忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/04. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肉そば&ソースかつ丼セットの第一回に登場した「そば吉」再訪です。

いえ、何回か行ってますが、書き漏らしたことがあったのと鳥そばの紹介がまだでしたので、それを書きたいと思います。

しかし、10月に入ってからめっきり冷え込んできましたね。うちなんかもうファンヒーター燃やしてますよ。冷たい肉そばもオフシーズン… いえ、なんでもないです。

肉そばと鳥そばの違い、なかなか難しいです。土地にもよりますが、肉そばは豚肉使用、鳥そばは鳥肉使用。としている地方が多いのではと思います。というか、それが全国標準か。ははは。

谷地の肉そば業界内では肉そばは鶏肉スライスとネギのみ! 鳥そばは肉そばにタケノコ、カマボコ、しいたけ、長ネギ等の具がプラス! だから150円ぐらい高いよ! 

と定義されています。肉そばだけだど具が寂しいなあ。という時に注文するのが鳥そばと思っていいと思います。スープはまるきり同じです。

今回のセット(自主的セット)は鳥そばとミニカツ丼にしてみました。830円+350円なので超高級です。でも、最近全然外食してなかったのでこれぐらい許して下さい。

鳥そば
 
ミニソースカツ丼。セット。

もう一つ伝え忘れたこと。このソースかつ丼に注目して下さい。これ、肉が4切れなんです。あ。と思った方、挙手。

そう、これはヒレカツです。

他の店でミニカツ丼はすべてロースカツなのですが、そば吉さんはヒレカツ丼なんです。

実は「といや」さんではレギュラー仕様のソースカツ丼だとロースとヒレを選べます。しかし、ヒレカツにすると200円高くなるのですよ。

何が言いたいかというと、そば吉さんのミニカツ丼は350円と他店並みですが、実のところちょっとお得、と捉えることが出来るのではないかということですw

しかし、カツ丼はロースカツだろ!派にとっては逆に迷惑以外の何物でもないという…

いや、しかし、柔らかいヒレカツ丼は美味しいかったです!
PR
土曜、日曜の11時前にお店の前を通ると、必ずと言っていいほど行列ができている人気店「一庵」

特に夏場、炎天下の中50人ぐらい行列ができているのを見ると、ため息が出ます…w

平日の日中もかなりの混み具合です。夕方6時過ぎに店の前を通る事が多いですが、その時間は駐車場も8割程度の入りですね。夜にこれは、山形ではかなりの繁盛店なんですよ。

ウチでは月に1、2度ぐらいですが出前を取ります。これだけ繁盛して忙しいのに出前もやってるんですから一庵は偉いと思うんですよね、素晴らしい。

肉そば650円、ミニカツ丼300円也

因みに、ランチタイムは (恐らく土日も) ミニカツ丼が200円(!!) と非常にリーズナブルになっちゃいます。勿論、それだけの注文は不可ですw

肉そば

正統派、谷地の肉そばです。一寸亭系ですね。白醤油使用なのか、クリアなスープです。
出汁もそこまで濃くないと思うんですが、不思議と深みのある旨いスープです。プロが作るんだから当たり前ですが、ホント、旨い。

蕎麦はご覧通りのもちもちで、十割蕎麦とかと比べるのははばかれるわけですが、谷地の肉そばはこれがいいんです、この色黒もちもちが。フランス人みたいに喉で味わうガッツリ系蕎麦です。ミニカツ丼は醤油よりソース強い系で、カレー風味はやや強め。初期の頃より強くなったような気もします。そういえば一庵さん、昔は交り江のエアポートホテル脇、フードセンターたかきの目の前にあったんですよね。懐かしいです。

ランチタイムに200円のミニカツ丼を時間外に300円で食べることについては抵抗がない。といえば嘘になりますが、そもそも200円という価格設定がちょっとオカシイと思うので無問題です(笑)

ボリュームのバランスも絶妙で、感覚として成人男性なら肉そばと合わせてちょうどくらい。女性でもお腹が空いてればアラ食べちゃった。って感じだと思います。

もう少しちょっと食べたいな…という方にはゲソ野菜天150円がおすすめです。ランチタイムなら肉そば+ミニカツ丼+ゲソ野菜天でちょうど1,000円! 満足間違いありませんセットです!
一年ちょっと前に新規開店した「といや ほなみ分店」に行ってきました。

分店ということは弟さんがやっているのかな? 

今回2度目で、一度目は開店して間もなくの頃、日曜日に家族で行きましたけがかなりの混雑でした。今回は混雑を避けるべく11時30分に到着。しかし、半分くらい席が埋まってました。さすが繁盛店です。
 
近くに居酒屋ランチの店があり、道端にとても目立つ「肉そば」のノボリ旗が何本も立てられています。間違えないよう注意が必要です。(ええ、ボクは間違えましたw)

メニュー等は見易いホームページが有りますので、そちらを見るのが手っ取り早いです。ミニ丼も季節単位で色々と変わるようですので要チェックです。といやほなみ分店ホムペ

以前来た時は日曜日だったため食べられなかったといやセットを迷わず注文。

平日限定ランチ といやセット750円也

そう、今まで紹介してきた肉そばとソースカツ丼セットの中でも一番安いのです!

