忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/05. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

未曽有の大震災が起こってしまいました…

幸いにも、山形県天童市は特に大きい災害もなく土曜日の夕方に電気も復旧しました。

 …毎年、宮城県太平洋沿岸に旅行で宿泊や買い物に出かけていましたが、その亘理、南三陸町、気仙沼、塩竃、石巻、女川、大島、多賀城の各地域がまともに津波の被害に遭ってしまいました。見慣れた町、お世話になった民宿、そのご家族などが津波で悲惨なことになっているのを見ると愕然として涙がこぼれます。

 親戚も多数仙台名取や仙台近郊にいますが連絡が取れない状況です。多分大丈夫とは思っているのですが… 多賀城ジャスコに働いている姪っ子がいたのですが無事が確認できました。一階部分は津波でさらわれてしまったとのことで大変危険な状態でした。今、避難所にいるそうです。

 ここで今、自分達が出来る事は…節電、省エネ、無駄な食料・燃料の買い漁り・買いだめを止めるなど、とりあえずじっとして様子を見ることです。
被災地区に対する救助、支援など、一般人が直接出来る事は今の時点ではないと思います。
自衛隊、消防、警察など訓練されたプロの人々が現地入りし頑張っています。一般人はその支援の邪魔をしないのが一番の支援です。
 太平洋岸にはアメリカの空母が到着し空母搭載ヘリから避難所への食料、燃料などの投下を行っています。大病院並みの設備で、重症患者などの搬送も行い病院の機能も果たしてくれるようです。

とにかく今、身近な被災地に対して募金以外何も出来ないことが大変歯がゆいです。しかし、被災地が少し落ち着いてくれば、自分達に出来る事も必ずあるはずです。その時まで少しでも節約など出来ることをがんばりましょう!!

PR
みちのく山長 銅町

たぬき蕎麦 600円?ぐらい 大盛りなので100円UP
みちのく山長

手打ちで幅が揃ってませんでしたが、これをどう捉えるかは人それぞれかと。僕は手打ち感が感じられて好きですが、拒絶反応を示す人もやっぱりいるでしょうね。

みちのく山長のたぬき蕎麦

これぞ、たぬき蕎麦って感じでいいです。揚げが細かくて最後まで膨らみが少なく食べやすいのも好きです。味も濃く、バランスが取れたお手軽な一杯だとおもいます。

とんかつ とん八
とんかつ&ハンバーグ膳 1,280円税抜き
とんかつ とん八 とんかつ&ハンバーグ膳
とんかつとハンバーグ、人気の組み合わせ。"ちょっと、やばくない" の声が聞こえてきそうな旨さです

いえ、これは僕が言ってるんじゃなく、とん八さんのホームページに書いてあるんですが、ホームページの写真より実物の方がウウッーンです。特にカツの大きさがゴホンゴホン ちょっと、やばくない? でも、豚肉が美味しかったです。 やはりこちらはランチがオススメですね。


大阪王将

やっと訪問。時間は昼からは完全に外れてたけど、ほぼ満席。人気があります。

餃子は一人前6個で230円なので安く感じます。(写真は二人前)
大阪王将 餃子二人前
味の方は特徴的なものは感じられず、酢と醤油とラー油の味を引き立てるにはもってこいでした。
ああ・・嫌味くさい・・・ あ、でも冷凍臭がなくて良かったですよ。

味噌ラーメン 
味噌ラーメン690円はちょっと高く感じます。ボリュームも少ないので、単品これだけ勝負はお勧めできません。
やはりというか、大阪王将さんは、セット物でCP重視路線に乗っかるのが吉とみました。


中華ダイニング翠蓮

こちらは少し前ですが、山辺にある中華屋さん翠蓮のランチ。800円ぐらい。

マーボー丼に半五目焼きそばをセットにしたもの。半焼きそばか半中華そば、どっちかから選択します。
中華ダイニング翠蓮 ランチ
確かマーボー丼と書いてあったと思いますが、別盛りで出て来ました。焼きそばのあんかけをご飯に乗っけたら中華飯になってこれまたお得感アップ。

ザーサイもアクセントになって旨し。ザーサイといえば、中華料理屋でビールを頼むと、おまけのツマミに小皿にザーサイを4.5切れ入れてごま油をちょっと垂らしてハイミーをチョチョッとかけて出してくれるところがありますが、アレは最高に旨い! お金払ってもいいから食いたい逸品です。

麻婆豆腐は山椒がピリリと効いた大人の味で甘ったらしくなくて僕は好きな味です。五目のあんかけはやや薄味と感じますが、そんな時は脇に置いてある酢をかければいいと思います。胡椒をかけてもいいです。
なんにせよ、このセットのお得感は大変嬉しく、又来たいお店でございました。


