忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
東北は山形の見歩き・食べ歩き・風景写真を掲載します。脱線話も!!
2017/04. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

元祖おろし中華で有名(?)な「いばらぎ」に行ってみました。

場所はこの辺→ここらへん。

僕の勝手な思い込みで、もう廃業していたと思っていたのですが、そんな事ない今もやってるよ何考えてんの? って言われたので早速いってきました。

冬限定、あったかおろし中華 650円也
おろし中華 

チャーシューが鶏です。いわゆる鶏出汁で肉中華と思って頂いてもいいかと思います。あっさり鶏出汁に醤油が利いていて、これに甘みを足すと谷地名物肉そばのスープになると思います。あっさりなのでおろしが無くても胃に優しい中華そばで中年オヤジには大変嬉しいですよ。
おろし中華 いばらぎ
スープはついすべて飲み干したくなる滋養感があります。鶏の威力でしょうね。

長年の油煙でうっすらとコーティングられた店内はなんとも言いにくい感じがキュート。漫画沢山、壁の貼り物沢山。メニューも盛りだくさん! パッと見で50種類以上あるメニューは凄い!  ・・・というか異常?

麺はいたって普通ですが、あっさりスープにぴったりに感じます。大根おろしの酵素の働きにより胃の消化活動がスムーズに行われ、2時間もするとお腹がグーグー・・・
いばらぎ おろし中華の麺

店の外の看板の横に袋が付いていて、その中に封筒が入っています。その封筒には出前割引券が入っていて、出前を頼むと割引になるというお得なシステム。
しかし、ちょっと府に落ちませんが(わざわざ)食べに来た客には割引制度がないんですよね、これが。なんとも地元に優しいお店です。
いばらぎの外看板

僕個人的には夜飲んだくれた後の締めラーメンの店という印象が強かったのですが、なんのなんのお昼に行くのもいいものでした。
イケメン店主さんも元気に配達しているようで、これからも頑張ってもらいたいお店でございます。
PR

「清来軒そばや」にて中華そばを食べて大変美味しかったので紹介いたします。

場所はこちら→ここ。

中華そば550円+大盛100円=650円也
清来軒の中華そば

シンプル イズ ベスト。
清来軒のラーメンは昔ながらのラーメンで旨かった

中華そばって旨い。そんな一杯がここに。

食べ始めると麺が細いとか太いとか、スープが濃いとか薄いとか、そういう事を意識しないうちに完食してしまうTHE中華そば。嗚呼、美味い。

ほうらいは、国道13号線、山形から南進してくると上山バイパス入り口にある中華料理屋さんです。

ランチタイムは650円でラーメンと中華丼、もしくは日替わりドンブリのセットというお得なランチなので月イチくらいで足を運んでいます。

今回ちょっと気になったメニューがあり、若干高価でしたが頼んでみました。

「メンドン800円」
ほうらい メンドン800円也 ラーメンとマーボー丼のセット
ラーメンとマーボー丼がセットになった憎いヤツ、メンドン。作る方はメンドイに違いありません。

ラーメンはこれで他店の普通盛り程度。具もチャーシュー・メンマ・のり・ねぎ。それに卵が半分入っていてオトク感あります。
ほうらいは通常中太麺なのですが、冬期間は太麺になるそうです。

マーボー丼は見た目そのまま甘さの強いマーボーで、ま、特にスパイシーでもなく、食べた後直ぐに営業出来るレベル。辛いのが好きな僕には少し物足りない感じがするのですが、万人向けではこれが正常なんだと思います。
ラーメンは相変わらずなかなか美味いスープに冬期限定太麺がマッチしていて美味い!!

ランチ650円からするとやや割高な感じもある800円のメンドンですが、二つの味が味わえることを考えれば十分お得なのではないか、と思った次第です。
なお、マーボー丼が嫌な人は「ラーチャン」800円もありますのでそちらをどうぞ。
ラーチャン? もちろんラーメンとチャーハンの合盛ですね。
流れから行くとメンチャーが正しいような気がしますが、メンドンだってホントはメンマーが正しいのでは?って事になりかねないし、そんな事言ってたらいつまでたってもラチがあかないので、このへんで失礼します、さようなら。
国道287号線沿い、寒河江市慈恩寺付近にあるラーメン屋さん大龍。

場所はこの辺→ここら。

昔からある店で前々から気にはなっていたものの、シャーッとスピードがノッてしまう287号線沿いという事も関係してかそんなの関係しないか微妙なところですがいつもスルーしていました。
今回、覚悟を決めて初めてのれんをくぐってみました。

