忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[346]  [341]  [345]  [342]  [344]  [343]  [340]  [338]  [337]  [336]  [335
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日の夜、焼酎の呑み方に関してちょっとうれしい発見をしました。
うれしいのと悲しいのとほぼ同時に体験したのですが、良いお店だったので自己中心的に書かせてもらいます。
何がうれしかったのか?いきなり書いても酒飲みな おっちゃんとか、今世間で静かなブームになっている「沼ガール」の皆さんぐらいしか理解出来ない恐れがあるので前置きにちょっと説明します。

僕は最近酎ハイに凝っています。焼酎と言えば目下「乙類」がブームですが(芋とかゴマとか麦とか)僕が今目覚め始めているのが「下町酎ハイ系」でいわゆる安酒の代表格「焼酎甲類」です。いや、乙類の風味がある焼酎ももちろん愛飲していますが、甲類の気取らない、安くて美味い呑み方に興味が湧いてきているのです。
具体的にどんな感じかというと、東京に行くと駅のガード下や下町の商店街の隅っこにある小さい立ち飲み屋でおっちゃん達が楽しそうにビールのジョッキや、ヤヤ小さめのグラスを傾けたりしていますよね? その小さめのコップに入れられた焼酎の割り方や呑み方に惹かれているのです。
う~ん、わかりづらい話ですね。

で、土曜日の夜なのですが禿生さん達の飲み会に参加させて頂きました。
場所は七日町の「にこみや」です。僕はこのお店初めてなのですが、店内にはいるとちゃぶ台が置いてあり、昭和の佇まいがさりげなく演出されている小さいながらも雰囲気の良いお店でした。BGMは70年代のフォーク、ニューミュージックです。常連さんとおぼしき人達は「大瀧詠一」とか「ハッピーエンド」がどうのこうのと議論しています。

最初のうちは普通にビール中瓶キリン・クラシックで(キリン・サッポロ・アサヒの3種類が置いてあるみたい。これも店の規模からするとあり得ない)、次に禿生さんが頼んだのは日本酒の燗酒です。僕も便乗しました。Tシャツでもヤヤ暑いと感じる陽気の中で頼む燗酒。それをマスターは制止する事もなくチロリで共してくれました。もちろんもっきりで。お店の個性がちょっとのぞけた一瞬です。
酒
さらに「ん?」と思ったのが禿生さんの奥さんがマスターに頼んだ「今日は20で。」っていう注文。
「20? 20って何だ?」と何も知らない僕はハテナマークが脳味噌にピコンと付いていたのですが・・・

こんなのが運ばれて来て「はっ!!」としました。
焼酎 にこみや
この無骨なグラス(7分グラスというのかな?)に並々と注がれた爽20°焼酎。その横に醤油差しに入れられたピンクのシロップ! もしや、これが下町の一杯飲み屋で言われている「梅割り」若しくは「梅」と言われる呑み方か?
「梅割り」
この焼酎の呑み方は、戦後質の悪い焼酎を何とかうまく呑む為に東京下町で考え出されたそうです。本場の梅割りは呑んだ事ありませんが、機会を作り下町で呑んでみたいと思っていたのです。

・・・禿生さんの奥さんは手早くシロップをトクトクトク・・・と20滴程グラスに投入。焼酎爽20°はカンパリを思わせる綺麗な薄ピンク色に。

聞いてみると、このピンク色の液体は間違いなくシロップで、匂いをかいでみると、梅というか・・・何かと似ていると思ったけどもう記憶が・・・、極めて人工的だけどなんかなつかしい感じ。あ、思い出した。「のし梅」 佐藤屋ののし梅の香り。 でもほんのり香る程度。
確か下町の梅割は出される時に既に梅シロップ(テンバ)が投入されていたはずで、、自分でグラスに注ぐスタイルではないはず。色もハチミツ色っぽい感じなはず。でも、にこみやさんのこのスタイルはは本場のそれとはちょっと違うようだけど、僕のノンベイ心を「ギュッ」としたのです。

