忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/03. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平成28年3月20日、九十九鶏弁当さんが城北町から銅町に移転しました。

場所は銅町2-24-8です。



約50年前に駅弁として考案されたお弁当だそうですから、お店の歴史はそれ以上ということになりますね。

お弁当として通常販売されているのは3種類のみ。810円(税別750円)・918円(同850円)・1,134円(同1050円)。店頭でのみ大盛り可。


750円弁当の大盛り。ご飯増量、照り焼きが一個増えます。確かプラス100円。
850円と750円の違いは何かというと、副菜に鶏のロール焼が2枚あるかないかです。
個人的には750円を大盛りにするのが一番お得と考えております。


こちらが1050円の弁当です。右下に写っているのが鶏のロールです。みかんの缶詰、副菜の煮物が豪華になります。

鶏そぼろ、隠し味に味噌かな? 甘辛くて文句無しにご飯に合います。鶏の照り焼きも上品ながら肉肉さがありとても美味しい。流石50年間販売され続けてきただけあります。

メインはこのようにとても美味しいのですが、さらに副菜が光ります。コンビニ弁当の副菜なんかレンジでチンしたらしなびて何がなんだかわからなくなりますが、九十九鶏弁当は副菜でノックアウトされると言っても過言ではありません。(因みに九十九鶏弁当をレンジでチンすると、銀紙が使用されているため弁当箱が燃えます。レンジでチンしないようにしましょう)

丁寧に仕込まれ煮込まれたこんにゃく。高そうなきゅうり漬け。出汁の染みたごぼうと椎茸。漬物は大体3種類。パイナップルのデザート付き! 
副菜用にもう一膳ご飯を用意して食べられるぐらい充実しています。ここも九十九鶏弁当の強さだと思うのですね。

予約販売で鶏のもも肉ローストもあるそうです。(ブラックセバさん情報)要予約なのでご注意を。

お休みは正月の3日だけ。営業時間は八時半から夜六時まで。駐車場もかなり広くなりました。気になった方は是非足を運んでみてください!
PR
  久々にロカーレに行ってきました。
ご存知、大盛りの店です。因みにドカ盛り・チャレンジはありません。
これはただ単に店主が大食いで、自分の基準に基づきこれぐらいが適当だと判断したものの、一般人には大盛りだった。という感じです。

社会人になってすぐの時に連れられてきたのが最初ですが、それから20年以上の月日が立ってます。いつから営業していたか聞いたことはありませんが、老舗の域ですね。
あ、そういえば最初来た時はキッチンが丸見えだったような気がします。

ハンバーググラタン 1,080円くらい(忘れました爆)

スプーン置くの忘れました。1kg位ありますね。ちな普通盛りです。
「男なら大盛りだろ?」と言われそうですが、実は2日前に痛風発作に見舞われまして…w
本来なら栄養のないものを食するべきなのですが、食欲はあるんですよね~


200gはあるハンバーグ。肉々しい! 自家製だと思われるこのハンバーグの肉厚が素晴らしいです。ここに来るとびっくりドンキーなんかびっくりしないドンキーですよ(?)

たっぷりホワイトソースに300gほどのスパゲティー。熱々のホワイトソースにスパゲティーを絡めて食べればもう天国です。

茄子とベーコンのグラタン 価格は完全に忘れました。

妻が頼んだグラタンです。これも写真だとサイズがわかりませんが、およそ女性が一人で食べるサイズではないです。

嬉しいことに以前より少し薄味になったような気がします。席についてオーダーしてからすぐに運んでくるコンソメスープは相変わらずしょっぱかったですが、これも食欲を鼓舞するいい感じの塩梅になってました。
塩分が薄くなったせいかどうか、なんだかんだであっという間に完食。ああ、大盛りにすればよかった…

こんなにメニューいるの? っていうくらいに増殖したメニュー群。ドリアもいいな! ミートスパゲティーもいいな! ああ、ピザもいいなあ~ と次も来ようと思わせるラインナップ。

相変わらずロカーレは最高でした。
 天童市役所目の前、倉津川対岸沿いにある「天麩羅 つゆ木」に行ってきました。

詳しくは天麩羅 銀座 つゆ木 天童支店 です。

詳しくは全然知りませんが、今は亡き銀座つゆ木から暖簾分けだそうです。そのご主人は75歳ほどでしょうか、元気にカウンター内で仕事をしていらっしゃるようですね。息子さんは銀座の天國で修行されたそうです。2人ご一緒に仕事をされています。

銀座の天國には一度だけ行ったことがありますが、ボリュームのあるかき揚げ丼でドッシリ重く、夕ごはんが食べられなかったのを覚えています。価格も当時で2500円ぐらいしていたような…


横ですいません、メニューです。ザギンの天麩羅屋さんの流れを汲む店の天丼が、な、なんと730円ですぜ

上天どん1,000円+大盛り100円かな?

旨そう! 

天どん730円也

子供用に解体してますが、なんとなく雰囲気はわかりますよね。

以前食べた江戸前天どん1,300円也 大盛り+100円かな?

