忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/11. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・・・金曜日の小雨の降る午後三時。おやつの時間です。  イエイエ、遅い昼ご飯(^^;)

朝日町宮宿にある『太郎亭』。←地図。


こんな中途半端な時間、最近のお店はほとんど「準備中」。もしくは「支度中」。
 10年ぐらい前まで山形の店のほとんどは準備中という観念がなかったような気がする。それがだんだん広がりを見せ、今ではほとんどのお店が「準備中!!」。
店の主人が疲れて夕方まで休みたい場合もあるだろう。その場合はやはり「休息中」ということになるのだろうがそんな看板は見たことがない。準備中で一まとめなんだなぁ。アルバイトなどを雇っている場合はやはりアイドルタイムのコストも馬鹿にならないから「じゃ、夜の部は5時からねぇ~」ということでコスト削減。その間お客さんが数人来ても面倒だから準備中って事で・・・。店の人がみんな家族の場合なら、そんなコストは全部込みだから家族一丸となって面倒な数人のお客さんも「ウェルカム!!」 結局、家族ぐるみの形態のお店が少なくなってきたということが準備中の一般化の背景に見え隠れする。

若干脱線してしまいましたが、準備中ではないお店「太郎亭」で、中華そばをいただくことに。

太郎亭さんに来たら「肉そば」が定番だが、近所の方のオーダーの半分が「中華そば」ということも僕は知っていた。これはいつか食べて見なきゃ。と思っていたのだ。先日の「すぎ」の件もあり、「中華そば」を注文です。

午後三時。店内は最初から最後まで僕一人。気まずいですが、心からゆっくり出来る。
「中華そば、大盛り 650円也」
チャーシュー・シナチク・なると・ねぎ・のり。超定番ラーメンです。

スープは若干濁っていますが、甘めの出汁のふんわりとしたスープ。これは美味い。
こ、この麺は・・・普通の麺です(^^;) ヤヤ縮れ系。

一日一回食べても飽きない。そんな近所の美味いラーメンのお手本のような中華。
近所の人は幸せです。うらやましい。本当に。
麺の量は標準的。僕は大盛りでちょうどでした。

肉そばも大好きですが、中華そばも大変満足。ほんの少し濃いめの味が満足感の一部。
ほんの数日経つと「また食べたいなぁ」と思ってしまうに違いない。そういえば朝日町もここ数年、新しいお店がボンボン建っている。しかし太郎亭さんは我が道を突き進んでいる。けど、お客さんは相変わらず多い。これは大変凄いことだ。

 肉そばの話になりますが、あの食い倒れやまけんさんも7月19日に山形に来ていたそうだが、山形一寸亭の薄味では物足りなく感じた。と、ブログに書いておりました。太郎亭の濃い味に慣れたからだろうか、とも。

うーん、わかる、わかる(^o^) 一寸亭ももちろん美味しいけど洗練されてきて野趣が無くなってきたというか、パンチ力が落ちたというか・・・。

そう。「太郎亭」の中華そばはパンチ力のある、昔ながらの中華そば。いつまでもこのままでいて欲しい思います。

PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]