忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに温泉旅館に一泊してきました。由良温泉、ホテル八乙女です。

高校時代の部活仲間4人一部屋でしたので、高校時代の超辛い合宿を思い出してしまう、そんな旅行でしたけど、楽しかったです。

 去年の忘年会で、もう中年なんだから温泉に一泊してゆっくり忘年会しようず。という感じで決まったのですが、場所はどこでいいということになり、天童温泉、東根温泉、かみのやま温泉などスゴイ近場候補が上がったのですが、ちょw待て待て、せっかくだから海の幸豊富な庄内にしようと私が独断と偏見で決めました。じゃらんの口コミもチラリと見ましたが、なかなかイイ口コミでした。

15時チェックインを目指し出発。米の粉の滝ドライブインで昼飯・ビールなどいただいているうちに時は過ぎ、15時30分チェックイン。

今回泊まった部屋は5階。オーシャンビューです。
 
雨時々晴れの微妙な天気でしたが、冬の日本海の厳しさはなく、どちらかというと穏やかでしたね。この岩の周辺を八乙女浦というのだそうですよ。
さあ、温泉ホテルなんだからガンガン入らなきゃっ損損。ということで僕は速攻で温泉に。

まずは7階露天風呂。日本海を一望。東北の江ノ島と言われる白山島もバッチリ見えます。

先客もいず、貸し切り状態です。最高!
因みに白山島は2000万年前に形つくられたそうですよ。
1万年前でもわけ分からないのにその2000倍昔って、人間なんてララんラ~。。。

見えそうで見えない夕日を見ながら至高の時を過ごしていると、皆がやってきました。なんだかんだ言っても皆温泉が好きなんですね。

風呂から上がっておみやげ屋でつまみとビールを買って、と絵に描いたような中年オヤジですが、やっぱり風呂あがりのビールは最高でした。

食事は大漁膳というもので部屋出しです。部屋で食事だと気楽でいいですよね。キリン一番絞りが一人一本つくのも嬉しかったです。

この写真の他に寿司、牛肉ミニステーキなどが出てきました。少しずつですがかなりの品数です。〆の米がなかったのが残念ですが、8時ぐらいになるとラーメン屋もオープンするらしいので
〆はそちらでということですかね。

夕食が6時からだったので7時過ぎには食べ終わり、すかさず温泉へ。(俺だけ)
皆腹一杯で動けないとか言ってましたが、僕は腹八分目でした(笑)

ホテル八乙女には3つの温泉があり、7階露天風呂、3階大浴場が2個、その1つはサウナ付きです。この日、300人近く宿泊していましたけど大抵の人が7時過ぎは大宴会タイムですから、浴場には人っ子一人いませんでした。20分づつ位入ってサウナ含め3つの温泉制覇しました。

湯上り後、またまたビールで乾杯し、10時前でしたが〆のラーメンを食べに行くことに。みんなはまだ腹一杯で入らねぇとか言ってましたが…

旅館ラーメンマジックとでも言いましょうか、一口食えるかどうかなどと言っていた奴も完食です。味の方はまあ、昔ながらの中華そばにアゴ出汁がほんの少し香り、思わず醤油を足したくなるバリバリの薄味でしたが、健康のためにはこれぐらいがいいのかもしれません。

腹をさすりながら部屋に戻り、またまた酒を飲み話をしているうちに寝てしまいました。

…ふと目が覚めウォークマンを見ると午前3時。シーーンと静まり返った薄暗い部屋を見渡すと椅子に誰かが座っています。「うわっ! 出た!」 
…お化けじゃなく、早く目が覚めた友達でした。中年オヤジあるあるです。

やること無いので温泉へ。

朝6時。皆起きだしテレビを見ていると、腹減った!メシまだ? と言っている奴がいます。〆のラーメンは一口も入らないと言いつつ完食しちゃったオヤジさんです。
朝食はバイキングで7時からですが、少しフライングして6時50分頃行きました。もう食べてる人がいる(笑)

品数豊富でアレ?っていうぐらい美味しい朝食です。刺し身からパン、スパゲッティ、グラタン、蕎麦まで。今までの旅館やホテルの中では一番かも。

ほんの一部ですが。こんな感じ。いや、本当においしかったです。

朝食後一寝入りしてジャパンカップの予想して10時チェックアウト。これで一人15,000円でした。大満足です。

目の前の砂浜に散歩に行くと、実は昨日から知っていましたが打ち上げられたイワシが沢山いました。
 
何万匹いることやら。

ウミネコがお腹の部分だけ食べていってます。ああ勿体無い。時間があれば拾って煮干しにするのに…

帰り道、庄内おばこの里「こまぎ」へ行き、昼食とおみやげを買いました。

友達が食べた名物? 由良丼。最初自分もこれにしようかと思いましたが、しなくて良かったですw

イカと牡蠣の卵とじです。930円?

