忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天童市から山形市へ向かうバイパスを南進しますと王将タワーから少し行った所に「天才でぶや」というお店が出来ておりました。ここは、食事処からたい焼き屋になってそれから暫らく空き店舗でした。

肉そばって看板が出ていたので、多分肉そばをメインにしているお店だと思います。
場所はこちら→ここ。
よく見ると唐揚げの文字も。
グッとくるネーミングで惹きつけられる人もいるでしょうね。元祖!でぶやとカブっている感じは否定できませんが…

壁に貼ってあるメニュー。
完全手書きで丁寧です。

オーソドックスに肉そばを頼んでみました。600円也
肉そばにワカメは初体験のような? 違うかな…
美味しそうですね。鶏肉は炙ってあるらしいですが、薄切りなので確認できません。ワカメが入っているのにはちょっとびっくり。僕の記憶で谷地系の肉そばにわかめ入りの記憶は… ないかな…

蕎麦は一般的な感じです。味も普通においしい。
天才でぶやの肉そば

わかった。あれです。ワカメが入ることによってドライブインの立ち食いそばに似てしまったんですね。鶏肉も若鶏のモモ肉でボリュームもそこそこなので男の方は大盛りがおすすめです。

オープンしてすぐのためまだ不慣れな感じがしましたけど、もう少したってから機会があればまた訪問してみたいです。丼物がどうなのか気になるところ。あとラーメンも気になります。

店の名前からすると店主がデブなんじゃないの? と思っている方も居られると思いますが、僕がパッと見たところ店主の方はデブではありませんでした。
うーん。デブに来て欲しい店なのかな…ちょっとわかりませんね。
PR
村山市大久保にあります 「いろは 平野店」 場所はこちら→ここ。

以前は旧道の方にあったんですが、道が新しくなったときに移転しました。

…と、思っていたんですが、場所は変りなく新しい道のほうを向いて立て替えたようです。昔から駐車場が広かったんで新しい道路が出来る時に引っかかったんですね。

昔ディーラーに勤めていた時にこのエリア担当だったんで何回か来たことがありましたが、それからもう15年ぐらい訪問してなかったのでかなり久しぶりです。

昔の印象としては結構しょっぱい系で 「いろは系」 の中でも一番しょっぱいと感じていました。癖になるしょっぱさというか、朝日町の太郎亭よりもしょっぱ旨い感じというと理解できる人は理解できるかもしれません。

いろは 平野店 肉そば大盛り 650円+200円=850円! 
 いろは平野店 肉そば 大盛り

何が大盛りなの? 馬鹿なの? って言われそうですので側面から御覧ください
いろは 平野店 肉そば大盛りでーす

あ…なんか上手く伝わりませんが、大きめの器なんです。箸と比べたほうがいいかな。
いろは平野店の肉そば大盛りですが、なんか上手く伝わりませんね。
少し伝わりましたか? 

と言うことで、大盛り200円増しの価格設定はどうなのよ? って思っていましたが、蕎麦が約二倍になるので致し方ないような気もしますけど、そんなに多くはない感じも否めないところではありまして、これなら普通盛りでもいいかな~と思いつついただきます。

蕎麦はこれぞ肉そばって感じの蕎麦です。ザラザラ系で美味しいです。
いろは平野店の肉そばの蕎麦

昔よりも間違い無く鶏油が少なくなっています。昔は一面黄色い油が浮いていたんですが、高齢の方には不評だったんだろうと想像。
しょっぱさも控えめに感じました。ある意味丁度いい塩梅なんですが、こうなんていうか、いろは はしょっぱいのがいいんだよなぁ…て言う人には物足りなく感じるかもしれませんね。

でも、久しぶりに頂いたいろは平野店の肉そば、美味しかったです。お昼時に近くを通ることがあればまた行きたいと思っていますが、大盛り追加料金は150円までにしてくれれば更に嬉しい感じでございます。
嶋地区に新しく出来た谷地の肉そばを売りにしている店に行ってみました。

と、いってももう一ヶ月前ぐらい前ですが。

場所はこちら→ここ。  水曜日定休日。AM11:00~PM20:00。

店内にはいると、まだちょっとぎこちないというかクール (冷たい肉そばが売りなだけに) な対応をしてくれる女性から席の指示を受け着席。
スタンダードに肉そばの冷たいやつ、650円を注文してみました。

