忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[365]  [364]  [363]  [362]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [354]  [339
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月下旬、初めて「湖」湖畔で寝泊まりしました。「古竜湖キャンプ場」→ここ。
ポチさんの誕生キャンプ。という事で、遅ればせながらおめでとうございます! 

山形市成沢から花夢花夢に向かう山道を車で10分程登ると謎の天文台が見えてきます。そこを左にピュッと入って又10分程細い山道を登りますと古竜湖キャンプ場があります。
昔は子供会のキャンプなどで盛大に使われたと思われるキャンプ場で、夏休みの思い出をこちらで作られた方も多い事でしょう。・・・時代は移ろい、今ではすっかり寂れている感じがとても素敵なキャンプ場です。

夜飯BBQ食材調達係に任命された僕は、8人分で8000円予算で食材を調達致しました。焼き鳥なども出来合は高く付くのでレバー・砂肝・正肉から切って貰い、禿生さんの奥さんやなおなおさんら串職人から刺して貰って安く済ませる事が出来ました。
焼き鳥製造中

砂肝と正肉焼き鳥。1本がかなり長いです。
やきとり

バンガローの縁に日よけテントを設営し終わる頃には汗だくです。
湖畔のバンガロー
映画に良く出てくるバンガローみたいです。
大抵、独り者の主人公が夜寝ていると、特殊部隊みたいなのから一斉に銃弾を浴びせかけられるのが定番です。映画の主人公はその大ピンチをササッとくぐり抜けますが、うちら飲んだくれは全員OUT!!間違いなしですね。
赤いTシャツがヤケに目立つ禿生さん

汗をかいた後のビールに勝る快感はなかなかありません。凄いカンカン照りで滝のような汗をかきました。
片手ビールの似合う男

焼き鳥・ホルモン・カルビ・豚バラ・・・どんどん焼いてどんどんビールを呑みました。
古竜湖キャンプ場にて焼き鳥

キャンプの主人公は早速沼で遊んでいました。で、すぐ沈没しました・・・
ポチさんIN沼

びっくりする程冷たい湧き水で冷やす野菜の旨い事!! 日本の夏、ここにあり。
夏野菜。
何故シシトウが冷やされいるのか? 謎です。

あっ。
たちしょんたろう

焼トマト、んまい。
炭火焼トマト。濃厚な味わい

3~4時間呑んだ後、ポチさんに続き禿生さんも沈没。
撃沈する禿生さん。

で、6時を廻った辺りから雨が降って参りました! でも、起きない禿生さん。沼の雨しぶきに注目です。
何か嫉妬するぐらい良い感じに寝ています。
みんな知らんぷりで放置されていました。

ここから第二弾の宴会です。(雨が降ったお陰で)
何か微妙な感じですが、宴会です。

小雨になってから花火して、ホヤの塩辛で日本酒呑んで・・・ その禿生家自家製ホヤの塩辛の旨い事美味い事!! 今思いだしてもよだれが・・・・


 昼から呑んでいたので11時頃にはみんな静かになっていました。が、一人バンガロー内で寝ていた禿生さん、なんだかゴソゴソと音をたてています。僕は何事か?と思ってちょっと覗いてみました。すると、禿生さんが寝ながらジーパンを足で器用に脱いでいる途中でした。「あ~、寝にくいんだろうなぁ・・・しかし、器用だな。」とテーブルに戻り一人で酒を呑んでいると、バンガローから禿生さんが起きてきました。もちろんパンツ一丁! 

