忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2020/01. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
鬼がらし本店に行きました。辛いラーメンが美味いお店です。
でも、今回、僕の本当の目的は「カレー」です。

場所は→ここ。

国道13号を福島方面から走ってくると進行方向左側に鬼がらし本店が見えてきます。
通常、看板を見ていたって普通のラーメン屋さんと思い入店し、いたって普通に辛いラーメンなどを食べるわけですが、しかし、鬼がらしの店の奥深くに「くじら亭」という目立たないお店があります。カレー専門店の暖簾がさがっています。なんか、凄く美味いのでは?と前から気になっておりました。何故なら・・・


・・・昔、AM5:00頃に鬼がらしさんの前を車で通過すると、お店には明かりが付いていました。週3回ぐらいのペースで店の前を通過していたのですが、ほぼ明かりが。今はどうかわかりません。信号で止まると数人の人の姿が見えます。仕込み? 修行? とにかく数人の姿が見えます。「仕込み頑張っているんだなぁ。」と感心した覚えがあります。県内外に出店しているようなのでその研修だったのかもしれませんが、とにかく、頑張っているお店という印象があるのでした。
鬼がらし 

鬼がらしってネーミング。全国何処でもありそうな感じではありませんか?
ネットで見ると無いんですね。これが。うーん。

店内。くじら亭とはつながっています。まず食券を購入します。
購入しようとするとすぐ脇に店員さんが。色々と説明を聞く事が出来ます。僕は辛さの具合を聞き、超辛にしました。
鬼がらし店内

カレー780円。超辛60円。 すんごい濃そうでしょう?      そのとおり!
くじら亭(鬼がらし)のカレー

いさご食堂のドロドロを遙かに超えるド~ロド~ロ。濃厚で濃くって。スパイシーなのに甘くて、辛くて。
果物の甘みとスパイスの辛みが渾然と一体化して凄いです。
くじら亭 鬼がらしのカレー
一口食べると「甘~! ん? ん、ん、ん? おおっ! ウッ、カラい? 辛いのか? あっ辛い!!! 」 
のウマ・カラ・カレー三段活用が。
牛肉がゴロゴロして値段だけの事があります。食べ応えのある牛肉だけでもかなり満足できること間違いありません。もっと早く食べるべきカレーだったと今更ながらに後悔しました。

カツカレーはありませんが、フッと寄って食べる機会が多くなりそうな予感がヒシヒシ。です!!
PR

嗚呼、アア、あぁぁ・・・ カツカレーが食べたい!!・・・AM11:15

と、言う事で出前をお願いいたしました。山形市は泉町「いさご食堂」

カツカレー750円也。 
カツカレー750円
隣に写っているもりそば550円は前菜です。

いさご食堂さんは地域密着型小規模多機能型食堂で、出前は2人前からOKです。
ま、本当は1人前からが良いんですけどネ、太るから(笑)

もりそば。秒殺です。
もりそば。


この肉厚でジューシーなカツが食べたかったのです!! 
カレーも濃くてドロドロで美味い~~~も一つおまけにドロドロ~。
前回、カツカレーからカツ丼に心変わりした事を今になって悔やんでしまいました。前回。
カツカレー普通盛り

この下品に濃いカレーは良い! 美味い! カツも美味い! 最高~!

次はカツカレーとラーメンにしよー(笑)




・・・・家に帰ったらカレーでした。本当にお約束ですね・・・・にゃんこ先生(笑)

山形新幹線・茂吉記念館前駅から程近い場所にあります「四季」場所は→ここ。

和風と名打っておりますので、メニューは和食が中心です。
御飯にみそ汁。ちょっと刺身・ちょっと冷奴・ちょっとカツ。ちょっとショウガ焼き、みたいな。
みゆき公園に隣接しているという事もあり「みゆき膳」などというお洒落なお膳が楽しめます。
おすすめ膳などは1000円以下で揚げ物から刺身まで付いていてなかなかお得感があるようです。

観光で上山市を訪れた方々におきましては、茂吉記念館で斎藤茂吉さんをじっくり味わった後、菜の花が綺麗なみゆき公園を歩き、このレストラン「四季」にて、生ビールを飲みつつ昼ご飯というパターンが必勝パターンではないでしょうか?