肉そば650円
ひろ の肉そば

スープは透明に近く、まさに肉そばの色合いです。
ひろ 肉そば スープが透明 

スープの色は、あおばさんよりも薄く、一庵さんよりも濃い感じ。鶏肉は親鳥といってもそんなにババ鶏という事もなく、どちらかというと若鶏に近いお肉のように見受けられます。たぶん、あまりに固いコリコリ肉だとお客さんから受けが良くないのかもしれません。

まずスープを一口。 確かに谷地の肉そばの味です。鶏肉を一口。鶏肉に強い味は付いていません。コリコリ肉を食べ慣れているとこのあたりは淋しい感じがします。

美味しいのですが、肉そばの命である鶏出汁がもうちょっと強いとさらに嬉しいと感じました。あくまで僕の主観なのですが、どんぶりごと持ち上げてスープを全部飲みたい!! と思わせるコクがありません・・・

とはいえ、普通盛りでも結構ボリュームがあるのでCPは間違いなく良いです。
会社からも近いので、もう少ししたら又食べに行こうと思っています。
山形市南栄町に数ヶ月前にオープンした『つる福』
谷地の肉そばを出すお店のようなのでいっちょトライしてみましたッ(一寸前の話ですが)

場所はここ→ここ。

メニューを見ると価格は普通です。
つる福 メニュー

肉そばのお店という事と今回が初めてという事を踏まえれば、注文はもちろん「肉そば」というのがセオリー。しかし、口から出た言葉は何故か「肉中華お願いします!」

うーん・・・自分からしても珍しい。何故に肉中華なのか?滅多に頼まないのに。

同行者は鳥そばを注文。これまた一捻り。

肉中華600円+大盛100円=700円也
つる福の肉中華
肉中華拙者
肉そばのそばがラーメンになったものです。親鶏と若鶏から出汁をとっているのかな? スープはザ・普通。麺の匂いが一寸気になりました。
半分ほど食べてから無料のあげ玉を頂き、投入。これで鳥中華に近くなりました。僕の好みから言うとあげ玉を入れた方が好みで、さらにコショウも入れた方がそれらしい感じになります。しかし、あげ玉、漬物が食べ放題というのは嬉しいですね! 

鳥そば700円+大盛100円=800円也
鳥そば大盛800円 つる福
つる福の鳥そば
スープを一口貰いました。ザ・ごぼう味。
肉そばと違って鳥そばは具が豪華になりますが、具によってはあらぬ方向へと・・・この辺は気になる人もいれば気にならない人もいるので賛否両論かと思います。が、鳥の味より完全にゴボウ味が勝っている場合、ネーミングはゴボウ蕎麦の方がいいような・・・

店内は綺麗で店員さんも愛想よくニコニコー。混んでいてもさっとさっと客さばきが出来ているようですごいなと思います。読むものもあるしとても気分のよいお店でした。

定番の肉そばを食べていないのでなんとも言えないのですが、肉中華はスープの味が万人向けに上手くまとめました的な優等生チックで、これはもちろんこれで美味しいのですが、もう一癖あった方がお客さん付くのかなってすごく上から目線でいっちゃいましたがそんな感じがしました。
とにかく肉そばを近いうちに食べに行きたいと思っているところです。

肉そばの美味しいお店の定番、太郎亭にて特盛りを食べてみました。

肉そば好きなアイクラさんも紹介しております。この記事です。

太郎亭の肉そば特盛り1100円也
太郎亭の肉そば 特盛り

写真で見るとごく普通ですが、ドンブリが大きいです。
側面から見るとこんな感じです。
太郎亭 肉そば特盛り側面図
うーん。よくわかりませんか。

蕎麦の量的には普通盛りの2倍ぐらいのようです。普通盛りは650円。2倍にすると1300円。普通盛り2杯食べるなら特盛食べた方が200円お得ってことでしょうか。ちなみに大盛は100円アップの750円です。

肉そば
肉そばにベストマッチな蕎麦は相変わらず美味いです。出汁も程よく濃くうーん、美味い。

太郎亭肉そば特盛り初挑戦は汁まで完飲。満足でした!

  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]