江戸前天どんはつゆ木から暖簾分けされたタレを継ぎ足しつつ使用しているのだそうです。衛生的に大丈夫なのかな?… あ、いやいやそこじゃない! 

これ、タレが黒光りしてて今風に言えばブラック天丼ですよ! 黒い奴は三倍旨い! 
見た目のインパクトから味を想像し一口頬張りますと、拍子抜け知るほどまろやかです。あれ? う、薄い? と一瞬思った後に複雑な旨味がズぅ~んと来ます。後は下品な話ですがガツガツとノンストップでガッツイてあっという間に丼は空に。

昔のB級グルメ本に「今の東京の味は色が薄い。昔はなんというか真っ黒で下品ながらもドッシリした東京の味っていうものがあったんだ」的な事が書かれていたのを思い出しました。

実際銀座のつゆ木で食べたことは有りませんが、そのつゆ木の天丼もドス黒くずっしり重い味があったのでしょう。
その一端が山形の天童市にひっそりと生き残っているのか!
伝統を受け継ぐ職人さんのひたむきさに心を打たれた土曜の午後でした。
とんかつポプラさん、しばらく休業しておりましたが去年復活しました。

昼時にお店の前を通ると結構な数の車が駐車してあり、とんかつポプラの復活で喜んでいる人が多いのだなあ、とチラ見しておりました。

先月、ちょうど良い時間にお店の前を通ることがあり、カツカレーランチを食べてきました。

とんかつポプラ  カツカレーランチ680円也
とんかつポプラ カツカレーランチ 大きくお得なカツがどーんと乗ったボリューム満点なランチ。
カツにソースをかけてトンカツライスで食べるのもよし、カツカレーとして食べるも良しで満足感100%

変わらず大変美味しく、低価格でボリュームも満点、いいお店だなあと感じいったところだったのですが、会計時に何気に黒板を見ると 「チキン南蛮定食 700円(ランチ時680円)」 の文字が。これは是非一度食べなければ、と本日行って参りましたー

チキン南蛮定食680円也(ランチ時)
チキン南蛮 とんかつポプラ ランチタイムは680円。ご飯も大盛りでこれまたボリューム満点なランチです。何気にサラダが旨くおかわりしたいほど
あれ? チキンじゃなくて豚ロース? という見た目でしたがキチンとチキンでした。

カリカリサクサクなチキン南蛮!!
カリカリサクサクで中はジューシー。旨いんだなあ~
サラダ・ポテトサラダが名脇役のごとく旨いです。これだけでご飯が一杯食べられそう!

しかしこのチキン南蛮の写真を見て 「?」 と思った方~挙手~。 はーい。

タルタルソース、若しくはマヨネーズは? と思いました、僕は。
甘酢あんかけソースで間違いなくチキン南蛮ですし、チキンもサクサクで中シットリジューシーで申し分ないのに、第6の味覚と言われる脂味担当であるマヨネーズ系がないのです。あれ? と思い、どっかにタルタルソースが置かれていないかテーブル周りを探したりしましたがありませーん。
仕方がない、と諦めてチキンを甘酢ソースに絡め食べ続けましたが、いや、これも十分有りだな! 旨いな! と認識が段々変わっていきました。
さっぱりした甘酢ソースが効いていてご飯が進むのです。マヨネーズ系もあればやはり旨いのでしょうが、これはこれで大変さっぱりイケていいじゃないの!夏にいいじゃないの! という感じなのです。

ご飯も最初から大盛りレベルだし、サラダもシャキシャキ、ポテトサラダもきちんと旨く、お新香もすえてないし、味噌汁は旨いし、大変満足して店を出ました。

しかし、やはりちょっと気になりチキン南蛮をwikipediaで調べてみました。
そしたらなんとチキン南蛮の原型(初期)はマヨネーズ系ソースはかけられていないものだったそうです。
マヨネーズ、タルタルソースがかけられるようになったのは1970年頃だそうですよ。意外ですよね~詳しく知りたい人は調べてみてください。

という事でとんかつポプラのタルタルソースなしのチキン南蛮、元祖チキン南蛮といえる大変ありがたいものでした。

トンカツもハイレベルのものが庶民価格で食べられるとんかつポプラ、これからも末永くよろしくお願いいたします!

いや、しかし、もしかして、単にタルタルソースのかけ忘れとかじゃないよね…?
近くを通りかかったので久々にグルメプラザ アルコへ。

場所はこちら→こちらです。

ラーメンから各種丼・ピラフまで勢揃いするアルコです。

今日は奮発してエビピラフとフライセットを。
バーン! 1,250円也
グルメプラザ アルコ フライセットにエビピラフ。エビでかい
エビづくし的なランチになりました。

このエビフライは丸揚げで、頭からボリボリ食べると甲殻類特有のガリガリ感が素晴らしいのです。
エビフライの頭とか尻尾を残す人がいますが、勿体ないので僕にください。

フライはエビ・コロッケ・白身魚。これで600円は嬉しいです。エビピラフもなかなかのボリュームでお腹一杯になりました!
そもそも大盛り系なグルメプラザ アルコ。腹減ってボリュームを求める場合、素晴らしいパートナーになってくれる嬉しいお店でございます。
  • カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]