忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/03. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山形市内も数多くの肉そば屋さんが参入して久しいです。昔は肉そばを食べるとなると・・・と、おんなじ事を繰り返し書いてしまいそうなので割愛しますが、自分の好みで店が選べるのは嬉しい限りですね。

山形市内でも老舗の肉そば屋さん、山形市漆山の肉そば処 立花に行って来ました。
定休日 月曜日。  営業時間11時~19時30分。  山形市大字漆山755-1。google、地図が出ないっす 

行ったあとに食べログなんかで評価を見たりする場合もありますが、そうすると蓼食う虫も好き好きとはよく言ったもので、星の多い方から星の少ない方まで読んでいると、これが同じお店に対する評価なのか? と不安になり、先頭ページに戻って確認したりね… 

食べ物に星をつけるというのは、個人差がありますと断っている場合が多いとはいえ、うーん。。どうなんだろうと。

毎週一度は食べている店のモノが明らかに「えっ?」と思う場合もありますが、それは人間が作るものだし仕方ないと割切るのも大事だと思うんですよ。

理想を言えば、帰り際に

「今日は出汁が少し薄かったねぇ…ごちそうさま。」
「ご隠居~、わかっちゃいました? どうもすいませんねぇ。気をつけますんで。」
「…さすがご隠居だ。あぶねぇ、あぶねぇ」

なんて信頼関係のある間柄でこんな会話ができるようなら、お互いがお互いを高めたりのプラス方向に向くんだと思いますけど、初めて入った店で「出汁が薄い! 好みじゃない!!」的に星1つ! バーン!とか、何のプラスにもならないですし、店主にとっても打撃ですよね。そういう文句は家に帰ってチラシの裏にスミでぶっとく書けばいいんだと思うわけです。

立花 メニュー


肉そば700円+大盛り150円の850円也
 
メニューを見てもらえばわかりますが、セットものはゲソ天おにぎりセット450円。

ソースカツ丼はありませんでした。注文の声を聞いていると、肉そばにおにぎりセット200円、若しくはおにぎり一個110円を頼んでいる人が多い感じでした。

谷地の肉そば屋の中でもボリュームは抑えられている印象です。普通盛りで成人女性満足盛り、大盛りで普通男性腹八分と勝手に推測。特盛りもありますが1,200円と余裕の1,000円超えですからちょっと考えちゃいますね。

お味の方もマイルド。毎日食べても飽きない肉そばナンバーワンだと思います~
PR
元気市場たかはしでは、冷たい肉そばを販売しています。

コンビニでサラダとか軽くパスタが詰め込まれている深くないプラカップに入っています。よって、ボリュームもイマイチなのが容易に想像できます。
なのでポジション的にはメインの弁当にプラス一品したいけど何かないかなぁ~、あ、肉そば? 珍しいから買っていくか。的サブポジションなのですが如何せん、価格が398円と高かったのです。どうしてもカップラーメン128円に流れてしまうということを繰り返していました。

398円…高いよ… 別な弁当もう一つ買える価格はいくら肉そば好きと言えども受け入れがたく今日に至っていて、しかし一度は食べてみようかなぁ~これが398円じゃなくてせめて350円とかなら買うんだけどなあ~と昨日も冷蔵ケースの上から眺めていました。

本日も弁当を買おうと元気市場たかはしへ行き、今日は鯖弁当にしようかなあ~、いや、新入りの鶏そぼろ弁当にしようかなぁ~とウロウロしながら冷たい肉そばもちょっと見てみようかと冷蔵ケースに目をやると…

「あっ! 350円になってる!」

僕の願いが店長に届いたのです! 僕の心の叫びが! 

 いや実は売れ残りばかりで価格を下げちゃおうか? ということだとは思うのですが、素直に喜びつつ残り2個になっていた冷たい肉そばを手に取りました。いつもこの時間なら5個ぐらいあるのに今日は2個しかない… みんな高くて手が出なかったんだな、やっぱり。と頷きつつレジへ。 

もう一つ弁当を買おうか迷いましたが398円の弁当を追加すると748円… 山長の中華そば大盛りが650円だろ、盛り蕎麦大盛りも650円だしな…。 それを考えるとどうなんだろう! 金額の割には満足できないのではないか!  という思いが強くなり、買い置きの味噌ラーメンもあるし、これだけにしよう! と潔くレジへ。

元気市場たかはし、冷たい肉そば350円也
元気市場たかはし 肉そば (冷たいの)

親鶏のチャーシューがかなりきちんと入っています。
元気市場たかはし 冷たい肉そば 蕎麦がなぜかアメヤの自動販売機蕎麦とそっくりなお味。
本場河北町の肉そばには入っていない揚玉が入っていて、実はこれが結構アクセントになり旨いのです。

この状態から付属している出し汁を掛けて食べるわけですが、出し汁は市販のものでした。肉そばの出汁に比べるとやや肉そばらしさが薄いものの、鳥チャーシューと組み合わさることでなかなか美味しい肉そばになっています。

この肉そばの脇にはプラスチックのボトルに入れられた「冷たい肉そばのスープ」というものが100円で売られていて、それを掛ければ完璧に河北町の冷たい肉そばになるのではないか? と思いますので興味のある方は是非一度お試しくださいませ。