僕ともう一人はラーメン。

昨日食べたラーメンがあまりにも薄く、どうしてもリベンジしたかったのです。やはり薄味でしたがアゴ出汁が効いてました。750円。

もう一人は海鮮丼。写真なし。普通だそうです爆

無事皆を送り届け無事今年の忘年会は終了。来年は秋保あたりにいきたいと思います(俺が)
PR

先日、東田川郡三川町にあります「丸喜製麺所」に見学に行ってきました。

「趣味の製麺」という本を出版している玉置さん (製麺機、回してる?)  (メインサイト私的標本) が仕事の製麺を見るというので、私も付いて行った次第です。玉置さんと丸喜製麺所三代目は同窓生ということでした。


そうそう、その玉置さんが出版した「趣味の製麺 VOL1「趣味の製麺 VOL2」只今絶賛発売中です! この本のデザイン素晴らしいでしょ? デザインはなんとあの禿生氏ですよ! 私も数ページ執筆しておりますので是非とも購入してくださいm(__)m
 
本題に戻ります。
見学と言っても詳細はわからず、一時間ぐらいの製麺所見学かな? と思っていましたが3時間以上になり、とてもためになる見学でした。丸喜製麺所さんご家族には感謝感謝です。
 
 
 
 丸喜製麺所さんに到着すると、玉置家族はまだ到着しておらず、到着までその辺を散歩しました。裏手に出てみると赤い大きな橋がありました。

なんか見たことあるような橋だな・・・と考えていると、だんだん記憶が蘇ってきました。 
大学時代、毎週のように通過していた道じゃん。20数年の時を越え、目の前に現れた思い出の道にボーっと追憶しておりますと玉置家族が到着しました。

早速工場見学と思いきや、茶の間に導かれお茶を飲みながら二代目社長、三代目若旦那直々に製麺所の歴史、販売網、製造品目等々の説明があり、試食などもせさていただきました。

ホントの製麺所で食べる中華そば。讃岐うどんもこういう形態が多いと聞きますね。ホッとする庄内魚だし系中華そばです。このまま中華そば屋さんもやればいいのに。

庄内名物麦きり。激ウマっす! 下の携帯と大きさを見比べると(笑)

その後、実際の製麺を見せていただけることに。今回は25kgの中華麺でした。

水回し。企業秘密でしょ?それ。とツッコミたくなる丁寧な説明をしていただきました(笑)

水の温度管理、ニーダーの回転数など、なるほどということばかり。我々素人製麺マンにとってはためになることばかりでした。

いよいよ麺帯作り。 

オーソドックスにローラーにバラ掛けして・・・ですが、あれ? なんで生地を入れる所が2つに分かれてんだ? 

と思ったら、ここで2つのローラーでバラ掛けし、もう一つ下にあるローラーで即1つの麺帯にするんですね。さすがプロの製麺機。乾麺を上手く作る為らしいです。

製麺をしたことがない人は「は? 何言ってんだこいつ?」と思われていると思うので説明いたします。

街中にある多くのラーメン屋の製麺機は1つのミキサーと1つのローラーだけしかありません。ミキサーで水回しした生地は一塊ではなく直径1cm程の小さい団子状になってます。これを直接ローラーに投入し伸ばし麺帯にします。これをバラ掛けといいます① この麺帯を半分の長さで分け、その2つになった麺帯を重なり合わせてもう一度ローラーに通し一枚の麺帯にします。これを複合麺帯といいます② 

①と②の工程が一度に出来てしまうとはスゴイ! でしょ? ですよね? 

え~と、出来上がった麺帯はすべすべ艶々です。


麺帯を休ませ、圧延して切刃に通します。

はい出来上がり! 寝かせた麺帯から麺ができるまでは本当にあっという間です。この麺帯から麺になる所がなんとも言えず楽しくワクワクしますね。

出来たての麺。このまま食べてもイキイキしていて美味しいよ!

プロの製麺、初めて拝見させていただきました。僕達アマチュア製麺家としては勉強になることが多く、製麺の階段をだいぶ登ったような気がします。

丸喜製麺所さん、大量生産でイケイケーな製麺所ではありませんが、地域に愛され密着し伝統的商品をコツコツ手作りしている感じがほのぼのして心温まる製麺所さんでした。乾麺も数種類販売しておりまして、中でも多加水で作る乾麺は伸びにくくひっぱりうどんに最適でした。皆さんも機会があれば是非購入して食してみてくださいね。通信販売もしています!

帰り道、加茂の港にて。綺麗な夕焼けでした。


重ねてになりますが「趣味の製麺VOL1 VOL2」は上山市ビッグバンにて販売中です!