しかし、僕がここに来る目的は「くつろぎ」です。
というのも、四季さんの店内レイアウトは個室2・大広間1。 個室があるのです。
僕が狙うのは個室2のどっちか。
早い話、時間をずらして個室でゆっくり御飯を食べて「くつろぐ」と言う事なのです。
3時から中休みになりますから、40分ゆっくりすると考えると・・・遅くてもPM2:20までに入店したいものです。早めを狙う場合はAM11:30から開店ですので、その時間にあわせて突入してください。

今日はPM2:00に入店。先客がいました。やはり個室を使っていましたのでもう一つの個室へそそくさと侵入いたします。
個室は2つあるという事は先の通りなのですが、この個室は隣り合わせです。隣の個室の話し声はフスマを通して聞こえます。この日もそうだったのですが、大抵おばちゃん2人組。か、3人組。話題もご近所の噂話などが定番です。
「隣の旦那のオナラが凄くて~。」
「キャハハ!!」
「でさ。すごい音で聞こえるのよ~」
「ウヒャャ~」   
僕もつい笑っちゃいそうになるのですが、察知されないように踏ん張るのです。
中には深刻すぎて洒落にならない会話や、とてもWEB上にアップ出来ない具体的な話などもありますが、ま、基本的に他人噂話は面白いですね(笑)
おっと。かなり変な方向に行ってしまいましたが、今日も運良く個室に侵入出来たと言うところまで話を戻します。
僕が注文する定番は、ミニ天丼とタヌキ蕎麦がセットになっている・・・あれ? 名前が・・・「ミニ天丼セット」だったかな? 940円。(会計時に50円の割引券がもらえます。次に来ると890円。)
ミニ天丼セット?
僕が行くといつもこれなので、他のモノを注文すると店の人はビックリするかもしれない・・・
エビ・かぼちゃ・なすの揚げたて天麩羅の載っかったミニ天丼。冷や奴・サラダ・お新香・タヌキ蕎麦。

タヌキ蕎麦は麺もタレも超普通なのです。しかし、大葉・小ネギ・海苔・揚げたて天かすなど、小技が効いているところに好感が持てるのです。
ふつ~の蕎麦ですが、小技が効いてます。

澄んだ出し汁にオーソドックスな蕎麦。 二八とかそんなのではない(笑) でも好きです。
血圧に優しい出し汁です。

こんなかんじ。

食べた後は週刊誌でも見ながらゆっくりしてください。

上山市へ来られた観光客の皆様も是非個室をゲットしていただいて、
「次はどこ行こうか?」「そうだな。武家屋敷通りでも行くか。」 
そんな、上山探索計画をゆっくり立案するのも良いでしょう。
幸運をお祈りします。
仕事関係の人と飲酒です。場所は小姓町、味の里ばんだい(萬代)。

どっか接待に良い所無いかな~、ヤマガタウェイで検索しました。 
ヤマガタウェイ・グルメで先頭に挙がっているお店で抜群の評価。「本当かよ? 」と言いたくなるような評価が並びます。

「これは是非行ってみねば。」 是非カウンター席に座りたく電話予約。
新鮮なお魚がズラズラ並んでいる前に陣取る事が出来ました。
僕目が悪いので遠くにあるモノは見えないのよね。

目的は仕事の話ですが、出来ればそちらはなるべくしたくない(笑)

「今からは○○○で行かないと××ですから!!  ねえ!!」 と言われても、

「そうですか!! 今からは○○ですか! あ~、そう言えば今から旬なのはキスですね。キスの天麩羅お願いします~」と逃げる(笑)

全体的に高級感が漂う感じですが、明朗会計で安心できるお店でした。
酒飲みの心をコチョコチョくすぐりまくるレパートリーもすごい。
以下、今回食べたモノの一部を写真で紹介いたします。参考にして戴ければと思います。

今年初めてホヤ(海鞘)を食べました。
ほやだよ

生きているホヤをざっくり捌いて大きめに切ってあります。
きらきらしているホヤ
ここまで大きく盛りつけられたホヤは初めてです。
味? 
まずい・・・訳ありません。最高に美味かったです。