そば処 神楽 

神町の入り口にある肉そばを売りとしている 「神楽」 です。

今回はセット物で、牛めし(小)と肉そばのセット 750円也を。
神楽の肉そば 牛めしと肉そばのセット

肉そばの肉が4切れとやや少なめ。でも、セットでこの価格なら文句は言えませんし、実際食べ終わると満腹になります。肉そばの出汁がもう少し濃いといいなあと思いました。
昼時はほぼ満席になる人気店です。


丸五そば屋山大前

半年ぶりくらいの訪問だと思うのですが、ちょっと値上げしたもようです。

もり天 並盛 850円也 
丸五そば屋山大前 もり天 並
んーー? メニューを見たときになんか違和感があったんですが、価格でした。CPの良いイメージが少し崩れました。

盛は以前と変わりありません。ボリュームあります。
丸五そば屋山大前のもり

以前は790円だったので60円の値上げかな? 800円台に入るとやっぱり高く感じるけど、いや、これが普通なんですよね。天麩羅も揚げたてでサクサクと旨いし、ボリュームあるし。
相変わらず、次から次にお客さんが入ってきて盛況でございました。

また、レコーディング・ダイエットの一環として書いていきたいと思います。
これで最後、秋田最終日。能代市から秋田市経由、山形に帰るまで。

能代市のビジネスホテルを出て桜を愛でに能代公園へ。
山形では桜の花が散ってきていましたが、北の秋田ならまだまだ7分咲かな? と思ったらとんでもない。秋田市の海岸線沿いは散っていたんです。山形より早い。

でも、さらに北の能代市ならば。と思い公園へ。
能代公園の桜 5/3
ちょうど満開でした! 

能代公園の桜 2

高速に乗り秋田市へリターン。昔よく行った古本屋へ。

江戸時代の蔵書から50年前~現在の週刊誌、切り抜き、漫画など莫大な品ぞろえが魅力の松坂古書店です。と、思ったら松坂古書店広面店は跡も形も無くなって道路になってた・・・ガーーン、プシュルルル・・。昭和30~40年代の週刊マガジンとか買いたかったのに・・・やるせなし・・・

気を取り直して明田地下道にある大阪鮨の「花押」へ。場所はここ。

大阪鮨と江戸前寿司の持ち帰り専門?店です。秋田市に住んでいた頃、全く馴染みの無かった大阪鮨。一度食ったら「なにこれ! 旨い!!」とハマりまくったお店です。
大阪鮨 花押 江戸前寿司もあるよ 秋田市明田地下道前。
20年近く前はバッテラ一人前270円だったと思うんですが、今は470円。
盛り合わせと鯵寿司、バッテラを買い込みました。

花押の極近くにあった中華料理「天山」。 ランチタイム800円の定食が超美味かったんですが・・・閉店してました。これまた残念。
天山。死んだ友達と毎日のように行ってた思い出のお店。

偶然目についた「秋田まるごと市場」へ。こんなん出来たんですね。場所も市内からほど近く便利。テナントも大盛況で駐車場も広い。
秋田まるごと市場

色々な催し物もやっていて大混雑。
中の飲食店ではドカ盛りシリーズが盛り上がっているようです! 山形代表ゆきとさん、いかが?
秋田の大盛りのお店?
1600円ぐらいの天丼。5人前ぐらいかな?

北海道から沖縄までの旨いものフェアー開催中と言う事で、おみやげも秋田にこだわらず沖縄の黒糖など買いました。千葉の鮨仙というところのマグロ寿司が美味そうでお買い上げ。
山形からは牛肉弁当、どまんなか

場所を移動し、海の見える小高い丘で車中寿司屋開店!
秋田市浜田浜海水浴場。

大阪鮨 花押のバッテラ470円
花押 秋田市の大阪鮨 バッテラ470円

同じく花押の鯵寿司630円(期間限定品)
大阪鮨 花押 鯵寿司

大阪詰め合わせ630円 ギッシリ詰まってます。
大阪鮨 花押の詰め合わせ

千葉県の鮨仙も含めて、かなりのボリューム
大阪鮨 勢ぞろい

千葉県のおいしい寿司屋 鮨仙のマグロ握り。これは1575円。
千葉の鮨仙の鮨
大トロ、中とろの脂が溶け出してテカテカ。実は真っ先に食べた!大トロんまい。

腹一杯になったところで、山形に向け出発! 国道7号で本荘~象潟~吹浦~鶴岡と海を眺めつつ妻の実家へ。日本酒呑んで寝た。

 出かけて写真撮っても、面倒で写真の整理もしないでほっぽっていることが多くて、たまにはな。と思い今回まとめてみたんですが、情報的には今一つで、見て頂いた方におきましてはうんざりだったと思うんですけど、僕的には何年か経ったら思い出として活きてくるかな、うん、うん。っていう感じです、すいません。
カンパーナで腹ごしらえを終え、一路、不具合のあるホテルを目指し 能代市へ!

