忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2020/01. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
お寿司が食べたいけどお財布が軽い。そんな時は僕らの強い味方「南原太助寿司」。
地図は→ここ。
ネタも大きく、料金も安い。オマケに新鮮と来たらいうことありません。&生ビールもあるし生酒もある。

そんな事で御邪魔しました南原太助寿司さん。
生さんま、アジ、尾赤アジ等光りものをグイグイ戴きます。
尾赤アジだったかな? 

鯵さん。
大きいし、身も厚いし。

生牡蠣。210円(一皿)。最高に美味しい。
プリプリの牡蠣がほんのり温かいすし飯とマッチ。

マグロ赤身。168円。やはり大きい。
味の濃い赤身です。

生鯖、210円。とろける美味さ。
モチモチの身がぐっと来た!!
 
回転寿司なのに一つも皿が回っていないお店。コンベアだけが無言で回り、たま~にワサビかなんかの小瓶が一個だけグルグルしています。

握って皿を回せばいいのに・・・と最初思ってました。が、これは多分ネタを無駄にしない為にワザと皿を回して無いのでしょうね。(コンベアはグルグル回っていますが・・)無駄なコストを削りその分価格を安めにしているのでしょう。食べに来る方としては美味いものが安く食べられれば言う事ありません。お店の人の細かい心遣いも大変心地良いものがあります。

2人でお腹一杯食べて飲んで3500円ぐらいでした。
これからも安くて美味しいお寿司をよろしくお願いします!!

PR
東京見聞録2・3日目。 今回のエントリーで東京編は終了です。

・・・2日目の朝、筋肉痛の恐れに反し、通常営業。
「まだまだ、若い証拠だ!!」 「脳味噌も若いけど。」 「・・・・」

2日目の朝食兼昼食は、上野駅前「聚楽台」にて。超定番の場所で、超定番をいただきます。
自称、上野で一番旨い生ビールを飲みながら「ハヤシ オムライス」 
案外、芸が細かい。

「なつかしのプレート」 930円 一見トルコライス。
トルコライスに似た豪勢なプレート

さすが聚楽台。海老もプリプリだし、ハンバーグもむちむち。ナポリタンもインチキくさいのにしっかり濃い味で満足。懐かしのプレートという事は昔も販売していたという事なのかな? さすが東京です。

満腹になったところで「山手線各駅下車、近辺散歩」を試してみる事にしました。
足が重い感じになってきました。

上野→鶯谷
有名処は鶯谷ミュージックホールでしょうか?

子規庵へ。 
正岡子規の・・・

後で見てみると、日暮里からの方が近いようです。 さあ、次!!

「日暮里駅」をちょっと出てみました!! 足が痛いです。
構内工事中でわけわからん。

次~、西日暮里。 この辺からビールの酔いと足の痛さでどうでもよくなってきました。
駅からちょっと出たほいのほい。

え~、次に降り立ったのは「高田馬場」・・・ もう、完全に足が痛い。喫茶店で一服です。生ビールを頼んだら「バドワイザー」の350ml缶とグラスが運ばれてきました。もう、どうでもいいのでそのまま呑みました。
まことちゃん。が住んでいる街ですよね!

完全に企画倒れのまま、ぐるりと1週回るだけ回って終了!! やっぱこうなっちゃった。

気を取りなし、お台場アクアシティーのラーメン国技館で博多ラーメンを。
いや~、山形のうま馬よりも美味かったです(^o^)
かなり豪勢にしてある。

ラーメンは国民食だから、国技館という表記はOK? 
ラーメンは国技なのか・・・

次はパレットタウンの中で草ヒロ。キャロル君はピカピカで素晴らしい!
キャロル マツダの軽。

アメ車からメッサーシュミットやロータス等々満喫。そして、超定番の大観覧車へ。
下から見てみたず~

大観覧車の中に4つだけまるっきり透明なゴンドラがあり、まるで空中に浮いているかのような感じを味わえるのでした。といいますか、かなり不安で足がすくんでしまいました。いや、怖かったです。
真下を撮影。小さく見えるのが人々。

この後、ヴィーナスフォートで食事。どうでもいいけどココのコンセプトが恥ずかしくってめまいが・・・まるで、大人のママゴトの場所を作りましたよ。さあ、遊べよ。みたいな感じです。飲食店も何処に出もある普通の感じだったので写真はパス。カクテルは旨かったです。
こうして2日目終了。  

3日目。やはり筋肉痛。僕達は朝12時チェックアウトOKのプラン。いくら12時までOKといえども遅くても11時には出ようと計画していたのに朝ご飯の後、つい昼寝(?)をしてしまい、危なく12時を過ぎてしまうとこでした。何故いつもいつもギリギリになってしまうのか。なおしたい行動パターンです。

船の科学館へ。と思いきやその前の広場ではグランプリフェスティバルが開催中でなんと本物のF1カーがドリフトしまくり。これは見るしかないという事でちょっとのつもりが1時間以上もウロウロ。
凄まじい爆音。

