忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/11. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いさご食堂 場所はこちら→ここ。

ドロリとした褐色のスパイシーなカレー、そう、食堂のカレーにしてはちぇっとばっかし辛め。子供が頼んだら7/10は残すかも。でも、大人になるとお代わりしたくなる魅惑のカレーがいさご食堂のカレーなのです。

今まで大盛りを頼んだことがなかったので今回は大盛りカツカレーにしてみました。

いさご食堂のカツカレー750円+大盛り100円増し。
いさご食堂 カツカレー大盛り

食堂のカレーというと、万人向けに甘くしてしまうところが多いです。何故なら・・・
辛いとリアルに食べ続けることが出来ず、残すしか道はない人がいる一方、甘口のカレーならみんながなんとか食べられる(不満はあるモノの)という、大は小を兼ねるに似た甘口は大辛を兼ねる。という現象があるからだと思うんですよね、これが。

しかし、いさご食堂のカレーはヤヤ辛口で暫くすると又食べたくなるブラックカレーにも似た危険なカレーなのです。
カツの厚さもベスト。揚げ立てで熱々なところも素晴らしいです。
いさご食堂のカツカレー
ボリュームも満足!

そしてさらに、いさご食堂は自家製麺の手打ち中華も昔懐かしの味で旨し!なのです。
なんでも「山形ラーメン四天王」の一つらしいです。それも納得のお味でございます。

手打ち中華600円+大盛り100円也
いさご食堂の手打ち中華

冬になると暖かいモノが恋しくなります。そんな時いつもあなたのそばにいさご食堂。
(蕎麦もあるし。)
PR
山形市宮町の鳥海月山両所宮近くにあります天麩羅屋さんが安くて美味いという情報をどっかで見たことがあり、同僚に頼みちょっと買ってきて貰いました。場所はこちら→大体このへん

確か300円で天麩羅盛り合わせが買えて、持ち帰り天丼もあると言うことだったとおぼろげに記憶していましたが、実際購入してみた結果、天丼は390円・天麩羅盛り合わせが300円・大盛りは50円増し、でした。
山形市宮町の天丼屋さん。 天丼大盛り440円 (確か)
その天丼の中身が結構スゴイです。

いかげそ・イカ・鮭・カボチャ・マイタケ・なす・海老。
これだけ入った天丼が390円です。写真は大盛りなので440円ですがボリュームはかなりのもの。ズッシリとした手応えで女性は普通盛りで一杯一杯だと確信しました。
どしんと盛られた大盛り御飯に濃いめの天つゆが染み込み、天麩羅が無くても御飯だけ丸々一杯食べられそう。

油も新鮮なものを使っているようで軽い仕上がりです。野菜天と魚介天が絶妙なバランスで、そこらの800円の天丼よりも間違いなく美味しいと思いました。
年に何回か無性に食べたくなる天丼。僕は今度からここで買うことに決めました!
PM12:45。安く飯を食えるところを探して走っていました。

県庁裏の中村屋支店に念のため行ってみましたがやはり閉店中です。コハク飯店はニンニク臭いのものを頼んでしまう恐れがあるので残念ながらパスです。
次に季分屋に行ってみました。あの狭い道路にまで路駐の車が出るほどの混雑。10台は止まってたんですがキャパを完全にオーバーしてますよね、何時間待つかわからないのでパス。知金派宇州(チキンハウス)もランチをやっているようだったのですが、通り過ぎてしまったのでパス。

東原町も過ぎちゃう。と思った時、居酒屋 土佐と書かれた店の前を通過。チラッと650円ランチの文字を読み取る。ピーンときたので「ちょっとアレ行ってみる?」と同僚に確認しUターン。
場所はこちら→ここ。

裏の駐車場に駐め入店すると、明るいおばさんとカウンターに座るおじちゃんが「はいはい、どうぞどうぞどうぞ」と温かく迎えてくれました。この時僕はカウンターのおじちゃんは客だと思っていましたが、実は店主さんでした。