「ぼ、ぼ、ぼくのじーぱんが無いよ・・・ないよ・・・」 

「え~・・・今、自分で脱いでましたよ。」

「じーばん・・・どこ?」

・・・どうやら僕の声は届かないようです。
それから、黒ブリーフ派の禿生さんと、トランクス派の僕とで論争になりましたが、禿生さんが沼に向かって叫び出したので、奥様によって再びバンガローに引き戻されました。僕もそこから記憶がありませんが、気が付くとムシッとしたバンガロー内で、すっかり明るくなっていました。ポチさんはセッセと後かたづけをしています。今日も仕事だという事でポチさんは帰っていきました。

残り物が大量に出たので、強引にお好み焼きを作り朝食としました。
広島風お好み焼きモドキ

古竜湖キャンプ場は原則AM10:00撤収。みんなでダーーッと片付けし、撤収。夏の楽しいキャンプが終わりました。



(その後)
帰りに成沢のコンビニで飲み物を買おうとして僕のウエストポーチがない事に気が付きました。荷物をひっくり返して探しましたがありません。仕方なく疲れた体と精神にムチ打ってもう一度古竜湖キャンプ場に戻り、バンガロー内を点検すると、入口の棚に置いてありました。あまりに暗いので、点検したはずなのに見落としていたのです。人が殆どいないキャンプ場だったから良かった物の・・・ね。  
これを教訓にしていればこの一週間後にバックを落としたりしないはずなのですが、なんか書いてて自分のアホさ加減にヒクヒクしちゃいます・・・
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題 by アイパパ
三本木沼やあらあら坂の側のキャンプ場なんですねホヤの塩辛、レシピを是非ご伝授して頂きたい。
2009/08/10(Mon)20:09:16 EDIT TOP▲
無題 by Dr.お気楽
土曜日はお疲れ様でした。
飲み会のコメントは一先ず控えます(笑

古竜湖キャンプ場は一度行ってみようと思っているのですが、皆さん届を出してキャンプしてるんでしょうか?もちろんバンガローは届けてると思うんですが・・・全部無料?
それと、混んでます?
URL 2009/08/10(Mon)22:41:30 EDIT TOP▲
無題 by 禿生
調理係おつかれさまでした!いや〜おかげで、ボクも妻もとても楽できた…って言い方はアレですが、今までは買い出しから調理・会費集め全部我々がやってたんで、ほんと助かりました。またの機会も是非よろしくお願い致します。しかし、放尿バックショットとは!

>Dr.お気楽様
古竜湖キャンプ場は、市役所に電話予約すると許可証が郵送されてきます。全部無料ですが、寝具等一切備え付けはありませんし、バンがローも古いので正直汚い…です…でも、調理場はキレイ!汚いので混んでないです。このキャンプは夏休み入って最初の土曜日だったにも関わらず、我々以外の利用者は2組?3組?でしたね。横レス失礼
2009/08/11(Tue)10:32:25 EDIT TOP▲
無題 by babydriver
>アイパパさま
だから三本木って名前のバンガローなんですね。周りに何個か沼がありました。
その時しつこく何回も聞いた割にはレシピを失念してしまいました。ホヤの中の水を使うと美味くなるらしいです。あ~、又よだれが・・・

>Dr.お気楽さま
大変お世話になりました! しかし、え~と、あまり記憶があるような無いような・・・あのお店、タイムマシーンで行ったお店じゃないですよね。。
古竜湖キャンプ場、禿生さんの説明のとおりでございます。

>禿生さま
あの日だけ梅雨明けしていたのでは?と思います。鋭く汗をかいて呑むビール、本当に美味かったです! そう言えば、久々に根性の座っている線香花火に感動しました。
今度は河原で芋煮会しませんか。
2009/08/11(Tue)21:13:29 EDIT TOP▲
有難うございます。 by Dr.お気楽
>禿生さん

初めまして。
情報有難うございます。近場なので気になっていたのですが、予約を入れるのが面倒でまだ行った事がないんです。
空いていてバンガローも無料なら、今度行ってみようと思います。

禿生さんの爆睡(酔)ぶり、あっぱれです(笑
URL 2009/08/11(Tue)22:53:43 EDIT TOP▲
無題 by ゆきと
先日はありがとうございました
某サイトでメッセしましたがリンク追加させていただきました
URL 2009/08/12(Wed)15:35:12 EDIT TOP▲
ゆきとさま by babydriver
どうもありがとうございました。
僕もリンク張らせて頂きました。
2009/08/14(Fri)09:02:53 EDIT TOP▲
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]