レース仕様の2000GT。芸術的な姿。惚れ込む人が多いのも納得です!!
TOYOTA 2000GT。かっこいい

船の科学館。回数券も売っていましたがそんなに通う人がいるのだろうか?
確かに、船オタクが生まれても仕方のない圧倒される内容で、はじめて来た僕も大満足。
出来れば「不審船」「二式大艇」も見たかったです。写真は南極観測船宗谷
本物は迫力があります。


新丸ビルへ行きました。スゴイ人出です。おしゃれな店も多いですが、超フレンドリーな店を発見。「日本再生酒場」 モツ専門のお店でした。一ぱいやみたいなものですね。
完全に場違いなお店です。

どう見ても新橋か有楽町のガード下です。でも、脇の下に汗をかいたワイシャツを着ているサラリーマンのうらぶれた姿はありません・・・
客層は若いです。

僕、ハイボールお願いします~。
値段は立派に 丸ビル価格でした。

この後、酩酊したまま大丸でおみやげを買い込み(東京に来てお土産ってのも考え直していい感じがする。)山形へ。天童駅のホームに着くとあまりの人の少なさと静けさにびっくり。都会の人が田舎に来て不安になる気持ちが少しわかった気がしました。

これからも東京にはない、東北の良いところを見つけられればいいなぁと思います。


















本日は中華料理 龍園にて昼ご飯です。
昨日のテレビ番組で「宇都宮の餃子」の紹介があり、妻の脳が反応。「本日は餃子が食べたい。」
餃子といえば天童の龍園と前回の件で決まりましたので、龍園です。

龍園の紹介は2回目です。前回はラーメンの紹介でしたので今回は「肉丼」の紹介といきましょう。
本題が餃子っぽかったのに「肉丼」の紹介という事になり文章が狂いはじめました。さすが僕です。

肉丼、おまち~。  おお、凄く早く来た。・・ような錯覚のレイアウトですが。こちらが一番遅く出てきた肉丼です。
焼き肉丼だよ、おっかさん。

実は龍園さんの調理場は2人(配達込み)。配達もあるし、お店も次から次へ来客が絶えない。僕達が店内に入った時も全部のテーブルに山盛りの食器が・・・。お客さんが帰っても皿をひきあげ出来ないぐらいに忙しい。サボってるのではなくて、本気で忙しそう。調理場をチラリ盗み見るとやはり引き上げた皿でシンク埋まってる。さらに配達の注文電話が・・・僕の耳に入ってきたオーダーだけでラーメン系12杯、餃子8人前、丼もの2つ(←うち一つ僕の)。。この状態で配達は誰が行くのよ・・・バイトしてあげようか?いや、してあげたい。

しかし、そこはプロ。 「いつ食べられるかわからないなぁ」と完全にあきらめて少年マガジンを3冊持ってきたところ、10分もしないうちに、おまちどうさま~餃子ね!!
餃子。相変わらず美味。

はい、みそラーメン~。 は? 「いつ作ったんだろ?」 厨房は戦争状態のように忙しいのに。
白味噌仕立て

みそラーメンを妻から奪い取り食べてみた。シジミのような味わいのある白味噌。味噌がとても美味しい。
正直、普通の中華ラーメン頼むより味噌が旨い。そんでもって自家製辛味噌がマッチ。
二日酔いの胃に優しい、白味噌仕立て

みそラーメンを頼むとやってくる辛味噌。餃子に付けて食べても美味い~(上記写真参照)
辛くてしょっぱい。正当派からみそ。

餃子を食べ終えたぐらいに、肉丼お待ち~。でした。
龍園の肉丼はあんかけなしの「焼き肉丼」といった風貌。タマネギ、豚肉をタレで焼いた上海風焼き肉。これはこれで大変美味い。小白川は醐伯飯店の肉うま煮飯を想像していたので肩すかしを食らった感はありますが。
甘辛たれと豚肉、タマネギが下品に交わりあって・・・

このB級感溢れる焼き肉丼。大好きです。ちなみにこの丼はラーメンの丼と同じ大きさですので大盛りは注意してオーダーした方がよいでしょう。餃子も注意して口に入れないと口腔内の皮膚はヤケドしてベロベロになります。
参考までに価格ですが、餃子1人前350円。味噌ラーメン600円。肉丼650円。

多少の油汚れは気にしない気にしない、見ないフリ見ないフリ。ポクポク。








山形駅前から歩いて数分。ピッツア ファンタジスタ(Pizza Fantasista)。
住所 山形市香澄町3-3-20→ここ。
定休日 水曜日、第3木曜日です。

僕達、ピザが食べたくなるといつもは鈴川のローマステーションに食べに行っております。
窯焼きのピザがボリューム満点で美味しいのです。雰囲気も良いですし。

しかし、今回はピッツア ファンタジスタ(Pizza Fantasista)へ。
ネットで見ると窯焼きピザで大変美味いという。おぉぉ!! ちょっと浮気(^o^)

そんなことでレポートいたします。


さて着きました。 駐車場はすぐ近くの100円パーキングに。キャッシュバックしてくれます。
店先で待ち受けるのが下のチンパンジー君です。リアルですね・・・
ちょっと怖い・・・ なんかくれチンパンジー(笑)
バナナのお供え物が心和ませます。。バナナが本物かどうか触るのを忘れました。


おっ、やはり窯ですな。
ランチは2時まで。ビール480円。生ビール525円。

いざ、店内へ。
かくれ家のような雰囲気。

お店の女性の方が大変気持ちの良い方。天性というのでしょうか。
まずくても許せちゃう。そんな感じ。(おいしかったですよ!)