座敷に上がりランチメニューを見ますと、生ものから揚げ物、焼そばまであります。
居酒屋 土佐のランチメニュー

僕はカツ丼を頼んでみました。まぐろ丼も良いなと思ったのですが、マグロは酒と一緒じゃなければ食べてはならないような気がして躊躇してしまいました。

カツ丼大盛り750円(カツ丼650円+大盛り100円)
土佐のカツ丼大盛り750円

いやはや、かなりの大盛りです。飯がぎゅっギュギュッと詰められた中鉢にドシャっとカツ卵とじのブッカケが乗っています。
居酒屋土佐のランチ。カツ丼
オマケにミニラーメンとお通しのようなものが2品と漬物、味噌汁・・・650円のカツ丼はショボイのでは??と大盛りにした事をヤヤ後悔しながらカツの厚さを確認し一口。カツ丼には不釣り合いぐらいに立派な厚さ。
カツ丼の肉が厚い。
おおっ、美味い! 御飯が進む進む! 見た目はイマイチだけど絶妙な味の濃さ。肉が旨い、出汁の効いたタレも旨い!!

こちらが鶏の唐揚げ定食650円。ボリュームあります。
唐揚げ定食 650円
唐揚げも揚げ立ての大振りな奴が6個ぐらい付いて御飯が足りないぐらい。
唐揚げ大きいな。これが学生さんだと50円引きの600円って事になるんですよ。スゴイですね。
土佐のランチ 唐揚げ

650円にしては大満足なボリュームと味。居酒屋なので座敷も広くゆっくり出来ます。居酒屋なのに漫画も置いてあって暇つぶしにはもってこいでしょう。今日のランチは良いところにぶつかりラッキーでした! さらに12回来ると焼酎ボトルが一本無料になってしまうというサービス券が漏れなく付いてきます。ランチを食べて焼酎呑もうキャンペーンですよ、これは嬉しいです。

メニューをよく見ると・・・
爺ちゃんの店
この似顔絵はそっくり。しかしですね、ばあちゃんの店とか、お母さんの店、と言うキャッチフレーズは居酒屋にありがちでよく目にしますが、爺ちゃんの店って初めて聞いたような・・・なんか微妙な感じがするのは僕だけでしょうか? ランチタイムが終わったら近所の病院にリハビリをしに行くって行ってましたが(80歳ぐらいらしい)、お大事に。生涯現役の居酒屋 土佐のおじいちゃん、がんばれ~

居酒屋タイムというかそちらが本業でしょうけど、これは是非一度来てみたいでものです。
山形市にある「ろかーれ(ロカーレ)」は大盛り(ドカ盛り)で美味しいイタリアンとして有名です。
場所はこちら→ここ。

ロカーレの看板

そんな大盛りろかーれに行ってきました。

12時前に行きましたが駐車場はほぼ満車。スゴイ繁盛ぶりです。
レストラン ロカーレ 

外のメニューはほんの一部。テーブルのメニューでじっくり注文出来ます。
ろかーれのメニュー

妻は「アサリとムール貝のリゾット」 1050円
バーーーン!!              皿からソースが溢れてるんですが・・・
ろかーれのリゾット

普通盛りですが、どう見ても2~3人前です。
ろかーれのリゾット 超大盛り
サフランが香るトマトソースがほんのちょっと刺激的なソース。バレンシア風と言いますか言いませんか。貝類からの出汁がグッと来るリゾットです。

ハンバーグのグラタン 1050円
ぼーーん                  皿でかすぎ。
ろかーれのグラタン

これも250gぐらいの大型ハンバーグに150gはあるスパゲッチー。タップリのクリームソース。その上からどっしりとチーズが。ハンバーグは自家製らしく肉ニクしくてジューシーです。
濃厚で粉臭くありません。
スパゲッティーがハンバーグの下から続々湧いて出て来ます。

これは2500kcalはあるかも。 ほぼ成人男子一日分のカロリーです。僕は大学の頃、食品成分研究会に入会しようとしたことがあるくらいですから間違いありません。1点は80kcalね。

僕達が行った時はほぼ満席に近い状態でしたが、注文してから10分ほどで出されます。余程効率の良いシステムがろかーれのキッチンでは確立されているのでしょう。素晴らしいスピードです。そのお陰かお客さんの回転も速く、というか、みんな早食いでササッと食べてはササッと出て行きます。満席でもあまり待つことは無いと思います。

