵王坊平スキー場も間もなくオープン! いや、今はライザですか。その帰り道にお腹を空かせて末広食堂で食事というのも渋くて良いと思います!

僕的に次は今まで食べたことがない味噌ラーメンを食べてみようかとたくらんでいます!
  • カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]