メニュー。品数は多くないです。出来れば少し増やして欲しいけど、美味しく提供できる範囲のモノをセレクトして絞っているのかもしれないです。一見のお客にはわかりません・・
店内の黒板にメニューが載っていますが、メニューもあります。


何はともあれまず生ビール。つまみは付属しません。でも朝イチにしては美味い生です。
泡の適度に薄いのが点数高いです(^o^)

ブラッドオレンジ。濃厚でウマイ とのこと。
真っ赤な太陽のような真っ赤な色。

定番、マルゲリータです。モチッとしてパリッとして絶妙な生地。
超スタンダードから。御飯とみそ汁の御飯のようなモノか?


つぎ、アンチョビのピッツァです。焼き具合が見るからに美味そう。  でも・・・
アンチョビがちょっとしかトッピングされて無くて残念!! グワッとしたアンチョビが食べたかった。クセが強いので遠慮してトッピングしたのかなぁ・・・とすれば大間違い。アンチョビが食べたくて注文したんだからグォッと乗せて頂きたいです。はい。
アンチョビと糸唐辛子のピザ。


焼きシーチキン クリームソース。
マグロはしっかりとした味が付いていて変にクリームソースとマッチする一品。
300gぐらいのボリュームで腹一杯食べてみたい(^o^)
おいしいよ
うまい!


ピッツァ屋さんと断りがありますように、ピザがメイン。もちろんお持ち帰りもOK。
大体、ピザ1000円。パスタ900円(税別)。
恐らく何を食べてもウマイと見た。でもですね、欲を言えば、「ここに来たらこれだべ~!!」と
言うものがあれば良いなぁと思います。

この次の来店は、
なにげに通りかかった時、外の黒板に惹かれるようなメニューが書いてあったら・・・
です。斬新な新メニュー期待です!!

fantasista











美味しいお総菜のお店です。「もりもりキッちん」 場所は→ここ。

・・・日頃利用する数々の大手某スーパーのお総菜部門。確かに便利で、美味しい。
でも、えびフライとかカキフライ等、買って帰り家で食べるときに、正直失望する。

なぜなら、フライの中身が貧相。そして、どうしたらこんなに外見が立派なのだろうかってくらいコロモが膨らんでいて中空になっている場合もある。エビフライの中身のエビはお約束通りプリッとした歯ごたえからはほど遠い。大体、エビフライの中身って書いていて悲しくなる・・・。

そんな中、ひたすら手作り&素材にこだわっているお総菜屋さんに行ってきました。
大量生産のスーパーとは一線を画したこだわりのお総菜。
しかし・・・今の世の中こういうのはなかなか大変じゃないのだろうか?と。
いくら素材にこだわっても、『安けりゃいい!!』って世の中だし・・・

エビフライ。1つ130円ぐらい。シッポも頭も付いて身もプリプリ。身は御飯で。シッポと頭は
ビールのつまみで!!
やはり、エビは丸ごと食べるのが正解。

こんな感じで売られております。
国産鳥使用の唐揚げ。これと御飯があれば・・・

それでもって水曜日は『今日は春巻きの日』
もちろんコロッケ・サラダ・煮物・その他のお総菜も沢山あります。

この春巻きの中身です。
推定ですが、鶏ささみ・アスパラ・かに肉・香菜などか丁寧に入れられている。

普通の春巻きはタケノコ・豚肉・キクラゲなどの中華物をとろみあんで入れているが
こちらの春巻きは『冷めても美味しい』的な春巻き。中華料理屋さんの春巻きは冷めるとどうしても汁が皮に染み込んできてモチャモチャになってしまうが、この春巻きは工夫がしてあるなぁと凄く感心した。もちろん、大変美味しかった。

海鮮串? えび・イカ・ホタテの串揚げ。シンプルでおいしい。130円ぐらい。具が大きい。
具にコロモが密着していて冷めても美味しい。

総合的に見るとお値段がヤヤ高いかな・・・と感じるが、イヤ、食べれば納得!!
体に安心。舌にも安心。

食べ終えてから、昔住んでいた街の商店街が懐かしく思い出されました。

昔は、豚カツはお肉屋さんで目の前で揚げて貰って・・・「ほれ。ボウズ。落とすなよ!」
「はい!」って張り切って家までダッシュ。そんなのが当たり前だったんだ。
家で作る揚げ物より興奮して。言ってみれば日頃の中のささやかな贅沢。

外で購入するお総菜の意味を改めて考えさせられる、そんなお総菜屋さんでした。

もりもりキッちん

この手間のかかり具合、ただ者ではない

営業時間・・・お昼過ぎからの営業で(14時前後)~19時まで。



  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[12/20 Kelexparo]
[12/04 Waterfox]
[11/28 babydriver]
[11/22 伊藤]
[01/29 babydriver]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]