結果、僕が1.3皿分を食べ完食。この日はこれ以外のゴハンは食べられませんでした・・

大食いの方の頼もしい味方「ろかーれ」   食いしん坊ばんじゃい!! 
僕の愛読する漫画「酒のほそみち」の作者、ラズウェル細木さんは米沢出身です。

そして、米沢にあります有名スープカレーのお店「らぁじゃ」のオーナーはそのラズウェルさんの同級生ということで、なんでもラズウェル文庫なるものがあると言う事を新聞で知りました。ブログによりますと、非売品の杯セットも展示してあると言うではないですか!
と言う事で、一度は行ってみなければ! と思っていましたところ、高畠ワイナリーの秋の収穫祭で高畠に泊まった帰りに米沢に行くチャンスが。正直、スープカレーの味なんてはどうでも良い心境だったのですが・・・
らぁじゃ
お店の前には3台程の駐車スペースがありますが満車。近くの信金に止めさせて頂き店の前に来ると、営業は1:30まで。混むのが嫌で時間をずらして訪問する作戦が使えないお店のようです。なんでも90分1本勝負とのこと。
店内は細長い作りで、やや古風です。そしてほぼ満員。県外からのお客さんもいるようで、山形のパンフレットや旅本を持っている方がいました。そう言えば天地人ブームなんですね。
早速ラズウェル文庫前にあった空席に陣取り、本棚を眺めますと今まで書店の棚では見た事もないラズウェルさんの作品がズラズラ~と並んでいます。普段も高めの血圧がさらに1ステージ上がっちゃいます!


メニューを見ると複雑で暫し熟読しないとわかりませんでした。いえ、良い意味でですが。スープカレーが具によって3種類ぐらいあって辛さが大辛・中辛・小辛から選べます。などという簡単なものを想像していただけにちょっと戸惑いましたが、理解出来ました。
らぁじゃのメニュー
僕はラズウェル・スペシャルの空飛ぶちょろ超辛(辛さは10段階あります。それの6番目の辛さ)で、こってりはスープが完売との事であっさりスープで。後から来たお客さんは「こってりが無くなりましたのであっさりでお願いします。」と言われ「ええ~・・・残念。」と言っていたのでこってりが人気なのだと思います。

ラズウェルスペシャルは酒のほそみち25巻にらぁじゃが登場した記念スープカレーとの事で、全部盛りの具がたまらんでした。
らぁじゃのラズウェルスペシャルスープカレー

特に豚の軟骨はゼラチンがネットリと歯に絡みつく感触が堪りません。豚角煮も程良いしっとり感でカレーに合います。厚揚げ・数種類の野菜も味わい深くカレーに負けることなく素材のしっかり感を感じる事が出来ます。一言で言うと美味い!!です。
ラズウェルスペシャルスープカレー接写
ただし、1500円という価格が僕にはキツイですが・・・

妻はトンキーマのスープカレー1100円也。米沢産・天元豚の挽肉との事。カレーが嫌いな妻も美味い! と事ですっかりらぁじゃのスープカレーがお気に入りの様子です。
天元豚の挽肉カレー 
バターライス(?)のほんのりとした甘みとスパイシーなスープカレー。文庫が目的でしたがスープカレーにどっぷりはまってしまいました。

ラズウェル文庫はこちら。
詳細は行ってみてからのお楽しみ
ラズウェル細木さんの昔出した漫画などがズラリ勢揃い。酒のほそみち、つまみ道場、開店ラズウェル寿司、などの定番はもちろん、廃刊となった本なども。気になった方は是非一度実際その愛で確かめてみてくださいませ。

この徳利とおちょこセットが欲しい・・・ちょっと失敬したい一品です。
ラズウェルさんのサイン色紙と日本酒セット

色々な面で僕的には大満足でした。ただしこの日はゆっくりと文庫を見るわけにもいかない混雑具合だったので、大雪の平日にでもゆっくり行ってみたいと思いました。というか、夜に居酒屋タイムでもあれば日本酒をヤリながらじっくり読んでみたい・・・
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]