男鹿半島のギリギリ海沿いの道(ガケっぷち)を海を眺めながら北上。
ああ、あの海の中にはウニ・アワビ・サザエが沢山いるんだろうな・・・と、やや二日酔いの頭で考えつつ。
男鹿の一コマ

男鹿半島クライマックスな超崖に差し掛かると、運転していた妻が「ジェットコースターみたいで足がすくんで運転出来ない! 替れ。」と言うので運転を交換。海までの高さが100mぐらいあるところは、んー・・・なるほど怖い。ちょっとハンドルを切り間違えると、まぁ、絶対命はないな・・・

男鹿桜島で小休止。場所はここ。

桜島はキャンプ出来たりバンガローがあったりで賑やかなところだったはずが・・・廃墟に。
海辺に降りていくと無料の温泉があったりしていいところなのに。残念・・・
寒風山やナマハゲ資料館がある内陸にお客が行っているのだろうか? と思ったら近くに立派なホテルが出来たみたい。

GAO水族館あたりで少し渋滞。この辺は観光ホテルが何個かあり、混雑。
・・・昔、ここらのそれなりのホテルにそれなりのお金で泊まったことがありますが残念でした。海辺だからと言って魚が旨いと言う事には直結しないものなんですね。

運転を替わってもらい、「山形みたいなところだねぇ」などと言っているうちにいつの間にか寝てしまっていて、起きたら能代市に入っていました。すぐホテルにチェックイン。
そういえば今のビジネスホテルはLANが使えて便利ですね。

旨いと評判の居酒屋をチェックしつつ、また昼寝zzz・・
ホテルからは能代市が一望出来た。
能代市の夕暮れ

結局、居酒屋でパッとしたのが見つからないのと、能代市は海辺の町なので寿司が旨かろう。と思い、寿司屋に行くことにし、目当てのお店を7時に予約。

散歩がてらホテルから歩いて行く事に。が、なにせ初めての場所。実は3kmもあり妻がブーブーブー。「まだ?あとどれくらい? えーー!!  遠い! 歩けない! 疲れた!」で喧嘩。

結局20分遅れで到着し、ハーハー言いながら「握りおまかせ」でお願いすることに。

「ミキ寿司」 場所はここ。  

喉が乾いたので生ビールと日本酒を同時注文。喜久水という地酒を。あ、能代っていう旨い酒もあったんだなぁ、と思い出す。

おまかせは特上級のようで一人前3000円。写真は2人前。
ミキ寿司のおまかせ寿司

握りは小さく上品。一貫一貫に仕事がしてあり(具体的にどういう仕事かはわからないけど)絶妙に旨い!
能代市 ミキ寿司
店名がポップなので内装もポップかというとさもあらず。

名物という鯖棒寿司。1500円?ぐらい。
ミキ寿司の鯖棒寿司
あ~~ん、旨い!!

・・・店内を見渡すと、どうも高級っぽい雰囲気が漂っている。追加はいくらになるかガクガクブルブルだったので頼まず次ぎに行く事に。

大通りに出てタクシーを拾い、「呑むのになんかいいお店無いですか?」と聞くと、「なんもないですよ~。うーん。」との返事。が、一応走りだすタクシー。「この辺が一番の繁華街なんですけどね~ うーん。」となんとも頼りない答え・・・無線で他のタクシーに聞いたりしてる。オイオイ聞かなきゃわからんの?って思いつつ、200m半径を一回転して「この辺ですかね? ああ、あのお店ぐらいかな?」って事で下車。乗ったとこのすぐ裏じゃん・・・

カラオケが併設された呑み屋。思ったよりもいい感じでツマミをつまみつつ暫し。350円で皿一杯の揚げたてフライドポテトがんまい! カクテルもきちんと作っている割には500円とリーズナブル。
能代市のバー

程なくして〆のラーメン屋へ。
能代市 らーめん元気

超やる気の無いアンニュイな雰囲気がナカナカいい。普通に旨し。餃子も普通に旨し。
能代市 らーめん元気 

らーめん元気 ノーマルらーめん

ホテルにタクシーで戻り、即入眠。
秋田二日目終了。

秋田だけに飽きたかもしれませんが、ゴメンナサイ。
秋田市の夜といえば美味しい酒、魚臭い肴に決まっています。

そして夜の秋田市と言えば川反です。
郷土料理屋さんから〆の立ち食い蕎麦屋まで多種多様なお店がたくさんあります。

昔、秋田市って何でこんなに呑み屋さんがあるの? って不思議だったんですが、秋田に住んでみてわかりました。秋田市民はとにかく呑み歩くのが好きなんです。金曜土曜ともなれば毎週毎週呑みに歩く! 

