忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この時期新聞に必ず掲載される記事のひとつに『吹浦の岩ガキ』があります。

牡蠣好きの私といえど日常の忙しい中で一年中牡蠣のことを思い描いているわけでもありません。しかし、新聞記事がきっかけで思い出し、おしりがムズムズとします。(ギョウ虫ではありません。)

そんなことで今年もやって参りました。遊佐町吹浦漁港!! 

目的は岩がきですから、一目散に岩ガキが水揚げされているはずの岸壁へ。おぉ船が一杯

「あれ??」 漁船に生命反応無し・・・。どの漁船もシーンとしている。 「んー?」
ノロが出て休業?と思ったら、何のこと無い土曜日は定休日なんですと。みーんな休み。
ここまで来て手ぶらでオメオメ帰るわけにも行かない。何とかしなくては。と、強引に聞き取り調査。何事もあきらめないことが大事です。

・・・と言うことで、何とか岩ガキを分けてもらえることに。

さぁ、出発。 ビュイーンと牡蠣のもとへ。
爽快、爽快。漁に行ったわけではありません。置いてあるところまでちょっと取りにいっただけよ。

内陸人にとって海はあこがれ。

本当の吹浦の牡蠣。 貴重品。今日は運が良かった。
生牡蠣。あぁ、

鳥海山の伏流水をモロに浴びた岩牡蠣。 酒田北港付近の牡蠣と味が違うとのこと。
さっそく、いただきます。上の貝柱を切断します。細いナイフを入れると簡単に切断できます。
コツは、さっさとやること。出来るだけ上向きにナイフを挿入すること。

牡蠣の貝の色も違うし、身の色がえらい濃い。
濃厚な身が・・・

三杯酢をかけたり、レモン汁をかけたり。お好みでチュルって一口で!!
『あぁ~~亜鉛!!』って感じ・・・。いや、本当に美味い!! 海エキスありがとう!!

一人でヨガってすいません。 でもですね、夏の岩カキ、本当に美味いんです。出来るだけ新鮮な牡蠣をしつこく探して味わってみてくださいね。病み付きになりますよ~。







PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
強引って大事よねぇ・・・。 by todo0113
そうか・・・。
私に足りないのは「強引」だったか・・・。
見当たらないとオメオメと帰ってきてしまうのよね・・・。
あ~・・・。それにしても牡蠣うまそ~・・・。
夏の岩牡蠣うまいよねぇ~・・・。
そこで日本酒きゅぅ~っと一杯!
私は道の駅巡りついでに、鳥海へ行こうと思います。
ああ・・・腹減った・・・。
2007/06/19(Tue)19:06:40 EDIT TOP▲
todo様。 by babydriver
生ガキ苦手な人もいると思うんですが(私もそうでした。)夏の岩ガキの取れたては違いますね(^o^)
道の駅・鳥海は日本酒も豊富に並んでいますから岩ガキと日本酒堪能してください!!8月にはいるとカキが不味くなるって漁師さん言ってましたから、お早めに(^^)
URL 2007/06/21(Thu)06:34:11 EDIT TOP▲
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]