当然の事ながら、僕も次の注文はこの「20°」で。シロップを少し入れて味をみてみると、ほーんのちょっとしか味がしなくて、その後けっこうな量のシロップを投入。いや~、う・ま・い!! もちろんアルコール度数は18°くらいなので強いですが、かなりのハイペースで呑めるのです。ノドが弱い僕としてはチェイサーも欲しいような気がしましたがそんな野暮な事は言いません。
しかし、これは美味い呑み方です。山形でこういう呑ませ方をしているお店が他にもあるのかも知れませんが、僕は初めてです。又呑みに来たい! と強烈に思いました。体調に合わせて20°か25°が選べるようですが、まあ、どっちにしろ3杯も呑んだらフラフラになりそうですけど。
これが僕にとってうれしい事だったのですが、同時に残念な事も判明しました。

このシロップが製造会社の都合で、もう手に入らなくなるという事らしいのです・・
在庫のシロップが無くなったら、もうこの飲み物はメニューから無くなるかもしれないらしいです。せっかく巡り会えたのに、非常に残念です! 
という事で、山形のにこみや。シロップが無くなる前に是非又行かなくてはなりません。本当に残念です。
いや待てよ。にこみやでテンバの梅シロップを仕入れてくれれば? 無理かな? 無理だろうな・・・

このエントリーを見て「是非呑みたい。」と思った方は早く呑みに行った方がよいと思います。

追記。本日、シロップの製造元さんの前を通ってみましたが閉まっていました。普通に閉店というレベルではない閉まりっぷりです。シロップの入手はどうやら本格的に難しそうです。

PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題 by アイパパ
こんにちは。
こちらの下町では絶大な人気を誇る「キンミヤ」焼酎に「梅シロップ」。立石の「宇ち多”」や北千住の「大はし」の定番ですが、実に旨く、実に効きます。なので3杯までと制限しているお店も多いですよ。
2009/06/22(Mon)18:29:48 EDIT TOP▲
無題 by Dr.お気楽
松戸にいた頃にこんなお店がありました。
松戸(北松戸)には競輪場が有るので、いかにものおっちゃん達がたくさんいます。その人達が一杯引っ掛ける店です。
焼き鳥1本50円、ヤッコ1丁50円、酎ハイ1杯150円・・・やっぱりココにも同じような梅シロップが置いてあり、2000円も飲めばもうベロベロ。
道沿いの氷の冷蔵庫の上にグラスを置き、後輩に絡みながら立ち飲みしたのが懐かしいです。
URL 2009/06/22(Mon)21:21:23 EDIT TOP▲
ヤバイヨ!ヤバイヨ! by アイクラ
今週の木曜日に健康診断なんですよ。
で、昨日飲み収めして今週は禁酒しようかな~なんて誓った本日の午後にこれだ。
アイパパさんのブログもヤバイし~。
・・・
は~い、もう飲んじゃいましたよ大五郎さん♪
おかげさまで人のせいにして美味い酒が今日も飲めましたノシ

しかしいくら20°とはいえ原液にシロップのみじゃキツそうですね。
でも梅干割りやサワーとは一味も二味も違うデビル色の酒、美味そうっす(溜息)。
URL 2009/06/22(Mon)23:03:47 EDIT TOP▲
無題 by babydriver
>アイパパさま
宇ち多”は是非一度行ってみたいお店です! ずいぶん混んでいるお店らしいですね。立ち食いの栄寿司も一度行ってみたいです。お近くに住むアイパパさんが羨ましい~
キンミヤはネットで取り寄せる事も出来るようですが、やはり本場で呑んでみたいものです。

>Dr.お気楽さま
競馬・競輪場の場外にはよさげなお店が集まっているそうですね。その価格で2000円なら泥酔するまで呑めるのは間違いなさそうで、ある意味怖いですよ~。しかし、山形で外にビールの空きケースなんかを置いて立ち飲みさせるところは見た事がありませんが、あったら結構繁盛しそうな予感がしませんか? 車通勤が殆どの山形では難しいでしょうけど・・

>アイクラさま
僕は昨日休肝日キチンと取りましたよ。金・土・日と続けざまかなり呑んだのでちょっと疲れてですけど。昨日は酒のほそ道25巻を買ったので絶対呑んじゃうだろうな。と思いましたが、奇跡的に呑みませんでした。休肝頑張りましょう!
ちなみに、この焼酎はぐいぐいといけました。色がキチンと写ってないですが、イイ色なんですよ~
2009/06/23(Tue)08:29:51 EDIT TOP▲
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]