僕は居酒屋でバイトをしてたんですが、同じ顔が毎週毎週通って来て驚きました。子供連れは当たり前で、今だから書けますが、高校生ぽい集団も結構いたような気がします。それも毎週。現に近くの某有名チェーン店◯さ来はそれで営業停止になったことがありました。(2回もね)
僕がバイトしていた居酒屋では取締職務の人達がよくタダ酒を呑んでいたので、店長さんなりに色々考えているんだな。と思っていました。

僕も周りの影響で、当時は毎日のように呑み歩いていて、サイフに余裕がある時は川反。そうじゃない時は手形(学生街)と使い分けをしていました。

本日第一日目は、そんな懐かしい川反・手形辺りで秋田名物しょっつる貝焼きやハタハタずし、ジュンサイ、新鮮な魚介類を肴に秋田の銘酒を散々呑みまくろうかと思っていたのです!  
が、秋田市の隣の土崎で昔お世話になった社長からお誘いを受け、そこで2次会分ぐらいまで飲み食いし、撃沈・・・

超脂がのった銀だら。山形ではあまり見ませんが、確かに昔から秋田ではよく食べました。
土崎のお店、けんちゃん。
さりげなくバクライが出てきてコンニチハ。日本酒にビンビン合いまくりです。

銀鱗・飛良泉・まんさくの花・両関・刈穂・新政・高清水など秋田のお酒を満喫させていただきました。んめがった~(美味しかった~)

で、ホテルに戻りましたが、僕だけはふらふらと手形(学生街)へ。

真夜中の中華食堂 上海。営業時間PM7:00~AM4:00
真夜中の中華食堂 上海 
呑んだ後の〆炭水化物摂取には欠かせないお店で、秋田市ではかなり有名。テレビでも数回取り上げられました。パンチ佐藤も取材に来た事があります。

昔お世話になったマスターにおみやげを。
このお店、右側は中華食堂、左側は呑み屋サノバビッチという二段構えのお店になってます。サノバビッチの方でエビスビールを飲みました。

あ、ビールはエビスしかないんだった・・・
サノバビッチでエビス

サノバビッチ店内
上海&サノバビッチ

午後の時計は、ゆっくりすすむ。  この御店のコンセプトです。
秋田市 上海

軟骨の炒め物、中華風。
秋田市手形山崎、上海

トイレも良いんです。
トイレいい

マスターの飼猫「チャーハン」 めんごい! 夜中の2時に猫と戯れていとおかし。
上海の猫 ちゃーはん

ツマミは鶏の一番美味いところの唐揚げ。
台湾唐揚げ ファイヤーバード

凄まじく旨し!
ファイヤーバード、うめえ~

マスターが早めに3時で店を閉め、2人で呑み会。昔は2人で秋田市民市場(早朝から酒が呑めたのはそこぐらいだった。)で呑んだものですが、あれから約20年か・・・。 昔話や今の秋田市の話なんかを聴きつつ5時半まで。思考能力が著しく低下したのでホテルに戻ることに。
・・・考えてみれば僕、完徹。この年になるとどうも昔みたいに遊びっぱなしと言うわけにも行かない・・・。

ホテルまでは近かったので、途中目についた桜などを写真に撮りつつ、いわゆる酔撮しながら歩いて帰りました。
朝ぼらけ 千秋公園

山形で言う七日町、秋田市広小路。昔の面影は今何処?
昔の面影のない広小路

ホテル着AM6:00。んーー俺、ホテル取んなくても良かったかも? 

2時間ほど寝て、次なる目的地は! 
・・・って、実はまだこの時点で決まってないので、秋田市のホテル・民宿に電話を。どこもかしこも満室でダメ。だんだん北上し、土崎もダメ、男鹿もダメ、能代市でやっと不具合のある部屋で良ければ・・・と言う事で予約! いえい! 

宿の予約が取れホッとした朝・昼合同食事はパスタのお店「カンパーナ」
場所はここ→ここらへん

秋田市 カンパーナ
これまた秋田市では大人気のパスタ屋さん。時間によっては行列が出来るお店。なので開店のAM11:00にシュッっと入店。

たらこ&いかスパゲッティ。大盛り。大体1090円ぐらい。イカが生です。
秋田市カンパーナ タラコ&イカスパゲッティー

魚介類のトマトスパゲティ。1180円ぐらい。
カンパーナの魚介類トマトスパゲッティー。ペスカトーレともやや違う
サラダとドリンク付き、+480円也
きのこのサラダ

カンパーナ名物な威圧的に店員を叱りつけるオーナーの姿がなく、ちょっとつまんなかったです。あの緊張感が楽しみだったんですがね。(マゾとは違いますが)

この後、能代市へレッツゴー3匹!! 
  • 広告
  • カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]