キスの天麩羅。ほっこりしてこれまた美味い。さらっとした油がキスの味を引き立てている。
キスの天麩羅

なまこ酢。コリコリしているのに柔らかい。
なまこ大好き。

我慢していたけど、やっぱり食っちゃった。日本海のイワガキ。
イワガキ

おこぜ?の刺身。顔がすごい。
白身がうまい。

マグロのカマ。全長30cm近くはある。脂がのって美味。
かま。

箸休みに「レバ串」   レバ刺しも食べた。
血の滴る新鮮なレバ。

バクライと馬刺し。 海の珍味と陸の珍味のコラボレーション。 ちょっとぶれてますけど・・
口の中が幸せでした。

お酒は、生ビール・冷酒2本・焼酎一本。

有名な日本酒・本格焼酎も色々取りそろえてありました。

かなり呑んだ割には翌朝頭スッキリ! うーん、海の幸は肝臓に優しいんですね。
まあ、飲み過ぎて暴走しちゃまずいって頭があったのと、僕より先に先方が壊れた(笑)ので、失態を演じることなく無事終了。

結論から言うと、評価通りの良いお店です。懐があったかい時には良いかも(笑)  

でも、やっぱり美味いモノを食べる時は仕事の話はダメっすね・・・
天童市交り江にあります、「君よし」。 天童では有名な焼き肉屋さんです。
先月のお話なのですが、行ってきました。場所は→ここ。

有名店といっても僕は初めての来店。
噂は昔から色々聞いていたので期待と不安が半分半分。

店内は広く、お座敷。壁のメニューは内蔵系が多く、モツ焼き屋の雰囲気。
もちろん、ロースなどもありますが、内臓系がおすすめのようです。

生ビールをグイグイやりながら次から次に内臓系を。
豚の食道。ナンコツ。コリコリしていて大変美味い。
本物のナンコツ

サガリだったかな? 
焼きすぎ注意

牛タンも安くてうまかった。一人前600円から800円ぐらいだったと思うが・・・記憶が・・・
焼肉万歳
焼肉のタレはすさまじいニンニク味。ニンニクが好きな僕でもちょっと引きつり笑い。
生ニンニクは好きなんだけど、生で食べると胃がすぐにいたくなってしまう・・・
「あそこのタレはスゴイよ。」って知人が言っていた意味がわかった。

テールスープ。これが美味い!!
テールスープバカウマ

残念な事に、冷麺とか、クッパとか食事系のメニューがない。ライスはあるけど。
なので、テールスープにライスを頼んでまぜ混ぜして食べれば良いんですね。

でも、やはり冷麺が食べたい。それか、このテールスープに中華麺を入れて
「牛ラーメン」 
絶対人気メニューになると思うなあ。

〆にやや不満が残るモノの、安いのに新鮮でボリュームもあり満足出来るお店でした。



実は、今回一緒に焼き肉を食した人とは実に27年ぶりの再会。
再会のきっかけは「ブログ」 
いつもお世話になっているにゃんこさんのブログ「んだずyamagata!」のリンクに彼のブログが。もちろん本名は書かれていないがピンと来るモノがあってコメントしてみると・・・ラーメン馬鹿な彼(笑)だったわけです。
27年といえば四半世紀以上ぶり。小学5年生の時以来。
物心ついたかつかないか。
その頃の記憶はおぼろげで、お互い話しているうちに「あ~、そんな事もあったなあ。そうだそうだ。そうだった!」って、ずっとそんな感じで閉店過ぎまで居座ってしまいました。
ちなみに彼はラーメン馬鹿でもあるが、将棋が鬼のように強い。
彼

中年になった2人ですが、がんばりましょうね!!
  • アマゾン広告1
  • アマゾン広告2
  • アマゾン広告3
  • アマゾン広告4
  • アマゾン広告5
  • アマゾン広告6
  • 広告
  • カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • ブログ内検索
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • 最新コメント
[12/20 Kelexparo]
[12/04 Waterfox]
[11/28 babydriver]
[11/22 伊藤]
[01/29 babydriver]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]