忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[461]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [451]  [450]  [449
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えーーと・・・ 以前はなんていう飯処だったかすっかり忘れましたが、酒の九洲グループの大変リーズナブルで美味しい飯処でした。無くなって本当に残念だったのですが、取り壊しになり、なにやら新しいお店になったようなので行ってみました。

愛庵 (めごあん) 場所はここ。→ここ。 ちょっとずれてます。バイパス沿いです。

広い駐車場に車を駐めていざ。いざいざいざ。

入り口を開けるとそこは関所のようになっていて、左右に木の長椅子が数個あります。お客さんが入り切れなくなった時の待合所? と思ったら兼・喫煙所でした。

けっこう広い店内でかなりお客さんがはいれそうです。女性の店員さんも動きが素早く事務的でないのがちょっと嬉しい感じがしました。

メニューとしては蕎麦が基本で、中華そばはないみたい。 

十割蕎麦のみで、小盛・並盛・大盛・食べ放題からチョイスする方式で、それにゲソ天麩羅が食べたい人用とそうでない人用に選べるようになっています。
ゲソ天麩羅200円UPですが、サービス価格の時期もあるようなので一か八か行って確認してみてください。

十割下足天ぷら板そば・並盛900円也
愛庵の十割板そば並盛
かなり早い配膳です。メニューが一つだけに、お客さんが来ると茹でる体制かもしれません。

サラダ・漬物食べ放題は嬉しいですが、いつまで続くか不安ではあります。
愛庵のサラダ・漬物食べ放題。
蕎麦が来るまで食べられるものがあると、心落ち着きますよね。

十割そばだそうです。

香り高いとは言いませんが美味しい蕎麦です。やや固めですが、細めなので食べやすいです。汁は甘みが少ない辛めで、オマケにたっぷり付いてきますから蕎麦湯まで計算することなく安心して味わえます。

天麩羅はゲソだけでなくて、この時は人参・しそっ葉・ピーマンが付いてきました。
もちろん、下足も普通の量が付いてきます。
愛庵の下足天麩羅。

普通に美味しかったです!   

ただし・・・・

男の人である程度食べたい人は食べ放題を選んだほうがいいかと思われます。僕が食べた並盛、女性の方で普通ぐらいと思いました。
ちなみに 「冷たいとり肉そば大盛り750円」 はこちらです。
愛庵の冷たいとり肉そば、大盛り。
伝票を見て確認しましたが、きちんと大盛りでした。普通盛りだと女性でも物足りなく感じるかもしれませんね。

なので、オススメは 「十割そば・食べ放題。1050円」です。 心置きなく蕎麦を堪能できること間違いなし! 
ただし、鶏肉蕎麦の食べ放題はありません。

僕が次に行ったら迷わず食べ放題をメニューを見る前に注文しま~す。
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]