確かにボリュームはどちらもミニ丼で、850円などのお店に比べると明らかに肉そばが半分になっていますが、女性の方などはこれで調度良いと思います。そして男性向けには肉そばが普通サイズになったといやセット大盛り850円が用意されていました。いたせりつくせりですね。

肉そばは所謂一寸亭系で甘みがあり、本店よりもほんの少し濃厚な感じだと思いました。温かいのと冷たいのでは印象が変わりますのでなんとも言えませんが、そう感じました。親鳥の出汁が効いていてボク好み。旨かった~。

ソースカツ丼は醤油がベースで、ご飯の方にまぶしてあるソースからカレー風味を感じました。ほんのり香るといった感じです。流石「といや」の名を冠することだけあって美味しいっす。グリーンピースが二粒、厚く切られた紅しょうがも といや本店と同じ仕様ですね。紅しょうが、単品で追加したいくらい旨かったです。

お店の若い人たちの挨拶もキチンとして声が大きく活気があっていい店でした!

あッ! そういえばあそこになんかあったね! 小さい店! 

と、「!」が思わず沢山付いてしまう隠れた店ってありますよね。いや、別に隠れているわけじゃないんでしょうけど、周りがそう認識してしまう忍者みたいな店。

今回は河北町谷地の吉田地区にある「えばと食堂」に行ってまいりました!

友達でラーメン馬鹿の阿部くんがFBで投稿しているのを見て、あ~そういえばあそこに店あったけど、ソースカツ丼を出す店だったのか、これは行ってみなければ。と思っていたのです。

行ってみるとわかりますが、なんとも可愛いお店です。席数2。最大収容人数8人。カウンターも座れるかな…いや、ちょっと無理っぽかったなw

今時こんな店あるんだと関心然り。いや、いい意味で。好きだわ~。

予備知識、というか自分の思い込みではソースカツ丼一本で勝負しているお店。だったのですが、メニューは案外豊富でした。中華そばなんか550円です。トンカツ中華なるものもあり、フフッとしてしまいました。ご飯物はカツ丼と玉子丼です。玉子丼があるのにカツ丼はソースカツ丼なんですから面白いですよね。いや待てよ、阿部くんの投稿を読まなかったら卵とじのカツ丼が出てくると思っちゃってたかも。いやいや。場所柄、それはないか。(自問自答)

カツ丼半肉そば900円セット (店の表示がこうなってた)
 
店のメニューによればカツ丼単品は700円。なので、200円でミニ肉そばが食べられちゃうというお得なセットです。セットの前に900円を持っていった店主の気持ちが分かる気がしました。

ソースカツ丼

揚げたてのカツに醤油風味の強いソースが多目にかけられています。いわゆるタレダクですね。知りませんけど。

肉そばの方は冷たいのが強制っぽいです。冬でそれだから夏も冷たいのが出てくるのは間違いがないと思います。鶏出汁は濃い目の所謂いろは系でした。半肉そばといえ、なかなかの食べごたえです。
ソースカツ丼も文句なしに旨い! 脂と肉が絶妙な分配の揚げたて肉がサクサクの衣をまとい、それはもう絶品です。カレー風味は今まで食べた谷地のソースカツ丼の中では一番弱いですね。食べ進めながら脳内ではいつの間にかソース風味を探す旅に出ておりましたw ほんの少し香るカレー風味が絶妙といえば絶妙で、全面にドンと出ていないのが旨さを感じさせているようです。

熱々のカツから離れたくなく、カツを完食してから冷たい肉そばにとりかかってしまうほどでした。いや~、旨かった。
さすが創業26年、語弊があるかもしれませんが、B級ソースカツ丼、ここにあり! といった感じでした!
河北町のとなり町、東根市にも肉そば屋さんが数店あります。一寸亭支店・東亭・神楽・はくよう。
今回はその中の一店、神町にある「そば処 神楽」に行きました。

神楽さんは漬物とキクラゲが食べ放題の店として私の中では有名なのですが、今回はキクラゲがありませんでした(泣) もしかして もしかしてだけど~ もう止めたのかな…

メニューにカツ丼セットがどーんと記載されていますので迷わずセットを注文!

カツ丼セット850円也

うん。間違いないビジュアルですね。

カツも揚げたてでサクサクしています。小さく切り分けられているのは好き嫌いが分かれそうですが、肉そばとカツを交互に食べる場合は小さく切り分けられている方が食べやすい気がします。カツ、そば、カツ、ごはん、汁、そば、カツ…ね、カツは小さいほうが往復運動を多く出来て良い感じでしょ? 店主は経験からこのカツの切り分けを考えたんだと思います。

肉そばはすっきり系ライト。重厚な肉そばはともすれば県外人から甘ったるいと不評を買う場合がありますが、神楽さんの肉そばはそういう方にピッタリではないでしょうか。

私の記憶ではカツ丼提供の前から牛丼があり、牛丼に力を入れているお店として印象深いです。牛丼は店主が好きなのかな? ちなみに牛丼も美味しいです。


神楽 メニュー
 
肉そばと丼物のセットが冷たい肉そばと強調されてます。でも、温かいのも出来ると思います。

個人的にいつも思うのは、温かい肉そばだと旨い・マズイが判りやすいと思うんですよね。
食べ比べると面白いし、お店の対応が判る気がします。

ひどい店になると、茹で置きした冷たい蕎麦を温めなおして温かい肉そばにするお店もあったりしますが、蕎麦がブヨンブヨンになってて、コレを客に出すんだ…と目が点になることもあったりします。食べ歩きは面白いですね。
  • カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]