結局この肉そばだけでは足りずカップラーメンを追加でいただきました。カップラーメンを食べる頃には350円になって喜んでいた感情は消えつつあり、あろうことか、300円になったら298円の弁当と組み合わせて丁度なんだがな…と自分勝手なことを考えている僕がいました…
ランチタイムに初訪問です。

場所はこちら→こちらです

谷地の肉そばは大きく分けて 「一寸亭系」 と 「いろは系」 に別けられる、と言われています。
私のごく勝手な感覚的になりますが、醤油色が薄く、やや甘めな一寸亭系。醤油の色・味共に濃いのがいろは系。体調に応じて・その日の気分で使い分けをしています。

初めて入った 「そば処 あお木」 さんは中庸的でした。良いとこ取りですね。

肉そばセット800円也
あお木 の肉そば 肉そばセット800円 げそ天丼のセットです

到着した丼を交互に持ち上げた感じでは中年男にとってややボリューム不足の感があったのですが、げそ天丼と肉そばを交互に食べていたら案外とお腹一杯になりました。たまにあるんですよね、こういう事が。げそ天が一本一本キチンとしていて、肉そばのスープも全て飲み干せる塩梅で、蕎麦もしっかりしていてバランスが取れていて、満足感がじわじわと沸き上がってくるという。

谷地の肉そば、あお木
鶏肉も食べやすいです。
隣に座っていたおばさん3人組は肉が硬い! とブツブツ言ってましたが、そんな事言ってたら、ちょっと昔の一寸亭あたりの肉は立場が無いですよ、ほんと。

オーダーを聞いていると、やはりというか、ボリューム云々最初に書いた者の立場もありませんが、大盛りのセットを注文する方が多いようでした。

おしゃれな内装もそうですが、窓からの風景を見ながら肉そばが食べられるので若い女性客の姿もチラホラ。肉そばネクストジェネレーション的なお店でございました!
寒河江市清助新田にある「ふもと」に行って来ました。ここ、白岩じゃないのですな。

場所はこちら→こら。

寒河江で仕事があり近くにあったふもとへ。実は初めて。あちこちのブログでチラホラ目にしていたのにもかかわらず未訪問でした。
新しく出来た白岩バイパス進行方向左側にど~んとそびえ立っていました。新しくと言ってももう数年立ちますけど、いや、十年ぐらいたったかな? 店内は新しい雰囲気で吉亭と似た感じです。

おそらく一番人気な「冷たい肉そば」650円也
ふもと 冷たい肉そば 
澄んだスーブが印象的です。

スープを一口。あ、味が濃いですね。スープの薄い色からは想像できなかった出汁の濃さです。スープの色は一寸亭系なのに味はいろは系です。
全体的にしっかり冷たくなく常温に近いので、味が良く感じられてこれ又いいです。

お肉は親鳥にしては柔らかく、なんでしょう、若鶏でしょうか。しかし出汁は完全に親鳥から取ったであろう濃厚さがあって大変美味しい一杯でございました! 

冷たい肉そばは河北町が本場なのですが、最近は山形市や天童市など河北町で食べるよりも他市町村で食べる機会が本当に多くなりました。それもどこも本当に美味しい。

山形県、肉そばがジワジワきてます。
カマキリ降雪予想の通り、今季は雪が多いですね。30年前の冬に戻った、そんな感じの今日この頃でが、皆様いかがお過ごしですか?

この寒い中、B-1グランプリへの出店も果たした河北町の冷たい肉そばを食べに長崎へ行って来ました。

ええ。勿論中山町長崎です。場所はこちら→そば処 あおば

当然、駐車場もどうしようもなく雪が積もっていてお店の人は雪掻きに追われているいるようでした。今年は本当に大変ですよね…

寒い日は、特にマイナス5度とかという日は通常温かい蕎麦をご指名するのですが、その日は冷たい肉そばが食べたい気分だったので迷わず冷たい肉そば大盛を注文しました。

冷たい肉そば大盛750円也
あおば 冷たい肉そば 大盛

親鳥の出汁がこれでもかと冷えており、ビシッと口中を直撃します。
冷たい出汁ですがカツオ節・鯖節(多分)の良い香りが鼻を抜けます。親鳥のコク、甘みが見事に調和して、これぞ肉そば! と大声で叫びたくなります。が、そこは我慢して何事もなかったように澄ました顔してスープを2口、3口。うーん、旨い。
蕎麦も肉そば定番のゴワゴワした蕎麦。冷たいスープのお陰で固い固い。しかし、硬いといってもキチンと茹で上げられていない硬さではなく、キチンと締めた蕎麦の硬さ。食べ終わる頃には顎がくたびれるほどですが、これがまた美味いんです。

あおばさんの盛りは相変わらず良く、普通盛りで通常の店の大盛サイズ。大盛だと通常店の特盛りサイズだと思います。食いしん坊君には嬉しい盛りなのですね。

食べ終わりの頃には体がスッカリ冷え、寒くて寒くて仕方なくなりました。それはそうです、かき氷を丼いっぱい食べたのと同じなんですから。しかし汗かきオデブさんには丁度いいのかもしれません。

冷たい肉そば、さすが人気のお店大変満足しました。厳寒期のこの時期でも冷たい肉そばが人気というのも頷ける一杯でございました!
  • カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]