忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/11. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山形西バイパス、城西町にあります「べごいち」
場所はこちら→ここ。

今更ですけど、安くランチが食べられるお店として有名です。

今回はカツカレー大盛りを注文してみました。

カツカレー450円+大盛り100円の550円也。  結構ボリュームありますよ!
べごいちのカツカレー

カレーは掛けらて出てくるのではなく、別盛でステンレス製のカレーポットに入って出てきます。それもケチ臭くなくたっぷり。
べごいちのカレーポット
なんか高級感ありますよね。 と、感じるのは40歳以上の世代の人達で、若い人達は古臭く感じのかな? 
ビッグ錠、包丁人味平のブラックカレーで衝撃を受けた世代としては、カレーポットを見ると条件反射的に百貨店最上階の高級レストランを想像してしまうのです。
べごいちのカレーはブラックどころかベージュ色に近いものですがね。

それと、色から判断するに辛味は全く期待できません。辛口が好きな僕としては残念です。

ただし、カツは揚げたてでジュージューいってます。やや小ぶりで厚みもさほどではありませんが、レンジでチンの業務用カツとは雲泥の差で美味しいです。
べごいちのカツ 揚げたてで旨し

カレーが別盛ということも踏まえ、まず最初は小さなポットについてきたソースをカツの一部にかけカツライスにしていただきます。トンカツ屋さんでトンカツ定食を食べている感覚が味わえること間違いなし。
 それを満喫しましたら、カレーポットからダーーっとカツ・ライスにカレーをかけまわします。
そして、カツカレーとして美味しくいただきます。

なんといってもカレーの辛さが心残り。3段階で選べるとかだと最強伝説なのですが、この価格では無理でしょうね・・・

二種類の定食を味わえて腹一杯になって550円。
山形市城西で実際あった、ありがたい実話でございました。
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題 by にゃんこ
かつの断面図が見たかった!(笑)
武蔵より上?
2010/09/08(Wed)17:53:14 EDIT TOP▲
にゃんこさま by babydriver
断面は撮らなかったです…

僕の主観ではこちらの方がカツは好きです!
2010/09/09(Thu)07:52:03 EDIT TOP▲
無題 by アイパパ
カレー将軍「鼻田香作」のモヒカン刈りと鼻マスクと言うか鼻サックと言うか、子供心にも異様に感じたものです。
2010/09/11(Sat)03:18:26 EDIT TOP▲
アイパパさま by babydriver
鼻田香作の作ったブラックカレーを食べて異次元を浮遊する味平。僕は一生忘れないと思います。
2010/09/11(Sat)09:44:52 EDIT TOP▲
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]