なんか予感がして行ってみたら、あらら、解体してました。


解体4日目だそうです。


管理棟付近から


分厚いコンクリートですね。


真ん中辺り


高速ろ過器が変な場所に。

ガマプールが・・・

跡形もなくなりましたね。

ガマの置物は保存するらしいです。ブルーシートにくるまれていました。
 


あのへんに白鳥家族がいたんた 

見事に壊されておりました、東根市民プール。壊された分厚いコンクリート。あの上で俺達は遊んでいたんだな。
地域密着型記事ですいません。
長沢キヨノ商店は、東根市営団中通りにありました。所謂10円店兼コンビニチックな店で、ちょっとした洗剤や缶詰なども販売していました。
 
 
当時、この店を知っている小学生は極少数だったと思います。なにせ場所が悪い。周りは果樹園で民家は200mおきにポツポツ状態です。街の中心部まで2km以上離れているのは致命傷です。

 僕がこの店に初めて来たのは4年生の夏休み、暑い日の夕方でした。近所に2年上でガタイが大きく非常識な不良がいて、名前をT葉といいましたwが、何故か気に入られて連れ回され、この店もそのT葉くんから連れられてきました。普段からT葉くんはあらゆる手段(小学生とは思えないエグいことをしてました)で同級生にお金をタカっており、金持ちでした。脇で見ていたのでわかります(笑) 僕はこの店で、恐らく同級生から巻き上げたであろうお金でファンタを奢ってもらいました。どうもすいません。



子供心にああ、こういう奴とはマシで付き合っちゃいけないと常々思っていたのと、T葉くんと僕との間でも一悶着あり、それから付き合がなくなりましたが、暇な時はあえて近くの「さかみせ」「かどみせ」には行かず、この長沢キヨノ商店まで行ってアイスを食べました。

長沢キヨノ商店、恐らく1995年ぐらいまでは営業していたと思います。


店の脇にオールドの空き瓶が落ちていました。最近見ませんね、オールド。


この空き缶は最近捨てられたのか、プルタブです。
 

店の側面 

長沢キヨノさんはもう住んでいないようです。30数年前ですでにおばあちゃんの風情でしたからねえ。

昭和50年代、神町にはここも含め3軒の10円店がありましたが、現在生き残っている店はありません。まもなく取り壊されそうな感じですので記録として残しておきたいと思います。
昭和43年に建築された神町にあります東根市市民プールが2014年8月20日をもって閉鎖されました。

 
25mプールと若木山


48年間、東根市民 (場所柄、神町の人間以外使いづらかったと思う) の夏を盛り上げたプールがなくなるという噂を聞き、最後に写真だけでも撮りたいと思い行ってきました。

 私は昭和45年生まれですから物心ついた時にはすでにこのプールがありまして、まあ、小学4年まで泳げませんでしたから、プールというととてつもなく憂鬱になったのを今でも覚えています。
 
ここにゴザを敷いて休みました。奥に見えるのが若木山です。


 小学生に上がった当時、昭和52年ぐらいですが神町小学校にはプールがなく、夏、体育の時間になると小学校から市民プールまでぞろぞろと歩いて行きました。小学2年生までは通称「ガマプール」と呼ばれる水深40センチのプール、3年生からは通常のプールで授業をしていました。

真ん中の四角い切り貼りされた場所にタコさんがありました。
 

 ガマプールにはタコのオブジェもあったんですが、登って落ちると危ないからという理由で撤去。小さい時はみんな登ってましたけどね。過保護ですな。
 

立派なガマです。今まで何度も塗り替えられて来たんでしょうね

メインのオブジェ、親子ガマにはさすがに登れませんからこちらは撤去を免れたようです。実際は登ろうとする子供が後を絶たず、先生は「ガマの足元はとても熱いです。ヤケドしますから登らないように!」って嘘をついてました。
  
ここが熱いから! ってね。

ガマプールのもう一つのオブジェ、白鳥の親子。

これにまたがらなかった子供はいないと思います。この白鳥の親子、小さい頃から何故か物悲しいと感じていました。

小学校4年の時についに小学校校庭内にプールが出来ました。余計な事しやがって…と恨みました。僕は泳げないというか、早い話、水の中に顔を入れることが出来なかったんです。
しかしある日、あの時のことは今でも覚えていますが、隣のクラスとの合同授業で武田という山姥系のガサツな先生からその新しいプールに突き落とされました。泳げないからプールのヘリでいやいやしてたんでイラッときたんでしょうね。溺れるー!!と無我夢中で手足をバタバタしたらあら不思議、その日のうちに25メートル泳げるようになり、次の日から水泳大好き少年になってしまったのです。半月ほどすると1kmは余裕で泳げるようになりました。

 それからというもの、夏休みになると毎日毎日、海パンにバスタオル首にかけ市民プールに通いました。当時住んでいた家から300m程だったのも幸いでした。9時から11時45分まで、1時から4時45分までというのがその頃の営業時間で、使用料金はそれぞれ50円、一日100円です。途中から券売機が導入されスゲエ! と思いました。使用料金は最後まで50円だったようです。

夏休みの夕方プールから上がると、帰り道の途中にあったストアさくらんぼへ立ち寄り、テナントとして入っていた土田肉屋でアメリカンドックを揚げてもらって、かじりながら家まで歩いたのが昨日のことのように思い出されます。たしか50~60円でした。
 
プールの塩素の匂い、ヒグラシの鳴き声、公民館のサイレン、真っ赤なトマトケチャップがたっぷりのアメリカンドック、若木山山頂の赤色灯… 小学校卒業同時に神町を離れましたが、今でも大事な、大事な思い出です。

当時の物がどんどんなくなっていくのがほんとうに寂しいけど、仕方ないことなのでしょうね。東根市市民プールを利用した同世代のみんなが、このブログを見て懐かしいと思ってくれれば嬉しいです。



  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]