昼時なのに先客が2名という寂しい感じですが、店の中には中華屋さんの美味そうな匂いが漂っています。

メニューを見ると、中華そば550円・味噌ラーメン650円・タンメン700円・味噌チャーシュー750円などのオーソドックスなメニューが並ぶ、ごくごく普通なラーメン屋さんということが判明しました。

何を食べようか? うーん・・・と迷ってキョロりとすると、カウンターに手書きで無造作に貼ってある「ラーメン、半チャーハンセット 700円」が目に付きました。

・・・今まで単品で商売してきたものの、最近はセットはないかと客がうるさいからとりあえずオーソドックスな「ラーメンとチャーハンのセット」を少しお得にして出してやろう。と店主さんが思ったか思わないかは僕の想像の範疇から脱しませんが、オトク感があるのは間違いありませんから、客としては嬉しい限りです。

注文してから漫画をあさっていますと・・・

あ!! こんな所に、にゃんこ先生が!! 
にゃんこ先生

んだずyamagata! のにゃんこ先生を思い出さないわけはありません。ご無沙汰してます、にゃんこ先生。
ニャンコ先生夫婦
にゃんこ先生の奥様は美人ですね! しかし、いなかっぺ大将が置いてあるラーメン屋、初めて見ました。

必殺技「キャット空中三回転~」修行はチビシイだすな~カチンコチン! と楽しく読書をしていると厨房からは元気に中華鍋を振る音が、ガコンガコン。ガンガン。ガコンガコン! チャーハン熱々のが食べられると思うと嬉しくなります、腹も鳴ります。

ラーメン、半チャーハンセット700円也
寒河江市大龍のラーメン&チャーハンのセット

ヘタな店の約1人前分あります、半チャーハン。ラーメンは1人前です。

中華そばはいかにも中華そばチック。ラード、豚ガラ、鶏ガラで昔の中華そばの味です。しつこくも無く、サッパリでも無く、クドくも無く、大変美味しくいただける中華そばです。
大龍の中華そば

パラパラッなチャーハン。ラードをまとった米粒が中華料理屋さん独特の風味で旨し! カマボコがいい感じを出してます。紅ショウガもいい!
大龍のチャーハン

まずチャーハンを一口。で、中華そばのスープを一口。美味いのを確認したら伸びないうちに麺を早めに片付けつつ、チャーハンを。最後は少し残ったチャーハンをスープと交互に頂くと、あっという間に完食となるわけです。

大龍の中華そば&半チャーハンセット700円、オススメです!
今更ながら寒河江の人気店 天狗山に行ってみました。

このあたりで昼食が食べられる所って少ないんですね。肉そばが有名な鈴亭は月曜日定休日ですし、寒河江市内まで戻ると車で15分はかかるし。まるで砂漠のオアシスのようなお店です、天狗山。

場所はこちら→ここ。

笹谷の渓流系の姉妹店で味噌ラーメンが有名な事と、メニューを見ても一番最初にお薦めとありますので迷わず味噌ラーメンを注文しました。
天狗山メニュー
ちょうどお昼時でしたが店は空席もあり意外にゆっくり出来ます。漫画も沢山あって回転を重視している感じで無いところもなんかイイです。

味噌ラーメン880円也
天狗山 味噌ラーメン

最初は880円って高いな。と思いましたが、ボリュームも有り野菜もたっぷり。端数トリックで殆ど900円なんですがいつもお客さんが一杯なのも頷けます。

スープを飲んでみるとかすかにバターの風味が。味噌の香りと甘めのスープで優しい味がします。味噌がドカンとくるのかと思っていたのですが、甘味と塩味がバランスよく感じられました。

辛味噌はレンゲに乗っかって来ますが、漬物の小鉢に一旦退避。後から混ぜましたけど、辛味は強くなく別の味噌を一品混ぜました、って感じでコクが出ます。
天狗山 味噌ラーメンの辛味噌

チャーシューは無し。でも、野菜が沢山入っていて体に優しげです。モヤシの漂白剤の匂いも無くシャキシャキして旨かったです。味噌スープを殆んど飲み干して体もポカポカ! 880円は微妙ですが、鳥中華630円、ラーメン580円も気になるところなのでまた訪問したいと思います。
  • カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • プロフィール
HN:
babydriver
性別:
男性
職業:
自由職
趣味:
撮影
自己紹介:
仕事中以外は引きこもりがち。
30過ぎても夜9時就寝希望。
おいしいモノを食べ歩くのが楽しみ。
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[01/29 babydriver]
[01/23 とおのとほ]
[01/05 babydriver]
[12/02 トン]
[10/20 明]
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © 東北・山形見聞録  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]